平成24年度 中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅳ(財務・会計を中心とした経営戦略・経営管理に関する事例)

与件文

D旅館は大都市圏からのお客も多い温泉地に立つ、創業85年の小~中規模旅館である。この地は、秋の紅葉シーズンが人気で、毎年この時期、多くの観光客が訪れることで知られている。D旅館は木造の旧館と20年前に新築した新館の2棟からなり、客室数は25室(旧館8室、新館17室)、収容人数125名(旧館30名、新館95名)である。客室のほか、大広間2、内湯2、露天風呂1、貸し切り可能な家族風呂などを有している。スタッフは3代目であるオーナー夫妻、正社員19名、常勤のパート13名の計34名で構成されている。D旅館の人気の1つは各室に担当が1名付き、細やかなサービスを提供することにある。また、部屋出しの食事は、地元の食材を用いた創作料理が評判を集めている。宿泊客の大半が旅行代理店またはインターネットからの予約である。年間宿泊者数は毎年18,000名を超える水準で推移してきたが、近年、周辺旅館では施設のリニューアルがみられ、その影響もあり、稼働率は低下し、昨年度は年間宿泊者数が17,000 名、今年度は16,500名と減少し、2年連続で赤字を記録した。宿泊者数減少の原因については様々な理由が考えられるが、最大の理由としては、老朽化した旧館に問題がある、とオーナー夫妻は分析している。旧館は収容人数も少なく、設備も古いため、新館に比べて稼働率が低い。そこで、旧館での営業を取りやめ、新館のみでの営業に切り替えるか、旧館を改修することが検討されている。この問題と並行して、オーナー夫妻には子供がなく、後継者並びに事業承継問題が悩みの種である。これらの課題に関しても、オーナー夫妻から中小企業診断士に対しアドバイスが求められている。D旅館の今年度の財務諸表は次のとおりである。

与件文読込4分、解答構成6分。

第1問(配点40点)オーナー夫妻から、旧館の改修後の財務内容の変化について意見を求められた。老朽化した旧館の改修は、大浴場の改修、客室専用の露天風呂を新たに設置することを含めた客室の改修などが中心であり、これにより、周辺旅館との競争力が回復できると考えられている。この改修には180,000千円の支出が見積もられている。このうち、50,000千円は手持ちの預金でまかない、残額は金融機関から現在と同じ金利で借り入れることとする。減価償却については定額法により10 年(10年後の残存価額はゼロとする)で償却する予定である。改修工事の結果として、客単価は23,000 円となり、年間宿泊者数が初年度は17,000 名、2 年目以降は18,000 名まで回復するとオーナー夫妻は予想している。ただし、上記の改修に伴い、年間の設備保守点検・修繕費は今年度より20%増加、水道光熱費、広告宣伝費はそれぞれ今年度より10%増加することが見込まれている。

(設問1)改修工事の結果として、初年度(a)、2 年目(b)の年間宿泊者数がオーナー夫妻の予想通りに回復した場合の予想損益計算書を作成せよ(単位:千円)。なお、この期間、営業外収益は発生しないものとする。

まさか売上原価や変動販管費が単に売上比率でなく、客単価は上がるものの提供する食材や料理を変えるという記述はないため売上高に比例するのではなく客数に比例して売上原価は変わると考えるとは思いませんでした。従ってその後の計算総崩れ、フハッ!

既存の減価償却が消えるのか合算されるのか不明でしたが、加算で正解でした。

借入金利子の2年目金額が不明で、通常であれば徐々に利子は減るのが普通ですが、与件文に記載はなく解説でも同額ということで正解になりました。

計算記入40分、配点14点中自己採点4点。

(設問2)改修工事の結果として年間宿泊者数が18,000 名に回復した場合に、今年度よりも収益性が改善したか否かを判定するのに最もふさわしいと考えられる財務指標の名称を(a)欄に3つあげ、その数値を計算(小数点第3位を四捨五入すること)して(b)欄に示せ。なお、貸借対照表は次に示されたものを使用すること。

財務指標という言葉と経営指標という言葉に使い分けの意味があるのか迷う。あとで調べると厳密な使い分けの意味は無しとのこと。

解答では1つ目に総資本営業利益率を挙げましたが他解説で「「総資本経常利益率」を選択すれば、企業本来の営業活動により得られた営業利益だけでなく財務活動まで含めた利益が改善していることについては指摘できているため、「総資本経常利益率」を選択する場合は「売上高営業利益率」を、「総資本経常利益率」を選択しない場合は「売上高経常利益率」を選択することとしたい。」という選択方法が必要でした。更に、総資本経常利益率の改善が小さいため、より直接的な効果を示している売上高利益率の方がベターの様です。

2つ目に記載した自己資本営業利益率は安全性と判断されるのか解答例なし、3つ目に自作した有形固定資産営業利益率は検索しても言葉が出てきませんでした(苦笑)。有形固定資産回転率でした。

計算記入15分、配点12点中自己採点2点。

設問3)この施設改修に関して、正味現在価値法を用いてこの投資案を評価せよ(計算過程も明示すること)。ただし、2 年目以降、10年目まで年間宿泊者数は18,000 名で推移すると見込まれている。また、税率40 %、割引率6%とする。計算には下記の年金現価係数表を用いよ。なお、運転資本の増減はないと仮定する。

割引率をどう用いたらよいのか忘れて諦め空白。

模試後調べたら単に利息(例えば10%)を「割引率」ということでした。

フリーキャッシュフロー式は営業利益×(1-実効税率)+減価償却費±運転資金の増減-設備投資額。

そしてキャッシュフロー増加額に年金現価係数を乗じて求める必要がありました。

2年目以降10年目までのFCFの割引現在価値を算出するには2年目以降10年目までのキャッシュフロー増加額×9年目の年金現価係数×1年目の年金現価係数という式にして、設備投資額を考慮すると、正味現在価値=初年度のキャッシュフロー増加額の現在価値+2年目以降のキャッシュフロー増加額の現在価値-設備投資額として、正味現在価値がプラスであるため、投資案を採用すべきであるとすべきでした。

計算検討3分、配点20点中自己採点0点。

第2問(配点30点)旧館の改修とは別の改善策として、旧館を閉鎖し、新館のみで営業した場合の収益性について、オーナー夫妻から意見を求められた。この改善策を実施した場合、客単価は変化しないものの、年間宿泊客数は15,000名に減少することが予想されている。これにより、人件費、減価償却費を除く固定費は今年度より30%減少する。

(設問1)この改善策を実施した場合の損益分岐点比率を求めよ(計算過程も明示すること)。なお、ここでは、営業利益をゼロとする売上高を損益分岐点とする。計算にあたっては、千円未満を四捨五入せよ。

何とか計算するも記入完了後に前問解答欄に記入している事が判明。。

損益分岐点売上高は、固定費÷(1-変動費率)

変動費率は、変動費÷売上高

変動売上原価は、年間宿泊客数×(今年度変動売上原価÷今年度宿泊客数)

基本の損益分岐点売上高計算式を定着させる必要がありました。

途中で時間切れ。

計算記入28分、配点15点中自己採点0点。

(設問2)この改善策を実施した後、損益分岐点比率90%を目標としたい、とオーナー夫妻からの要望があった。この要望に固定費の削減で応える場合、その削減額を求めよ(計算過程も明示すること。単位:千円)。

何とか計算して下書き時の解答額は正解!しかし清書時に疑問に思ってしまい、違う数字で計算してしまい不正解。

損益分岐点比率90%となる損益分岐点売上高は、単に売上高(営業損失が出ていても)×90%でした。

損益分岐点比率90%となる固定費=損益分岐点売上高×(1-変動費率)でした。

計算記入26分、配点15点中自己採点0点。

第3問(配点30点)前述したように、オーナー夫妻には後継者がなく、親族にも経営を任せられる人材が見当たらないという。場合によっては、旅館の売却を伴う事業承継も視野に入れているといい、今年度の状況を前提とした具体的なケースについて説明を求められた。

(設問1)承継先にかかわらず、売却価格の算定に際しては、客観的な数値が必要となる。そこで、今年度の財務諸表をもとに企業価値を求めることになった。割引キャッシュフロー法を用いて、企業価値を求めよ(計算過程も明示すること。単位:千円、千円未満は四捨五入すること)。ただし、算定にあたっては、オーナー夫妻に対する給与16,000千円は不要となることが分かっている。また、今後の株主資本コストを5 %、平均的な負債資本コストを4 %、税率は40 %、キャッシュフローは今年度の水準が将来にわたって継続するものと仮定する。

割引キャッシュフロー法が分からず白紙。

企業価値=フリーキャッシュフロー(FCF)÷加重平均資本コスト(WACC)で、フリーキャッシュフロー=営業利益×(1-実効税率)+減価償却費±運転資金の増減-設備投資額、加重平均資本コスト(WACC)=株主資本コスト×(株主資本/(株主資本+負債))+負債資本コスト×(1ー実効税率)×(負債/(株主資本+負債))でした。。

計算記入2分、配点15点中自己採点0点。

(設問2)事業承継を考える際、承継先としてどのような相手が考えられるか。また、その際の留意点について中小企業診断士の立場から200 字以内で説明せよ。

自身初の200字に少々びびりましたが、大筋で記載できました。後継者教育、外部の取引先、金融機関などの関係者に、十分に説明をして理解を得ることも必要でした。

記入26分、配点15点中自己採点時間内0点、時間外9点。

全解答構成6分、全記入144分(64分超過)、自己採点時間内10点、時間外19点でした。。

いつか花咲く時を信じて。。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です