経営情報システム システム構成とネットワーク インターネットとセキュリティ

今回も最後睡魔との闘いでしたが辿り着けました。

 情報システムの稼働率 【平成20年 第12問】

 顧客へのWebサーバによる各種サービスを中断しないようにするためには、サーバコンピュータの信頼性を向上させることが課題である。

 一般の廉価なパソコンをサーバとして用いる中小企業が多いが、その信頼性が問題となる。万が一に備えて、メインのサーバと同機能のサブのサーバを並列化して利用することを検討している。メインのサーバの信頼性が90%、サブとするサーバの信頼性が70%とするならば、並列化したシステムの信頼性として、最も適切なものはどれか。

ア 63% イ 80% ウ 97% エ 99.5%

1-(1-0.9)*(1-0.7)=1-0.1*0.3=1-0.03=0.97

情報システムの評価指標 【平成30年 第11問】

 情報システムの評価指標に関する記述として、最も適切なものはどれか。

MTBFの値が大きいほど、可用性が高いと言える。
MTBF+MTTR

MTBF の値が小さいほど、信頼性が高いと言える。

MTTF の値が小さいほど、機器の寿命が長いと言える。

MTTR の値が大きいほど、保守性が高いと言える。

ア平均故障間隔/(平均故障間隔+平均修理時間)〇
2/(2+2)=0.5
4/(4+2)=4/6=0.66..
イ平均故障間隔×
ウ平均修理時間×
エ平均修理時間×

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です