企業経営理論 プロモーション・応用マーケティング 財務・会計 財務諸表

インターネットによるコミュニケーション 【平成24年 第33問】(設問1)

 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。
 2000 年代に入ったころから、インターネットにおいて、ブログをはじめとする( A ) が消費者の間で爆発的に普及した。( A )は消費者間での情報のやり取りを促進し、CtoC コミュニケーションを強力なクチコミの場へと成長させた。その後、2000 年代後半になると、SNS や動画共有サービスなど、新たなツールが目覚ましく発達し、( A )はソーシャル・メディアと呼ばれることが多くなった。


 現在では、ソーシャル・メディアは「信頼や評判を稼ぐメディア」(Earned Media)の主要な一部として、広告やスポンサーシップのような( B ) 、自社サイトや販売員のような( C )と並ぶ、重要なマーケティング・コミュニケーション・ツールと考えられるようになっている。



(設問1)

文中の空欄A 〜C にあてはまる語句の組み合わせとして最も適切なものはどれか。


ア A:CGM 〇 B:Owned Media  C:Paid Media


イ A:CGM  B:Paid Media 〇 C:Owned Media〇


ウ A:CRM  B:Owned Media  C:Paid Media


エ A:CRM  B:Paid Media  C:Owned Media

インターネットによるコミュニケーション 【平成24年 第33問】(設問2)

 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。
 2000 年代に入ったころから、インターネットにおいて、ブログをはじめとする( A ) が消費者の間で爆発的に普及した。( A )は消費者間での情報のやり取りを促進し、CtoC コミュニケーションを強力なクチコミの場へと成長させた。その後、2000 年代後半になると、SNS や動画共有サービスなど、新たなツールが目覚ましく発達し、( A )はソーシャル・メディアと呼ばれることが多くなった。


 現在では、ソーシャル・メディアは「信頼や評判を稼ぐメディア」(Earned Media)の主要な一部として、広告やスポンサーシップのような( B ) 、自社サイトや販売員のような( C )と並ぶ、重要なマーケティング・コミュニケーション・ツールと考えられるようになっている。



(設問2)

文中の下線部の「クチコミ」に関する記述として、最も不適切なものはどれか。


ア インターネット上のクチコミは対面でのクチコミよりも、広く速く情報が伝播する。〇


イ クチコミをマーケティング・コミュニケーションのツールとして利用する場合、倫理ガイドラインを整備・遵守する必要がある。〇


ウ 購買意思決定においてクチコミが重視される原因のひとつに、消費者の情報過負荷がある。〇


エ コメント書き込みやトラックバックといった強力なリンク機能によってブログは情報伝播を促進した。〇


オ 消費者の購買意思決定段階の後半になるほどクチコミの影響は小さくなる。×

顧客リレーションシップマネジメント 【平成30年 第36問】(設問1)

 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。

 顧客リレーションシップのマネジメントにおいて、企業は、収益性の高い優良顧客を識別し、優れた顧客価値を提供することで関係性の構築、維持、強化に努め、ブランド・ロイヤルティなどの成果を獲得することを目指している。

(設問1) 文中の下線部①に関する記述として、最も適切なものはどれか。

  1. 初めて購入した顧客がリピート顧客、さらには得意客やサポーターになるように、関係性にはレベルがある。自分のすばらしい経験を、顧客が他者に広めているかどうかは、関係性レベルの高さを判断するための手段となる。〇
  2. パレートの法則をビジネス界に当てはめると、売上の50%が上位50%の優良顧客によって生み出される。×
  3. 優良顧客の識別には、対象製品の購買においてクロスセルやアップセルがあったか否かは重視されない。×
  4. 優良顧客の識別のために用いられるRFM分析とは、どの程度値引きなしで購買しているか(Regular)、どの程度頻繁に購買しているか(Frequency)、どの程度の金額を支払っているのか(Monetary)を分析することである。×

顧客リレーションシップマネジメント 【平成30年 第36問】(設問2}

 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。

 顧客リレーションシップのマネジメントにおいて、企業は、収益性の高い優良顧客を識別し、優れた顧客価値を提供することで関係性の構築、維持、強化に努め、ブランド・ロイヤルティなどの成果を獲得することを目指している。

(設問2) 文中の下線部②に関する記述として、最も適切なものはどれか。

  1. 関係性が構築され、それがさらに維持、強化されることで、特定顧客における同一製品カテゴリーの購買全体に対して自社製品が占める割合、つまり市場シェアの拡大が見込める。×?
  2. 関係性が構築されると、同一製品を再購買する傾向である「行動的ロイヤルティ」が高まる。それはブランド・コミットメントと言い換えられる。〇?ブランド・コミットメント は、態度的な概念とされます。従って、同一製品の再購買という売上や行動的ロイヤルティとする概念ではない
  3. 消費者は、惰性、サンクコストや所有効果により、現在利用している製品やサービスを変更しない傾向がある。こうした傾向が、真のロイヤル顧客の識別を難しくする。〇
  4. 製品やサービスの購入および利用に対してポイントを付与することにより再購入を促し、継続的な取引の維持を目指そうとする「ロイヤルティ・プログラム」は、多くの企業が採用可能な、経済効率の非常に高い施策とみなされている。×ポイント付与は今や多くの小売業者で採用されており、それ自体で差別化をすることは困難

サービス財【令和元年 第33問(設問1)】

 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。

 サービス財には、無形性、品質の変動性、不可分性、消滅性、需要の変動性といった特徴がある。サービス組織やサービス提供者は、これらの特徴を踏まえた対応が求められる。

(設問1)

 文中の下線部①に関する記述として、最も適切なものはどれか。

  1. 「品質の変動性」の対応として、企業には慎重な従業員採用や教育の徹底が求められる。しかしながら、それに代わる機械の導入はサービスの均一化につながり、必然的に顧客の知覚品質は低下する。×
  2. 「不可分性」といった特性により、サービス財の流通において、中間業者を活用することができない。そのため、サービス業のチャネルは、有形財と比較して、短く単純なものになる。×?
  3. 情報管理システムやAI技術を用いることで、需要に応じてフレキシブルに価格を変動させることが容易になった。「消滅性」「需要の変動性」の対応策として、サービス業者は、これらの仕組みを用いて思い切った値引きを行うべきである。×?
  4. 美容室のように人が顧客に提供するサービスは、「無形性」「不可分性」を有するため、在庫を持つことや生産場所から他の場所に移動させることが困難である。〇

サービス財【令和元年 第33問(設問2)】

 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。

 サービス財には、無形性、品質の変動性、不可分性、消滅性、需要の変動性といった特徴がある。サービス組織やサービス提供者は、これらの特徴を踏まえた対応が求められる。

(設問2)

 文中の下線部②に関する記述として、最も適切なものはどれか。

  1. 「サービス・トライアングル」は、顧客・サービス提供者・企業の3者の関係性を図示している。中でも顧客とサービス提供者の関係をより密接なものにすることの重要性を説いている。〇?×上記の3つの関係のバランスが図られることがサービス提供の重要なポイント
  2. 「サービス・プロフィット・チェーン」は、顧客満足が顧客ロイヤルティにつながることで事業の収益性が高まることに注目し、企業が顧客に目を向けることの重要性を強調している。×組織が従業員を大切にして従業員の満足度を高めれば、従業員は顧客によりよいサービスを提供し、顧客満足や顧客ロイヤルティの向上につながるというもの
  3. 「逆さまのピラミッド」の図では、マネジャーは現場スタッフを支援する立場にあり、両者の権限関係が製造業と逆転していることが示されている。〇?×?経営トップを一番低い位置付け
  4. 「真実の瞬間」とは、適切なサービスを、顧客が望むタイミングで提供することの重要性を示す概念である。〇?×?自社のサービス品質が、お客様に評価される決定的瞬間
  5. サービス品質の計測尺度である「サーブクォル(SERVQUAL) 」では、サービス利用前と利用後の2時点で評価を計測し、それらの差を確認することが推奨されている。×?〇

サービスとその品質評価や顧客満足 【平成27年 第34問】

 サービスと、その品質評価や顧客満足に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア SERVQUALでは、信頼性、対応性、確実性、共感性、有用性の5つの側面からサービス品質を評価する。〇?×有形性(Tangibles):施設、設備、従業員の外見

イ 顧客が、直接、サービスを提供される場面をサービス・スケープといい、重要性から「真実の瞬間」と称されることがある。×店舗の外見、店やデザイン、明るさや色、音楽、香りなど、サービスを提供する物理的環境すべてのものが、サービス・スケープ

ウ サービス・プロフィット・チェーンは、従業員の満足を高めることが顧客満足や顧客ロイヤルティの向上につながるという考え方を示している。〇

エ 提供するサービスが顧客の期待水準に達すれば、確実に顧客は高い満足を得る。×それだけでは当然のサービスをされているものと顧客に認識されるだけで、確実に顧客が高い満足を得るとはいえません。顧客に高い満足を与えるためには、顧客の期待水準を超えるサービスを提供する必要

プロモーション・ミックス【平成30年 第35問(設問2)】

 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。

 プロモーションの役割は、①広告、販売促進、人的販売、パブリックリレーションズ(PR)の4つの手段を用いて、製品やサービスに関する情報を伝達し、魅力をアピールし、販売を促進することである。プロモーション効果を高めるためには、その目的や、対象となる②製品・サービスの特性および知名、理解、好意・選好、購買、再購買といった購買プロセスの段階に応じて、4つのプロモーション手段を使い分けたり、適切に組み合わせたりすることが重要である。

 (設問2 )

 文中の下線部②に関する記述として、最も適切なものはどれか。

  1. 4つのプロモーション手段の重要性は、対象が消費財か生産財かによって変わるが、いずれの場合も、広告が最も重要である。×
  2. 企業が広告を作成する狙いには、再購買時のブランド想起を促進したり、購買後に消費者が感じる認知不協和を減らしたりする効果を生み出すことが含まれる。〇
  3. 製品やサービスに対する知名率や理解率が高いものの購買に至らない場合、買い手の当該製品やサービスに対する関与の高低にかかわらず、短期的なインセンティブを提供する販売促進が最も有効である。
  4. プッシュ戦略と比較して、プル戦略の場合、一般的に、人的販売が重要視される。

※本問は、設問2のみを掲載しております。設問1は掲載しておりませんので予めご了承ください。

 顧客との関係構築【令和元年 第26問】

 マーケティングにおける顧客との関係構築に関する記述として、最も適切なものはどれか。

  1. 顧客が企業に対して持つロイヤルティには、再購買率で測定される行動的ロイヤルティと態度に関わる心理的ロイヤルティがある。これらのうち前者が高ければ後者も高いが、前者が低くても後者は高いこともある。〇?×
  2. 顧客との関係構築を重要視するマーケティングの考え方はBtoCのサービス・マーケティングにルーツがあるが、近年はBtoBマーケティングにも応用されるようになってきた。×
  3. 顧客を満足させるには、顧客の事前の期待値を上回るパフォーマンスを提供する必要があるが、次回購買時には前回のパフォーマンスのレベルが期待値になるため、さらに高いパフォーマンスを提供することが望ましい。〇
  4. 優良顧客を識別するための指標の1つである顧客生涯価値とは、顧客が今回または今期に購入した金額だけでなく、これまでに購入した全ての金額に等しい。×

インターネットによるコミュニケーション 【平成24年 第33問】(設問2)

 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。
 2000 年代に入ったころから、インターネットにおいて、ブログをはじめとする( A ) が消費者の間で爆発的に普及した。( A )は消費者間での情報のやり取りを促進し、CtoC コミュニケーションを強力なクチコミの場へと成長させた。その後、2000 年代後半になると、SNS や動画共有サービスなど、新たなツールが目覚ましく発達し、( A )はソーシャル・メディアと呼ばれることが多くなった。


 現在では、ソーシャル・メディアは「信頼や評判を稼ぐメディア」(Earned Media)の主要な一部として、広告やスポンサーシップのような( B ) 、自社サイトや販売員のような( C )と並ぶ、重要なマーケティング・コミュニケーション・ツールと考えられるようになっている。



(設問2)

文中の下線部の「クチコミ」に関する記述として、最も不適切なものはどれか。


ア インターネット上のクチコミは対面でのクチコミよりも、広く速く情報が伝播する。〇


イ クチコミをマーケティング・コミュニケーションのツールとして利用する場合、倫理ガイドラインを整備・遵守する必要がある。〇


ウ 購買意思決定においてクチコミが重視される原因のひとつに、消費者の情報過負荷がある。〇


エ コメント書き込みやトラックバックといった強力なリンク機能によってブログは情報伝播を促進した。〇


オ 消費者の購買意思決定段階の後半になるほどクチコミの影響は小さくなる。×

顧客リレーションシップマネジメント 【平成30年 第36問】(設問1)

 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。

 顧客リレーションシップのマネジメントにおいて、企業は、収益性の高い優良顧客を識別し、優れた顧客価値を提供することで関係性の構築、維持、強化に努め、ブランド・ロイヤルティなどの成果を獲得することを目指している。

(設問1) 文中の下線部①に関する記述として、最も適切なものはどれか。

  1. 初めて購入した顧客がリピート顧客、さらには得意客やサポーターになるように、関係性にはレベルがある。自分のすばらしい経験を、顧客が他者に広めているかどうかは、関係性レベルの高さを判断するための手段となる。〇
  2. パレートの法則をビジネス界に当てはめると、売上の50%が上位50%の優良顧客によって生み出される。
  3. 優良顧客の識別には、対象製品の購買においてクロスセルやアップセルがあったか否かは重視されない。
  4. 優良顧客の識別のために用いられるRFM分析とは、どの程度値引きなしで購買しているか(Regular)、どの程度頻繁に購買しているか(Frequency)、どの程度の金額を支払っているのか(Monetary)を分析することである。

計算書類(財務諸表)

 計算書類(財務諸表)に関する説明として、最も不適切なものはどれか。

ア 株式会社が会社法により作成することが義務付けられている計算書類には、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、個別注記表がある。〇?

イ 取締役会設置会社が会社法により作成することが義務付けられている計算書類等には、計算書類、事業報告並びにこれらの付属明細書がある。〇?

ウ 「中小企業の会計に関する指針」に記された内容は、中小企業が計算書類を作成する際に遵守する義務がある。×ガイドラインであり、義務ではありません。

エ 取締役会設置会社では、定時株主総会の招集の通知に際して、株主に対し、計算書類及び事業報告を提供しなければならない。〇?

中小企業の会計に関する指針

 中小企業の会計に関する指針に関する説明として、最も適切なものはどれか。

ア 中小企業の会計に関する指針は、中小企業が、計算書類の作成に当たり、拠ることが望ましい会計処理や注記等を示すものである。〇

イ 中小企業は、中小企業の会計に関する指針に拠り計算書類を作成しなければならない。×

ウ 会計参与設置会社が計算書類を作成する際には、中小企業の会計に関する指針に拠らなければならない。×

エ 中小企業の事務負担の軽減を図る観点から、中小企業の多様的な実態に配慮し、中小企業の会計に関する指針の水準についてばらつきのあるものとなっている。×?

企業会計原則

 企業会計原則に関する説明として、最も適切なものはどれか。

ア 一般原則に規定されている正規の簿記の原則は、企業会計の究極目標を示したものであり、企業会計の実質的、形式的なすべての原則および手続を統括する地位にある基本原則である。〇?×基本原則であるのは、真実性の原則

イ 一般原則に規定されている明瞭性の原則は、資本取引と損益取引とを明瞭に区別し、特に資本剰余金と利益剰余金とを混同してはならないというものである。×?資本取引・損益取引区分の原則です。明瞭性の原則ではありません。

ウ 一般原則に規定されている保守主義の原則とは、企業会計は、財務諸表によって、利害関係者に対し必要な会計事実を保守的に表示し、企業の状況に関する判断を誤らせないようにしなければならないというものである。×企業の財政に不利な影響を及ぼす可能性がある場合には、これに備えて適当に健全な会計処理をしなければならない

エ 重要性の原則とは、重要性の乏しいものについては、本来の厳密な会計処理によらないで他の簡便な方法によることも正規の簿記の原則に従った処理として認められるというものであるが、この重要性の原則は一般原則には規定されていない。〇重要性の原則は、企業会計原則注解に規定

 貸借対照表

 貸借対照表に関する次の文中の空欄A~Eに入る語句の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

 貸借対照表の役割は( A )の( B )を表すことである。

 企業会計原則第三 貸借対照表原則一によると、「貸借対照表は、企業の( B )を明らかにするため、貸借対照表日におけるすべての( C )、( D )及び資本を記載し、株主、債権者その他の利害関係者にこれを正しく表示するものでなければならない。」とされている。会社法では、「貸借対照表は( C )・( D )・( E )に分けて表示しなければならない」とされ、資本は( C )・( D )に該当しないものである( E )に記載することとなった。( E )の金額は( C )から( D )を引いた差額である、財政状態とは、資金の調達源泉( D ・ E )と運用状況( C )のことをいう。

ア A:一定期間 B:経営成績 C:資産 D:純資産 E:負債

イ A:一定期間 B:財政状態 C:純資産 D:負債 E:資産 

ウ A:一定時点〇 B:財政状態〇 C:純資産 D:負債 E:資産

エ A:一定時点 B:財政状態 C:資産 D:負債 E:純資産〇

オ A:一定時点 B:経営成績 C:費用 D:収益 E:純資産

資産の部

 貸借対照表における資産の部項目に関する説明として、最も不適切なものはどれか。

ア 「流動資産」には、「現金預金」、「受取手形」、「売掛金」、「貸倒引当金」、「有価証券」、「棚卸資産」、「短期貸付金」などが含まれる。〇

イ 「棚卸資産」とは、流通業では主に「商品」、製造業では「製品」、「原材料」、「仕掛品」などの在庫のことをいう。〇

ウ 「無形固定資産」には、「特許権」「のれん」「ソフトウェア」など、物理的な形が無い資産が含まれる。〇

エ 「繰延資産」には、「株式交付費」「社債発行差金」「創立費」「開業費」「研究開発費」などがあり、その支出が将来に渡って価値を生む可能性がある費用を振り替えて、資産計上しておくものである。×「社債発行差金」と「研究開発費」については、繰延資産ではありません。

負債の部

 貸借対照表における負債の部項目に関する説明として、最も不適切なものはどれか。

ア 「負債」とは、将来返済する義務がある債務のことをいい、他人資本と呼ばれることもある。〇

イ 「流動負債」の代表的なものとしては「支払手形」、「短期借入金」、「前受収益」などがある。〇?

ウ 「仕入債務」とは、「支払手形」と「買掛金」をあわせたものである。また、負債の部に表示される「経過勘定」には「前受収益」、「未払費用」などがある。〇?

エ 「固定負債」には、返済義務が1年を超える債務の項目が表示されている。代表的なものには「社債」「長期借入金」「退職給付引当金」「貸倒引当金」などがある。×

純資産の部

 貸借対照表における純資産の部項目に関する説明として、最も適切なものはどれか。

ア 「純資産の部」は、「資産の部」から「負債の部」を差し引いた差額であり、返済義務のない株主からの資金調達額のみからなる。×

イ 「資本金」は、企業が株式を発行し、株主から払い込みを受けた金額のうち、資本金として繰り入れられた金額である。また、払い込みを受けた金額のうち、残りの金額は「資本準備金」に積み立てられる。〇

ウ 「利益準備金」は、「その他利益剰余金」から配当を行った場合に積み立てられた金額で、その積立額については配当を行った企業が任意に決めることができる。×

エ 「自己株式」は、自社が発行した株式を、自らが取得して保有しているものである。発行済株式数を増加させることで、株価を下落させ多数の投資家による株式の保有を促したい場合などに自己株式が取得されることがある。×

貸借対照表の作成

 以下の資料より、M社の令和×1年3月31日現在の貸借対照表を作成せよ。その上で、A流動資産、B固定資産、C負債、D純資産にあてはまる数値の組み合わせとして適切なものを選べ。(単位:百万円)

【資料(単位:百万円)】

(なお、繰延資産は一括償却せず、貸借対照表に記載するものとする。)

ア A:277 B:71 C:150 D:250
277+71=348
150+250=400

イ A:282 B:68 C:95 D:256
282+68=350
95+256=351

ウ A:252 B:100 C:75 D:227
352
302

エ A:250〇 B:98 C:100〇 D:250〇
348
350

資産 350負債 100
流動資産 250 〇流動負債 75
現金預金 100 〇買掛金 25
短期貸付金 30 〇短期借入金 50
売掛金 52 〇固定負債 25
貸倒引当金 -2
期末商品棚卸高 70 〇
固定資産 98長期借入金 20
投資有価証券 27 〇退職給与引当金 5
ソフトウエア 32 〇純資産 250
減価償却累計額 -4 〇資本金 200
車両 43 〇資本準備金 20
繰延資産利益準備金 2
 開業費 2任意積立金 6
繰越利益剰余金 27
自己株式 -6
新株予約権 1
350350
Share Button