盆栽ワークショップ講師育成事業第3回講座

令和元年 8月 19日開催の盆栽ワークショップ講師育成事業第3回講座を受講しましたので、下記のとおり報告します。

1.受講日     令和元年 8月19日
2.受講内容 黒松盆栽

朝9時に集合。花澤明春園の準備された材料を元に、今回の制作である「黒松盆栽」の概要を受講しました。

春と秋は根を選定したりと触ることが出来、更に春の方が適していると学びました。

暑さ寒さともに強いのは意外でした。水やりはたっぷりとかける必要があります。

肥料は液体と固形肥料があります。

しかし与えすぎても根が弱ったり腐ったりで栄養過多ということで、人間と同じ点が愛らしいです。

盆栽を大きくしたくない場合は肥料をあげないことで大きさをコントロールすることが出来ます。

植え替え鉢の底に網を置いてナメクジ避けにします。

針金で網が外れないように固定します。

裏側で固定します。

針金を切断するにはニッパを使います。

植え替える黒松を鉢から取り出します。

汚れないように手袋をします。

植え替える鉢の高さに応じて土の高さを削り取って調整します。

こんもりと小山型になるのが土がこぼれにくく理想です。

試しに入れて高さ具合を確認します。

植え替えた黒松が鉢からずれない様に針金で固定します。

ニッパでグルグル巻に固定します。


これで鉢と一体化して倒れたりしなくなります。

出っ張っている針金の余分部分をニッパで切断します。

地中に隠れて目立たなくなりました。

飾り付けの小石を選びます。

赤土で覆い、小石で飾り付けます。

苔を飾り付けて更に雰囲気が良くなります。

まるで日本庭園の様です。

今度の秋冬に植え替える黒松も植え替えます。

お洒落盆栽一同です。

小さな鉢に植え替えます。

大きくなったらまた植え替えます。

赤土を利用しました。

根を安定させるため、たっぷりと水やりです。

以上

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です