経営情報システム 情報システムの開発 プログラム言語とWeb アプリケーション 経済学・経済政策 消費者行動と需要曲線

情報システムの開発

問題 1 情報システムの再構築 【平成19年 第17問】

 運用中の基幹システムの保守が困難になってきたので、基幹システムの再構築を実施することになった。運用中のシステムは過去十数年間運用してきたが、開発時点の設計書や要件定義書もすべて残っている。この再構築に当たって、次の記述の中で最も適切なものはどれか。

ア 運用中のシステムの利用プロセスを分析し、これを参考に新システムを再構築する。

イ 運用中のシステムを上書きしながら新システムを開発し、これに本番データを入力してその挙動を調べることで、新システムの正当性を確認することができる。

ウ 開発時点の設計書に基づいて、新システムを再構築する。

エ 開発時点の設計書を詳細に分析して、その処理手順をすべて新システムで実現することが、システムの一貫性保持の点で望ましい。

新システムを構築するにあたり、現在運用中のシステムにおける課題や改善点を考慮する必要があります。そのため、運用中のシステムの利用プロセスを分析し、その課題や改善点を洗い出すことは有効な作業です。
開発時点の設計書や要件定義書が残っているとはいえ、保守が困難な状況でのシステムの上書きは、容易なことではないと考えられ、再構築の方法としては不向きです。

現在運用中のシステムは、必ずしも業務に適したものとは限りません。たいていの場合、何らかの課題や改善点があります。従って、開発時の設計書を用いてシステムを再構築することは、業務に適さないシステムとなる可能性があり不向きです。

現在運用中のシステムは、必ずしも業務に適したものとは限りません。よって、開発時点の処理手順を新システムでも実現するという方法は不向きです。

開発方法論 【平成22年 第14問】

 システム開発の基本フェーズは、フェーズ1:要件定義、フェーズ2:外部設計、フェーズ3:内部設計、フェーズ4:プログラム開発、フェーズ5:各種テスト、フェーズ6:稼働である。これら各フェーズを後戻りすることなく順に行っていく方法論を、ウォータフォール型システム開発方法論と呼ぶ。しかし、この方法論には種々の課題があるとされ、その課題の解消を目的に多様な方法論が開発されている。そのような方法論に関する記述として最も適切なものはどれか。

ア RAD は、ウォータフォール型システム開発方法論よりも迅速に開発することを目的としたもので、システムエンジニアだけで構成される大人数の開発チームで一気に開発する方法論である。

イ システム開発を迅速かつ確実に進める方法論としてXP があるが、それは仕様書をほとんど作成せず、ストーリーカードと受け入れテストを中心に開発を進める方法論である。

ウ スパイラル開発は、1つのフェーズが終わったら、もう一度、そのフェーズを繰り返すペアプログラミングと呼ばれる手法を用いて確実にシステムを開発していく方法論である。

エ プロトタイピングは、フェーズ5の各種テストを簡略に行う方法論である。

RAD(Rapid Application Development)とは、小規模・短期間のプロジェクトに適用される手法です。RAD は、システム開発の工程をプロトタイピングやCASE ツールなどの手法を用いることで、エンドユーザを含む少人数のチームで担当し、開発期間を短縮する手法です。システムエンジニアだけで構成される大人数のチームでシステム開発をするわけではありません。

 XP(Extreme Programming:エクストリーム・プログラミング)とは、迅速にプログラムを開発する「アジャイル開発プロセス」の手法の1 つです。XP では、プロジェクトを短い期間に区切り、この期間の中で反復的に設計・開発・テストを実施します。XP では仕様書をほとんど作成せず、ストーリーカードと受け入れテストを中心に開発を進めます。

 スパイラル開発は、設計、開発、テストという手順を何度もくり返すことで、徐々にシステムを成長させていく開発手法です。スパイラル開発では、最初に核となる小さい部分を開発し、完成後、その周りの機能を開発していきます。ペアプログラミングとは、2 人1 組で開発を進めていく手法のことで、XP で使われます。

 プロトタイピングは、プロジェクトの早い段階で、プロトタイプ(試作品)を作成し、それを利用ユーザが確認してから本格的に開発する方法です。プロトタイプとはいえ、テストフェーズを簡略化できるものではありません。

プロジェクト管理手法 【平成22年 第22問】

 中小企業診断士は中小企業経営者を支援して、企業のシステム開発プロジェクトに関与することがある。このようなシステム開発のプロジェクト管理で用いるWBS(Work Breakdown Structure)に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア WBS 作成には、PMBOK が規定した標準作成方法が利用できる。

イ 成果物を得るのに必要な工程や作業について記述する。

ウ 担当者の分担に基づいて、WBS を作成する。

エ プロジェクトの実施段階で、管理資料として作成する。

WBS(Work Breakdown Structure)は、プロジェクトの全ての作業(Work)を階層構造で表したものです。WBS の作成は、PMBOK で定義されるスコープマネジメントのプロセスの1 つとなっています。プロジェクトを計画するときに、WBS を作成することで、プロジェクトのタスクや成果物を明確にすることができます。また、WBS は工数の見積もりや、スケジュール作成などのベースとなります。

WBS の作成はPMBOK で定義されるスコープマネジメントのプロセスの1 つになっています。しかし、PMBOK で標準作成方法が定義されているわけではありません。

 WBS では、成果物を得るのに必要な工程や作業を記述します。

 WBS は、プロジェクトの最終成果物と、その作成に必要な全ての作業に基づいて作成されます。担当者の分担に基づいて作成するものではありません。

WBS は、プロジェクトの計画段階で作成されるものです。実施段階で作成するものではありません。

要件定義 【平成22年 第18問】

 情報システム開発の上流工程に関して留意すべき事項が、例えば原理原則として、いくつか提案されている。そのような留意すべき事項の記述として最も適切なものはどれか。

ア 開発プロセスの進展に合わせて反復して行う多段階の見積りは、見積り変動により発注者や開発者のリスクを増大させる。

イ 数値化していない要件は、それを満たしているか否かの判定基準が人によって異なるので、数値化すべきである。

ウ 要件定義に未確定な部分があるときは、漏れがないように決定を先送りすべきである。

エ 要件定義の設定は、発注者と開発者の共同責任である。

開発プロセスが進展すると、要件仕様も確定していきます。よって、開発プロセスの進展に合わせて反復して見積を行うことは、基本計画時における見積よりも精度が高くなります。見積の精度が上がることで、発注者や開発者のリスクは軽減されていきます。

 数値化されていない要件は、人によってそれを満たしているか否かの判定基準が異なります。よって、極力数値化することが望まれます。

 要件定義に未確定の部分があると、開発以降の工程に進むことができません。仮に、未確定のまま開発工程へと進めた場合も、運用テストで問題となります。要件が未確定の場合は、要件定義の工程を延長してでも、要件を確定させる必要があります。要件定義の先送りはせず、早い段階で確定させることが必要です。

 要件定義は、情報システムに対する要件を整理する工程で、発注者が責任を持って行う作業です。

◆補足 「超上流から攻めるIT 化の原理原則17 ヶ条」
IPA-SEC(情報処理推進機構)が定義した、上流フェーズのポイントをまとめたものです。

1.ユーザとベンダの想いは相反する
2.取り決めは合意と承認によって成り立つ
3.プロジェクトの成否を左右する要件確定の先送りは厳禁である
4.ステークホルダ間の合意を得ないまま、次工程に入らない
5.多段階の見積りは双方のリスクを低減する
6.システム化実現の費用はソフトウェア開発だけではない
7.ライフサイクルコストを重視する
8.システム化方針・狙いの周知徹底が成功の鍵となる
9.要件定義は発注者の責任である
10.要件定義書はバイブルであり、事あらばここへ立ち返るもの
11.優れた要件定義書とはシステム開発を精緻にあらわしたもの
12.表現されない要件はシステムとして実現されない
13.数値化されない要件は人によって基準が異なる
14.「今と同じ」という要件定義はありえない
15.要件定義は「使える」業務システムを定義すること
16.機能要求は膨張する。コスト、納期が抑制する
17.要件定義は説明責任を伴う
(出典:IPA-SEC「超上流から攻めるIT 化の原理原則17ヶ条」)

見積手法 【平成30年 第18問】
ソフトウェア開発では、仕様の曖昧さなどが原因で工数オーバーとなるケースが散見される。開発規模の見積もりに関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア CoBRA 法では、開発工数は開発規模に比例することを仮定するとともに、さまざまな変動要因によって工数増加が発生することを加味している。

イ LOC 法では、画面や帳票の数をもとに開発規模を計算するため、仕様書が完成する前の要件定義段階での見積もりは難しい。

ウ 標準タスク法は、ソフトウェアの構造を WBS(Work Breakdown Structure)に分解し、WBS ごとに工数を積み上げて開発規模を見積もる方法である。

エ ファンクション・ポイント法は、システムのファンクションごとにプログラマーのスキルを数値化した重みを付けて、プログラム・ステップ数を算出する。


CoBRA(Cost estimation, Benchmarking and Risk Assessment)法とは、ソフトウェア開発プロジェクトの経験豊富なプロジェクト・マネージャー等の経験・知識などを元に、様々な要因をコストの変動要因として抽出、定量化することで、透明性が高く説得力のある見積を作成する方法です。

LOC(Lines Of Code)法とは、プログラム(ソースコード)の行数により、開発規模を見積もる方法のことです。古くから使われるソフトウェア開発の見積手法の一つです。「画面や帳票の数をもとに開発規模を計算する」ものではありません。

標準タスク法とは、開発するソフトウェア全体の工程を細かい作業工程に分解し、それをもとに作業工数やコストを積み上げ、全体の工数を見積もる方法のことです。「ソフトウェアの構造をWBSに分解」とありますが、正しくは「ソフトウェアの作業工程をWBSに分解」となります。


ファンクションポイント法は、機能(ファンクション)ごとの複雑さによって点数を付け、その点数を合計することによって工数を見積る方法です。システムのファンクションごとにプログラマーのスキルを数値化した重みをつけるものではありません。

設計手法 【平成20年 第13問】

 情報システムの設計に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア DFDは、データの流れ、その時間的情報を記述する手法であり、要件定義の際に用いられる。

イ ER図は、データベース設計を行う際に利用される記憶領域の配置を検討するために用いられる。

ウ STD(状態遷移図)は、外部設計や内部設計において、画面設計などに用いられる。

エ UMLは、ウォータフォール型システム開発において統一的に利用できるシステム記述言語である。

DFD(Data Flow Diagram:データフローダイアグラム)は、データと処理の流れを表す図表です。DFDでは、「注文」などのプロセスと、「商品ファイル」などのデータストア、さらに、これらの間のデータの流れであるデータフローを矢印で表すことで、データと処理の流れを表現します。しかし、DFDでは選択肢の記述にある「時間的情報」は記述されません。

 ER図は、主にリレーショナルデータベースの設計で用いられる手法です。ER図では、データ構造を、データの集合であるエンティティと、エンティティ間のつながりであるリレーションで表します。しかし、ER図には選択肢の記述にある「記憶領域の配置」は含みません。

 状態遷移図は、システムの状態がイベントによってどのように変化するかを記述する方法です。状態遷移図は、設計では主に画面設計などに用いられます。

 UMLはオブジェクト指向アプローチで設計する際の、各種の設計図の書き方を標準化したもの(表記法)です。ウォーターフォール型システム開発において利用するというものではなく、またシステム記述言語でもありません。

設計手法と設計図 【平成24年 第17問】

 ある中小販売企業では、インターネットで受注を開始することにした。それに先立ち、下記の図を描いてインターネットによる受注システムの検討を行っている。この図に関する説明として最も適切なものを下記の解答群から選べ。ただし、この図は未完成である。

[解答群]

ア 業務のデータの流れと処理の関係を記述したDFD である。

イ データベースをどのように構築したら良いかを示すERD である。

ウ 利用者がシステムとどのようにやり取りするかを示すユースケース図である。

エ 利用者相互のコミュニケーションの関係を描いたコミュニケーション図である。

DFD(Data Flow Diagram:データフローダイアグラム は、データと処理の流れを表す図表です。DFD では、「商品発送処理」などのプロセスと、「顧客データベース」などのデータストア、さらに、これらの間のデータの流れであるデータフローを矢印で表すことで、データと処理の流れを表現します。

 ERD (Entity Relationship Diagram)はER 図とも呼ばれる、リレーショナルデータベースの設計に用いられる手法です。ER 図では、データ構造を、データの集合であるエンティティ(Entity:実体)と、エンティティ間のつながりであるリレーション(Relationship:関連)で表します。例えば、エンティティは「注文」や「商品」などのデータを表し、リレーションでは、「注文」と「商品」の間の関係を表します。

 ユースケース図は、UML(Unified Modeling Language)のひとつで、機能であるユースケースの間の関連を簡単に表した図です。ユースケース図は、要件定義などの上流工程で、業務の機能を表現するために使われます。

 コミュニケーション図もUML(Unified Modeling Language)のひとつで、オブジェクト同士でやり取りされるメッセージを記述したものです。

システム分析・設計に使われる図 【平成26年 第17問】

下図のA~Dは、システム分析もしくはシステム設計に使われる図である。図とその名称の組み合わせとして最も適切なものを下記の解答群から選べ。

[解答群]

ア 図A:アクティビティ図 図B:ステートチャート図

図C:DFD 図D:ユースケース図

イ 図A:コミュニケーション図 図B:アクティビティ図

図C:オブジェクト図 図D:配置図

ウ 図A:ユースケース図 図B:DFD

図C:アクティビティ図 図D:コミュニケーション図

エ 図A:ユースケース図 図B:アクティビティ図

図C:DFD 図D:コミュニケーション図

解答群の中の、アクティビティ図、ステートチャート図、ユースケース図、コミュニケーション図、オブジェクト図、配置図は、UMLで使用される図です。UMLは、オブジェクト指向による設計に使う設計図を標準化したものです。

 アクティビティ図は、フローチャートの一種で、システムなどのフローを記述します。アクティビティ図では、「開始」「条件分岐」「終了」などを示す「ノード」や遷移を表す矢印を用いてフローを表現します。

 ステートチャート図は、ある特定のオブジェクトに着目して、その状態の変化を表現したものです。

 ユースケース図は、要件定義などの上流工程で、業務の機能を表現するために使われます。ユースケース図では、「アクター」「ユースケース」「関連」といった要素を用いて記述します。アクターは、システムを利用するユーザや連携する外部システムなどを表します。線で描いた人型で描きます。ユースケースは、アクターによるシステムの利用の仕方を表します。横型の楕円で描きます。アクターとユースケースの関連は実線で描きます。

 コミュニケーション図は、オブジェクト間のメッセージのやり取りを表します。コミュニケーション図では、オブジェクトは長方形で表現されます。メッセージは、オブジェクトとオブジェクトを結ぶ矢印で表現されます。矢印のラベルにはメッセージの名称が記述されます。

 オブジェクト図は、オブジェクトどうしの関係を図で表現したものです。

 配置図は、システムのハードウェアや通信経路などを表現するための図です。

 また、DFDは、データと処理の流れを表す図表です。DFDでは、データの処理を表す「プロセス」が円または角を丸めた多角形で描かれます。データの保管場所を表す「データストア」が2本の平行線で描かれます。データの移動経路である「データフロー」が矢印で描かれます。

システム設計に使われる図 【平成27年 第16問】

 システム設計の際に使われる図に関する以下の①〜④の記述と、図の名称の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

①情報システムの内外の関係するデータの流れを表す図である。

②データを、実体、関連およびそれらの属性を要素としてモデル化する図である。

③システムにはどのような利用者がいるのか、利用者はどのような操作をするの

かを示すために使われる図である。

④システムの物理的構成要素の依存関係に注目してシステムの構造を記述する図

 である。

[解答群]

ア ①:DFD ②:ERD  ③:アクティビティ図 ④:配置図

イ ①:DFD ②:ERD  ③:ユースケース図 ④:コンポーネント図

ウ ①:ERD ②:DFD  ③:ステートチャート図 ④:コンポーネント図

エ ①:ERD ②:DFD  ③:ユースケース図 ④:配置

情報システムの内外の関係するデータの流れを表す図は「DFD」です。DFD(Data Flow Diagram)は、要素間のデータの流れを表します。データの発生源や出力先、データ間の流れ、データを処理するプロセス、データの保管・出力先を図示することができます。

データを、実体、関連およびそれらの属性を要素としてモデル化する図は「ERD」です。ERD(Entity Relationship Diagram)は、ER図や実体関連図ともいいます。「実体」は管理対象として存在するもの、「関連」は実体と実体の関係を表したり実体に対して操作をしたりするもの、「属性」は実体の情報や特性を表したものを指します。

システムにはどのような利用者がいるのか、利用者はどのような操作をするのかを示すために使われる図は、「ユースケース図」です。ユースケース図を利用する際は、システムの内外を分ける境界線を設けた上で、外部に「アクター」というシステム外の要素を、内部は「ユースケース」という「アクターがシステムを利用して実現できること」をそれぞれ記述します。アクターとその利用するユースケースの間を「関連」という線で結んで表現します。利用者の要求を分析した上でシステムの役割を明確化するために利用されます。

システムの物理的構成要素の依存関係に注目してシステムの構造を記述する図は、「コンポーネント図」です。コンポーネントとは、ソフトウェアパッケージや実行ファイルなど、コンピュータ上で物理的なまとまりとして取り扱われる実体のことをいいます。コンポーネント図では、システムを構成するコンポーネント群の関係や相互の依存関係を記述することができます。

近年のシステム開発手法 【平成26年 第15問】

 近年注目されているシステム開発手法に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア エクストリームプログラミングは、システムテストを省くなどしてウォーターフォール型システム開発を改善した手法である。

イ エンベデッドシステムは、あらかじめインストールしておいたアプリケーションを有効に利用してシステム開発を行う手法である。

ウ オープンデータは、開発前にシステム構想およびデータをユーザに示し、ユーザからのアイデアを取り入れながらシステム開発を行う手法である。

エ スクラムは、開発途中でユーザの要求が変化することに対処しやすいアジャイルソフトウェア開発のひとつの手法である。

エクストリームプログラミングは、迅速にプログラムを開発する手法であるアジャイル開発プロセスの1つです。エクストリームプログラミングでは、プロジェクトを短い期間に区切り、この期間の中で反復的に設計・開発・テストを繰返します。システムテストを省いているわけではありません。

 エンベデッドシステムは、組込みシステムとも呼ばれます。名称が示すように、家電製品や自動車、機械などに組み込まれるコンピュータシステムのことを指します。

 オープンデータとは、広義では、制限なく広く利用が許可されているデータのことです。狭義では、行政機関が保有している統計情報や地理空間情報などのデータを利用しやすい形で公開することを指します。

 スクラムは、エクストリームプログラミングと同じく、アジャイル開発プロセスの1つです。各メンバーが協力しながら、チーム全体が同じ目的を共有することを重要視します。それほど大規模ではないシステムについて、ユーザのニーズを柔軟に反映させながら、短期間で稼働させることを目指します。

アジャイルシステム開発 【平成27年 第18問】

 近年の多様なIT 機器の発達、激しいビジネス環境の変動の中で、アジャイルシステム開発が注目されている。アジャイルシステム開発の方法論であるフィーチャ駆動開発、スクラム、かんばん、XPに関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア フィーチャ駆動開発は、要求定義、設計、コーディング、テスト、実装というシステム開発プロセスを逐次的に確実に行う方法論である。

イ スクラムは、ラウンドトリップ・エンジニアリングを取り入れたシステム開発の方法論である。

ウ かんばんは、ジャストインタイムの手法を応用して、システム開発の際に、ユーザと開発者との間でかんばんと呼ばれる情報伝達ツールを用いることに特徴がある。

エ XPは、開発の基幹手法としてペアプログラミングを用いるが、それは複数のオブジェクトを複数の人々で分担して作成することで、システム開発の迅速化を図ろうとするものである。

フィーチャ機能駆動開発は、フィーチャとよばれる機能を短期間で繰り返し開発していくものです。ソフトウェア工学に基づいたベストプラクティスを中心として構築されています。要求定義、設計、コーディング、テスト、実装というシステム開発プロセスを逐次的に確実に行うというわけではありません。

 スクラムは、チームで仕事を進めるためのフレームワークです。モデリング段階とコーディング段階を往復しながらソフトウェア開発を行う「ラウンドトリップ・エンジニアリング」を取り入れたシステム開発です。

 かんばんは、ジャストインタイムの手法を応用して、システム開発の際に、ユーザや開発者などの関係者と管理システムの間でかんばんと呼ばれる情報伝達ツールを用いるものです。ユーザと開発者との間でかんばんを用いるのではありません。

 XP(Extreme Programming:エクストリーム・プログラミング)は、比較的小規模の開発に向いた手法で、2人が1組で作業をするペアプログラミングを行います。ペアプログラミングでは、1人がプログラムのコードを書き、隣にいるもう1人が同時にそれをチェックしながら作業を進めます。また、この役割は随時交代しながら作業を行います。これにより、集中力を高め、コードのチェックをしながら作業を進行することができます。ペアプログラミングは、複数のオブジェクトを複数の人々で分担して作成するものではありません。

テスト方法 【平成20年 第14問】

 ある事業所で、受発注処理や商品管理に関わる業務の基幹となるシステムが古くなってきたので、事業所の業務をよく知るソフトウェアハウスが主体となって、ウォータフォール型システム開発方法論によって新規のシステムを開発することにした。システムの移行を円滑に行うためにはシステムテストが必要になる。これに関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア 事業所側も、システムを構成するモジュールテストをソフトウェアハウスで行う段階から原則として参画しなければならない。

イ 想定される最大業務負荷に耐えられるかどうかを確認するシステムテストを、事業所側でも行う方がよい。

ウ ソフトウェアハウスで行うテストとして、とにかく最初にシステム全体を完成させて、システムテストを行う方がよい。

エ ブラックボックステストをソフトウェアハウスが行う場合、事業所側は今まで例外処理されていたデータだけをテストデータとして提供する。

情報システムのテストは、一般的に単体テスト、結合テスト、システムテスト、検収テストの順で行われます。ユーザが中心となって行うのは、原則として検収テスト以降です。

 システムテストは、基本的に開発者が行います。しかし、実際の業務を熟知しているのはユーザ側です。そのため、ユーザも参画して最大業務負荷のテストを行うことは有用であると言えます。

 情報システムのテストは、全てのモジュールにおいて開発が完了していなくても、完成したモジュールから順次単体テストを行うことがあります。また、最初にシステムテストを行うという手法は、手戻りのリスクが高くなり、一般的には用いられません。

 ブラックボックステストとは、システムの内部構造とは無関係に、外部から見た機能を検証するというテスト方法です。ブラックボックステストでは、データの入力内容と出力結果だけに着目します。入力データには、正常処理されたものや例外処理されたものなど、様々なパターンを用意します。

品質レビュー 【平成23年 第20問】

 ソフトウェア品質レビュー技法のうち、インスペクションの説明として最も適切なものはどれか。

ア プログラム作成者、進行まとめ役、記録係、説明役、レビュー役を明確に決めて、厳格なレビューを公式に行う。

イ プログラム作成者が他のメンバに問題点を説明して、コメントをもらう。

ウ プログラム作成者とレビュー担当者の2名だけで、作成したプログラムを調べる。

エ プログラムを検査担当者に回覧して、個別にプログラムを調べてレビュー結果を戻してもらう。

インスペクションとは、ソフトウェア開発の各工程で作成された成果物について、検証する作業です。インスペクションでは、各工程の終わりに、関係者が集まって集団で成果物をレビューします。インスペクションは公式なもので、プロジェクト責任者の下で厳密に行います。

  インスペクションは、厳格なレビューを公式に行うことが特徴です。

インスペクションでは、進行まとめ役を明確にし、進行まとめ役にて進められます。プログラム作成者の説明により進めるものではありません。

  インスペクションでは、プログラム作成者、進行まとめ役、記録係、説明役、レビュー役が参加した上で行われます。

 インスペクションは、プログラム作成者、進行まとめ役、記録係、説明役、レビュー役といった役割を明確にした上でレビューを行うものであり、検査担当者に回覧するものではありません。

ホワイトボックステスト、ブラックボックステスト 【平成25年 第19問】

 ソフトウェアのテスト方法には、ホワイトボックステスト、ブラックボックステスト、およびこれらの混合であるグレーボックステストがある。これらのうち、前2者に関する記述として最も適切なものはどれか。

ア ブラックボックステストでは、すべての場合を網羅した組み合わせテストによっても、すべての組み合わせバグを検出できるとは限らない。

イ ブラックボックステストは、システム仕様の視点からのテストである。

ウ ブラックボックステストは、テスト対象が小さい場合にはホワイトボックステストよりも効果が高い。

エ ホワイトボックステストは、主にテスト段階の後期に行う。

ホワイトボックステスト、ブラックボックステストについて、簡単に復習しておきましょう。ホワイトボックステストは、プログラムの内部構造に注目して、プログラムが意図したとおりに動作しているかを確認するテストです。ブラックボックステストは、プログラムの入力と出力に注目して、さまざまな入力に対して、プログラムの仕様どおりの出力が得られるかを確認するテストです。

ブラックボックステストでは、プログラムに対してさまざまな入力を与えて、仕様通りの出力が得られるかをテストします。入力には、正常な入力だけでなく、不正な入力も与えてテストを行います。すべての場合を網羅した組み合わせは膨大になるため、そのようなテストを行うことは実質的には不可能です。 なお、ホワイトボックステストでは、プログラム内部の命令文や条件分岐などの処理をどれだけチェックしたかを重要視します。プログラムの大きさによっては、すべての場合を網羅した組み合わせテストを行います。


ブラックボックステストは、入出力の観点からプログラムが仕様通りに動作するかを確認するテストと言うことができます。

IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)が公表している「ソフトウェア見積もりガイドブック」には、ホワイトボックステストは「テスト対象が小さい場合は効果が高い一方、テスト対象が大きい場合は情報が大きすぎて扱い切れないという問題がある」と記載されています。ホワイトボックステストは、テスト対象が小さい場合には効果が高いとされています。

ホワイトボックステストは、通常、単体テストで行われます。単体テストは、テスト段階の初期にあたります。

回帰テスト、A/Bテスト 【平成30年 第21問】

 中小企業が外注によって情報システムを開発する場合、外注先に任せきりにするのではなく、情報システムのテストに留意するなど、当事者意識を持つ必要がある。 テストに関する記述として最も適切なものはどれか。

ア システム開発の最終段階で、発注者として、そのシステムが実際に運用できるか否かを、人間系も含めて行うテストをベータテストという。

イ ソースコードの開発・追加・修正を終えたソフトウェアが正常に機能する状態にあるかを確認する予備的なテストをアルファテストという。

ウ 対象箇所や操作手順などを事前に定めず、実施者がテスト項目をランダムに選んで実行するテストを A/B テストという。

エ プログラムを変更した際に、その変更によって予想外の影響が現れていないかどうか確認するテストを回帰テストという。

ベータテストとは、ソフトウェアサービスやプログラムなどの、正式版リリース直前の状態のものを、一部のユーザに利用してもらい、機能や使い勝手などを評価してもらうテストのことです。選択肢にあるように、発注者が行うテストではありません。

 アルファテストとは、ソフトウェアサービスやプログラムなどの、開発初期段階の状態のものを、一部のユーザに利用してもらい、機能や使い勝手などを評価してもらうテストのことです。ベータテストの前段階で実施するものであり、大きな不具合や重大な問題が発見されることが多くあります。

 A/Bテストとは、異なるデザインやレイアウトを実際にユーザに提示して、どちらがユーザに支持されるかを確認するテストのことです。主にWebサイトのデザインやレイアウトを最適化する目的で使われており、Webマーケティングの手法の1つでもあります。「実施者がテスト項目をランダムに選んで実行するテスト」では、ありません。

 回帰テストとは、プログラムに修正を加える際に、その修正が、既存のプログラムに悪影響を及ぼさないかどうか、検証するためのテストのことです。リグレッションテストともいいます。

プログラム言語とWeb アプリケーション

問題 1 プログラム言語の概要 【平成19年 第4問】

 次のプログラム言語に関する記述について、空欄A~Dに入る最も適切な用語の組み合わせを下記の解答群から選べ。

 ・アッセンブラ言語は機械語と1対1で対応する( A )言語で、アセンブラ言語で記述したソースプログラムを機械語に翻訳するソフトウェアを( B )という。

 ・Java はインターネットで利用されているオブジェクト指向のプログラム言語で、ソースプログラムをコンパイルした後の中間コードは特定の( C )に依存せずに実行できることが特徴である。

 ・Perl はテキスト処理などに利用される( D )のプログラム言語で、ウェブアプリケーションの作成にも利用される。

[解答群]

A:インタプリタ型

B:コマンドインタプリタ

C:デバイスドライバ

D:組み込み型

A:コンパイラ型

B:コードジェネレータ

C:アプリケーションプログラム

D:組み込み型

A:低水準

B:アセンブラ

C:CPU

D:インタプリタ型

A:低水準

B:コードジェネレータ

C:デバイスドライバ

D:コンパイラ型

アセンブラとは、アセンブラ言語を機械語に翻訳する言語プロセッサです。機械語とアセンブラは、最も原始的なプログラム言語で、低水準言語と呼ばれます。

 Java は、インターネット上のアプリケーションで広く活用されている、オブジェクト指向言語です。Java は、ハードウェアやOS に依存せず、多数の実行環境で動作することが特徴です。

 Perl とは、CGI プログラムの作成で利用されることが多い、インタプリタ言語です。インタプリタとは、プログラムを一行ずつ機械語に翻訳しながら実行する言語プロセッサです。

組み込み型

 組み込み型とは、プログラミング言語の仕様に用意されている、最も基本的なデータ型のことです。言語によって用意されている組み込み型の種類は異なりますが、代表的なものとして文字型(character)や整数型(integer)、浮動小数点数型(floating point number)、論理型(boolean)などが挙げられます。

コマンドインタプリタ

 コマンドインタプリタとは、ユーザが入力したコマンドを解釈・実行するためのプログラムのことです。例として、UNIXのシェルがコマンドインタプリタに該当します。

コードジェネレータ

 コードジェネレータとは、入出力条件や処理条件をパラメータで指定することによって、処理内容ごとのプログラムを最適化して生成する言語プロセッサのことです。

プログラム言語の種類 【平成18年 第4問】

 レガシーシステムへの対処が近年大きな課題となっている。そのための基本的知識として、種々のプログラミング言語の特徴を把握しておく必要がある。

 次のaからdの記述とその記述に該当する言語の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

a 最も古い科学技術計算向き高水準言語である。

b インタプリタ型言語として用いられる。

c UNIXのシステム記述言語である。

d 最も古い事務処理向き高水準言語である。

[言語]

1BASIC   2 C    3 COBOL    4 FORTRAN

[解答群]

ア a-1 b-4 c-3 d-2

イ a-2 b-1 c-4 d-3

ウ a-4 b-1 c-2 d-3

エ a-4 b-2 c-3 d-1

BASIC は、初心者向けのインタプリタ型の言語です。BASIC は、元々はコンピュータ教育用に開発されたものです。

 インタプリタとは、プログラムを一行ずつ機械語に翻訳しながら実行する言語プロセッサです。インタプリタは、プログラムを作成したら、その場ですぐに実行できるのが特徴です。なお、もう1 つの言語プロセッサであるコンパイラは、プログラムを作成した後に、一旦機械語に翻訳してから実行する必要があります。

C 言語は、ISO やJIS でも標準として採用されている、広く普及している手続き型言語です。C 言語は、古くから多くのアプリケーションの開発に用いられています。UNIXもC 言語で記述されています。

COBOL は、古くからメインフレームで事務処理用に使われています。

FORTRAN は、最も古い(史上初めての)高水準言語です。FORTRAN は、科学技術計算に向いています。

プログラム言語の種類 【平成20年 第6問】

 インターネットで用いられるプログラム言語の処理形態に関する以下の記述について、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

 a HTMLで記述されたプログラムはWebサーバ上で処理され、その結果がインターネットを経由してクライアントパソコン上に送り届けられる。

 b JavaScript の記述を含むプログラムは、そのままインターネットを経由してクライアントパソコン上に送り届けられる。

 c Java アプレットで記述されたプログラムは、機械語にコンパイルされてWeb サーバ内に格納されている。クライアントパソコンからリクエストがあった場合、機械語のプログラムがインターネットを経由してクライアントパソコン上に送り届けられる。

 d PHP によりデータベースサーバヘの検索要求が記述されたプログラムでは、検索引数を取得後、Webサーバ内にあるプログラムの実行によりデータベースサーバに対して問い合わせが行われ、その結果がインターネットを経由してクライアントパソコン上に送り届けられる。

〔解答群〕

ア aとb 

イ aとc 

ウ bとd 

エ cとd

HTML(HyperText Markup Language)は、Web ページを記述する言語です。Web ブラウザは、Web サーバにあるHTML 文書を読み込み、それを画面上に変換して表示します。Webサーバは、クライアントのWeb ブラウザからの要求に応えて、HTML 文書を送信するのみで、処理は行いません。このことから、HTML だけで記述されたWeb ページは静的ページと呼ばれます。

 JavaScript で記述されたプログラムは、クライアントサイドアプリケーションとなります。クライアントサイドアプリケーションとは、クライアントであるWeb ブラウザでプログラムを実行する形態です。そのため、サーバ上では処理されず、そのままインターネットを経由してクライアントパソコン上に送り届けられます。

 Java アプレットは、Java 言語で作成したプログラムを、Web ブラウザで実行するものです。Web ページを表示する際に、Web サーバ上からJava アプレットがダウンロードされ、ブラウザ上で実行されます。Java アプレットは、機械語にコンパイルされたプログラムではないです。

 PHP とは、動的サービスを作成するためのプログラミング言語です。

 PHP プログラムにおいて、データベースサーバへのアクセス要求が発生すると、PHP プログラムが格納されているWeb サーバから、データベースサーバへの問い合わせが行われます。データベースサーバから返された結果は、インターネットを経由してクライアントPC に届けられます。

HTML 【平成21年 第4問

 さまざまな業種においてeビジネスとのかかわりが求められている。自社製品の告知などのためにWeb サーバの運用を行うことがeビジネスの第一歩であり、そのためには情報発信に利用するHTML の特徴に注意を払う必要がある。HTML に関する記述として最も適切なものはどれか。

ア HTML ではタグと呼ばれる形式で各種の指示を文書中に埋め込むので、指示の開始と終了を記述する必要がある。

イ HTML で指定できる文字の色数は256 種類である。

ウ HTML にはリンク機能があり、アンカーによって示された文字や画像をマウスでクリックして、異なったページを表示させることができる。

エ HTML には表やグラフの表示機能がないので、スクリプト言語を併用して表示させたり、他のソフトウェアを使用して作成した表やグラフを画像データに変換して表示させたりする必要がある。

HTML はマークアップ言語の1 つです。マークアップ言語では、元の文章と一緒に、「タグ」という文字列を記述することで、文章の構造や見た目を指定することができます。

 HTML では、基本的には開始タグと終了タグを記述します。しかし、「改行」を示す<br>のように、終了タグを記述しなくてもよいタグも存在します。

 HTML では、色の指定を16 進法で行うことができ、約1,670 万色の色を指定することができます。

 HTML では、<a>タグを記述することで、リンクの機能を設けることが可能です。

HTML では、スクリプト言語を併用しなくても、タグにより表を表示させることが可能です。

プログラム言語(インターネット) 【平成23年 第3問】

 近年、情報システムの開発には多様な言語が用いられるようになってきた。それらを適切に使い分けるためには、各言語の特徴を把握しておく必要がある。言語に関する説明として最も適切なものはどれか。

ア COBOL は科学技術計算のために開発された手続き型プログラミング言語である。

イ HTML はWWW で使用されるハイパーテキストを記述するための言語で、SGML の元となっている言語である。

ウ Java はUNIX 用のテキスト処理用言語として開発されたインタプリタ型言語である。

エ XML はネットワーク上でデータ交換に使用される言語で、近年ではデータベースの開発にも利用されている。

COBOL は、手続き型言語の1 つです。COBOL は、事務処理用に広く使われており、古くからメインフレームで利用されているのが特徴です。科学技術計算のために開発された手続き型プログラミング言語は、FORTRAN になります。

 HTML は、WWW で使用されるハイパーテキストを記述するための言語です。HTML は、SGMLを元にして作られた言語です。

 Java は、バイトコードと呼ばれる中間言語と、そのバイトコードを読み込み実行するJavaVM という環境により動作します。UNIX 用のテキスト処理用言語として開発されたインタプリタ型言語とは、Perl のことになります。

 XML(Extensible Markup Language)は、独自のタグを定義することができるマークアップ言語です。また、言語を定義できることから、メタ言語の1 つと位置づけられます。

 XML は、タグを自由に定義できるという特徴を生かして、異なるアプリケーション間でのデータ交換に多く利用されます。

WEBサイトの開発 【平成27年 第2問】

 自社のWeb サイトの開発にあたっては、利用可能な様々な言語や仕組みがあり、Webコンテンツごとに必要な機能や表現に合ったものを使用する必要がある。

 これらの言語や仕組みの特徴に関する以下の①~④の記述と、その名称の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

① Webページに記述された文書・データの表示位置の指示や表の定義、および、文字修飾指示等の表示方法に関する事項を記述するもの。

② Webページ内でHTMLとともに記述することができるスクリプト言語で、サーバ側においてスクリプトを処理し、その結果を端末側で表示することが可能であり、データベースとの連携も容易である。

③ Webページの中に実行可能なコマンドを埋め込み、それをサーバ側で実行させ、実行結 果を端末側で表示させる仕組み。

④ コンピュータグラフィックスに関する図形、画像データを扱うベクターイメージデータをXMLの規格に従って記述するもの。

[解答群]

ア ①:CSS   ②:ASP        ③:PHP   ④:SGML

イ ①:CSS   ②:PHP       ③:SSI   ④:SVG

ウ ①:SMIL   ②:Javaアプレット  ③:ASP   ④:SSI

エ ①:SVG   ②:SMIL       ③:PHP   ④:SGML

 Webページに記述された文書・データの表示位置の指示や表の定義、および、文字修飾指示等の表示方法に関する事項を記述するものは、CSS(Cascading Style Sheets:カスケーディング・スタイル・シート)です。HTMLを使ってWEBサイトを開発する際には、見た目の書式に関する様々なタグを使用します。例えば、文字の色や大きさ、枠、背景などをタグで指定することにより、書式を指定します。ただ、毎回同じようなタグを繰り返し使用する必要があるため、HTMLのプログラムが煩雑になりがちです。こういったときは、CSSを使うと便利です。CSSでは、よく使う書式などのデザインの組み合わせをあらかじめCSSファイルで定義しておくことができるからです。

 Webページ内でHTMLとともに記述することができるスクリプト言語で、サーバ側においてスクリプトを処理し、その結果を端末側で表示することが可能であり、データベースとの連携も容易であるものは、PHP(Hypertext Preprocessor)です。PHPは、動的サービスを作成するためのプログラミング言語で、データベースを操作する命令があらかじめ組み込まれているのが特徴です。PHPプログラムを実行する際にデータベースサーバへのアクセス要求が発生すると、PHPプログラムが格納されているWebサーバからデータベースサーバへの問い合わせが行われます。PHPによりデータベースサーバへの検索要求が記述されたプログラムでは、検索引数を取得後、Webサーバ内にあるプログラムの実行によりデータベースサーバに対して問い合わせが行われ、その結果がインターネットを経由してクライアントPC上に送り届けられます。

 Webページの中に実行可能なコマンドを埋め込み、それをサーバ側で実行させ、実行結果を端末側で表示させる仕組みは、SSI(Server Side Include)です。SSI は、HTMLの中にWebサーバ側で実行するコマンドを埋め込んでおき、その実行結果をクライアントサーバに返します。

 コンピュータグラフィックスに関する図形、画像データを扱うベクターイメージデータをXMLの規格に従って記述するものは、SVG(Scalable Vector Graphics)です。SVGは、XMLをベースとした、2次元ベクターイメージ用の画像形式です。ビットマップのような走査線の集まりで表現するラスタ形式と異なり、SVGはベクターイメージであるため、拡大や縮小をしても画面表示上の描写の劣化が起きません。

 WEBサービス、SAAS 【平成22年 第11問】

 近年、インターネットを介して多様な情報システムサービスが提供されるようになった。代表的なネットワークサービスに関する記述として最も適切なものはどれか。

ア インターネット上のどこかにある販売管理向けソフトウェアを利用し、自社ではそのソフトウェアを持たない仕組みはASP である。

イ 業務用のアプリケーションソフトウェアパッケージを、インターネットを介して顧客がダウンロードして利用するサービスはサース(SaaS)である。

ウ メッセージ交換をXML で行い、通信はSOAP のデータおよび命令交換ルールに従って行う仕組みはWeb サービスである。

エ ユーザの要求に応じてネットワーク設備を割り当てるサービスはパース(PaaS)である。

ASP(Application Service Provider)とは、アプリケーションソフトの機能を、ネットワーク経由で顧客に提供する事業者、もしくはサービスのことです。ASP は、事業者が管理するソフトウェアを利用するもので、所在が不明な環境ではありません。

 SaaS(Software as a Service)は、ユーザがソフトウェアをサービスとして利用できるようにしたものです。SaaS では、ユーザが必要な機能のみを選択して、インターネットを介してソフトウェアを利用します。

 Web サービスは、インターネットに分散したアプリケーション同士を連携するための仕組みです。Web サービスは、XML、SOAP、WSDL、UDDI の4 つの技術で構成されています。

 XML は、アプリケーション間でデータをやり取りする際に使用される言語です。SOAP(Simple Object Access Protocol)は、アプリケーション間の通信を行うためのプロトコルです。

 なお、WSDL(Web Services Description Language)は、Web サービスのインタフェースを記述したものです。また、UDDI(Universal Description Discovery and Integration)は、Web サービスを検索するためのシステムです。

 PaaS(Platform as a Service)は、ソフトウェアを構築・稼働させるためのプラットフォームを、インターネット経由で提供するサービスです。ユーザの要求に応じてネットワーク設備を割り当てるサービスは、IaaS(Infrastructure as a Service)のことです。

WEBサービスの開発手法 【令和元年 第5問】

 Webサービス開発では、従来のシステム開発とは異なる手法を採用することで、開発の迅速化やコストを低減することができる。

 そのような開発手法の1つであるマッシュアップに関する記述として、最も適切なものはどれか。

  1. 開発対象のシステムを分割し、短期間に計画・分析・プログラミング・テストなどを繰り返して実施する方法である。
  2. 既存ソフトウェアの動作を解析することで、プログラムの仕様やソースコードを導き出す方法である。
  3. 公開されている複数のWebサービスを組み合わせることで新しいサービスを提供する方法である。
  4. 部品として開発されたプログラムを組み合わせてプログラムを開発する方法である。

インクリメンタルモデルでは、はじめにシステム全体の要件定義を行います。その後、開発対象のシステムをいくつかのサブシステムに分割し、短期間に計画~テストまでを繰り返して実施する手法になります。

リバースエンジニアリングとは、既存のソフトウェアやハードウェア製品の動作や構造などを分析し、プログラムの仕様やソースコード、製造方法や構成部品などの技術情報を導きだす手法のことです。

マッシュアップの説明で元々は音楽用語であり、複数の曲から、それぞれトラックの一部を取り出し、それらを重ねて再生して1つの楽曲に仕上げる手法のことです。それが転じて、IT分野においては、Web上に公開されている複数のWebサービスや情報などを組み合わせることで新しいサービスを提供する方法を指すようになりました。

SOA(Service Oriented Architecture:サービス指向アーキテクチャ)は、アプリケーションを部品化して、それらを組み合わせることでシステムを構成するアーキテクチャ(設計思想)や方法のことです。

WEB環境におけるソフトウェア開発 【平成30年 第6問】
Web 環境におけるソフトウェア開発においては、開発目的に応じて利用可能なさまざまなプログラミング言語などを組み合わせて実現していくことが必要になる。以下の①~④の記述と、それらに対応するプログラミング言語などの組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

① HTML ファイルの中で記述され、動的な Web ページを作成することができる。

② データベースと連携した Web ページを作成することができる。

③ Web サーバと非同期通信を行うことで、Web ページの一部分のみのデータ内容を動的に更新することができる技術である。

④ Web ページのフォントや文字の大きさ、行間、表示位置の指示など、表示方法に関する事項を定義するために利用する

[解答群]

ア ①:Java ②:jQuery ③:Perl ④:CSS

イ ①:Java ②:PHP ③:Perl ④:XSL

ウ ①:JavaScript ②:jQuery ③:Ajax ④:XSL

エ ①:JavaScript ②:PHP ③:Ajax ④:CSS

 HTML言語とともに記述し、動的なWebページを作成できる言語は、JavaScriptです。JavaScriptは、Webページに動きや機能を埋め込むためのスクリプト言語です。JavaScriptを使うことにより、Webページ上のボタンの動作や、入力チェック、画像の表示などを制御することができます。

 データベースとの連携が容易で、サーバ側で処理したスクリプトの結果を端末側のWebページで表示させることができるのは、PHP(Hypertext Preprocessor)です。PHPは、動的サービスを作成するためのプログラミング言語で、データベースを操作する命令があらかじめ組み込まれているのが特徴です。

 WebサーバとWebブラウザ間において、非同期通信を行う技術は、Ajaxです。Ajaxを利用することにより、Webブラウザに表示される画面の一部のみ、動的に再描画することができます。また、Ajaxでは、非同期通信において、XML形式のデータが用いられます。

 Webページに記述された文書・データの表示位置の指示や表の定義、および、文字修飾指示等の表示方法に関する事項を記述するものは、CSS(Cascading Style Sheets:カスケーディング・スタイル・シート)です。HTMLを使ってWEBサイトを開発する際には、見た目の書式に関する様々なタグを使用します。例えば、文字の色や大きさ、枠、背景などをタグで指定することにより、書式を指定します。ただ、毎回同じようなタグを繰り返し使用する必要があるため、HTMLのプログラムが煩雑になりがちです。こういったときは、CSSを使うことにより、よく使う書式などのデザインの組み合わせをあらかじめCSSファイルとして定義することができます。

消費者行動と需要曲線

問題 1 無差別曲線と完全補完財 【平成23年 第16問】

 以下のア~エの4つの図は、ある個人の財Xと財Yに対する無差別曲線を描き出したものである。これらのうち、財Xと財Yとが完全補完財であることを示す図として最も適切なものはどれか。

 補完財とは、片方の財の価格が上昇した時に、もう一方の財の消費量が減少するような財です。例えば、パンとジャム、米とふりかけなどは補完財の関係にあります。これらの補完財は、一緒に消費される関係にあるため、一方の財の価格が上がると、その財の消費量と共に、もう一方の財の消費量も低下します。

 完全補完財とは、一方の財が、もう一方にある財と一定の比率で一緒に消費される財のことです。例えば、左足用の靴と、右足用の靴のように、常に一緒に消費されるものが、完全補完財の関係に近くなります。

 完全補完財は、一定の比率で一緒に消費される財であることから、無差別曲線の形状はL 字型になります。

 選択肢アは、右下がりの直線となっています。これは、完全代替財における無差別曲線の形状です。

 代替財とは、片方の財の価格が上昇した時に、もう一方の財の消費量が増加するような財です。例えば、パンと米や、車と鉄道などは代替財の関係にあります。これらの代替財は、互いが代わりになる関係にあるため、一方の財の価格が上がると、他の財に消費が代替されるようになります。そのため、無差別曲線の形状は右下がりになります。

 代替財のうち、一方の財を、もう一方にある財で完全に代替できる財を、「完全代替財」と呼びます。例えば、違うガソリンスタンドのガソリンは、完全代替財の関係に近くなります。

 選択肢イは、原点に凸の曲線となっています。これは、一般的な財における無差別曲線の形状です。このような無差別曲線では、2 つの財のうち片方の消費を減らしても、もう一方を増やせば効用水準を一定に保つことができます。また、2 つの財を一緒に消費した方がより効用が高くなることを表します。

 選択肢ウは、原点に凹の曲線となっています。このような無差別曲線では、2 つの財のうち片方の消費を減らしても、もう一方を増やせば効用水準を一定に保つことができます。

 また、2 つの財を一緒に消費すると効用が低くなることを表します。

予算制約線と無差別曲線 【平成28年 第15問】

 ある個人が限られた所得を有しており、財X1と財X2 を購入することができる。下図には、同一の所得にもとづいて、実線の予算制約線Aと破線の予算制約線Bとが描かれている。また、予算制約線Aと点Eで接する無差別曲線と、予算制約線Bと点Fで接する無差別曲線も描かれている。下図に関する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

[解答群]

ア 等しい所得の下で予算制約線が描かれているので、点Eと点Fから得られる効用水準は等しい。

イ 予算制約線Aと予算制約線Bを比較すると、予算制約線Bの方が、財X2の価格が高いことを示している。

ウ 予算制約線Aと予算制約線Bを比較すると、予算制約線Bの方が、実質所得が高いことを示している。

エ 予算制約線Aと予算制約線Bを比較すると、両財の相対価格が異なることが示されている。

予算の制約を表したグラフを、予算制約線と呼びます。無差別曲線は、消費者の同じ効用を表す2つの財の消費量の組み合わせを表します。原点に対して凸の右下がりの無差別曲線の場合、グラフの右上方ほど効用は高くなります。

 消費者は、予算の制約内で最大の効用が得られる消費量を選択します。この最大の効用が得られる消費量の組み合わせを表す点を、最適消費点といいます。原点に対して凸の右下がりの無差別曲線の場合、最適消費点は、予算制約線の上のどこかの点であり、かつ無差別曲線と接した点になっています。

 選択肢アでは、点Eと点Fから得られる効用水準について述べられています。グラフを見てみると、点Eは点Fよりも右上方にありますので、点Eから得られる効用水準の方が点Fから得られる効用水準より高いことがわかります。点Eでは、点Fと比べて、財X1も財X2も消費する量は大きいので、効用水準は高くなります。点Eと点Fから得られる効用水準は等しいのではありません。

 選択肢イでは、財X2の価格について述べられています。予算制約線の縦軸切片は、所得すべてを費やしたとき財X2を購入することができる数量を表しています。これは、所得を財X2の価格で割って求めることができます。グラフを見ると、予算制約線Aと予算制約線Bの縦軸切片は同じですから、所得すべてを費やしたとき財X2を購入することができる数量も、財X2の価格も同じであることがわかります。予算制約線Bの方が、財X2の価格が高いのではありません。

 選択肢ウでは、実質所得について述べられています。予算制約線の横軸切片は、所得すべてを費やしたとき財X1を購入することができる数量を表しています。グラフを見ると、予算制約線Aと予算制約線Bを比較すると、予算制約線Bの方が、横軸切片の数量は小さいことがわかります。ということは、予算制約線Bの方が財X1の価格は高いことになります。実質所得は名目所得を価格で割って求めることができます。名目所得は同一ですから、価格について高い予算制約線Bの方が実質所得は低いことになります。予算制約線Bの方が、実質所得が高いのではありません。なお、予算制約線と縦軸と横軸が囲むエリアは消費可能領域と呼ばれますが、予算制約線Aと予算制約線Bを比較すると、予算制約線Bの方が消費可能領域は小さいので、予算制約線Bの方が実質所得は低いことが確かめられます。

 選択肢エでは、相対価格について述べられています。相対価格とは2つの財の価格の比で表されます。予算制約線Aと予算制約線Bを比較すると、財X2の価格は同じですが、予算制約線Bの方が財X1の価格は高いことから、両財の相対価格は異なることがわかります。

予算制約線と効用 【平成21年 第20問】

 ある合理的な消費者がX財とY財を消費するとしよう。X財とY財は、ともに正常財である。ある価格の組み合わせのもと、下図では予算制約式Aが表わされている。一方、別の価格の組み合わせで予算制約式Bが表されている。予算制約式Aにおいて、この消費者は最も高い効用をもたらす点としてc点を選んだ。この消費者にc点より高い効用を与える可能性のあるX財とY財の消費量の組み合わせを表す点はどれか。最も適切なものを下記の解答群から選べ。

[解答群]

ア a点

イ b点

ウ d点

エ e点

予算の制約を表したグラフを、予算制約線と呼びます。

 消費者は、予算の制約内で最大の効用が得られる消費量を選択します。この最大の効用が得られる消費量の組み合わせを表す点を、最適消費点といいます。原点に対して凸の右下がりの無差別曲線の場合、最適消費点は、予算制約線の上のどこかの点であり、かつ無差別曲線と接した点になっています。

 本問では、予算制約式Aにおける最適消費点がc点となっています。つまり、予算制約式A上にある、c点以外のa点、d点は最適消費点ではない、最大の効用を得られない点ということになります。

 また、b点は、予算制約線Aより内側にあるため、予算制約線A上にあるc点よりも得られる効用は低くなります。

 従って、c点より高い効用を与える可能性のあるX財とY財の消費量の組み合わせを表す点は、残りのe点となります。

 なお、本問では無差別曲線の性質に従って考えることも可能です。

 最適消費点においては、無差別曲線と予算制約線が接しています。また、一般的な無差別曲線の形状は、右下がりで原点に凸となります。右下がりの無差別曲線の場合、財の消費量を増やし右上にある無差別曲線ほど、効用が高くなります。

 c点に接する無差別曲線を描いた場合、e点のみが右上に位置します。このことからも、e点がc点より高い効用を与える可能性のある、X財とY財の消費量の組み合わせを表す点であることがわかります。

効用最大化 【平成27年 第14問】

 いま、2つの財、財X1と財X2を消費可能な個人の効用最大化行動を考える。当該の個人は、所得80を有し、財X1の価格は2、財X2の価格は4という条件のもとで、効用が最大になるよう財X1の消費量x1と財X2の消費量x2とを組み合わせることができる。この個人の効用関数はU = x1x2と与えられており、合理的な当該個人は、x1 = 20、x2 = 10という組み合わせを選択することが分かっている。下図では、縦軸の切片a と横軸の切片bとを結ぶ予算制約線と無差別曲線Uの接点として、効用最大化の行動が図示されている。

 この状況を説明する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

[解答群]

ア この個人は、所得80の使い道として、x1 = 20、x2 =10以外の組み合わせを選択することで効用を一層高める余地が残されている。

イ 財X2の消費量がゼロならば、財X1を30 消費することで所得80を使い切ることができる。

ウ 縦軸の切片aの値は、財X1の価格に応じて変化する。

エ 無差別曲線U上の財の組み合わせ(x1,x2)では、いずれも効用水準が200で一定である。

x1 = 20、x2 =10の組み合わせのとき、この個人の効用は最大になるので、所得80の使い道として、x1 = 20、x2 =10以外の組み合わせを選択することで効用を一層高める余地はありません。

財X2の消費量がゼロならば、財X1を30 消費しても所得80を使い切ることができません。「価格2 × 30= 60」となり、20所得が余ることになります。


縦軸の切片a の値は、財X2の価格に応じて変化します。財X1の価格に応じて変化するのではありません。

需要の価格弾力性 【平成19年 第12問】

高齢化社会を迎え、医療機関が提供する医療サービスに対する価格水準についての議論が行われるようになっている。以下の記述について、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

a 生死にかかわるような重要な症状の場合、医療サービスへの需要の価格弾力性は低い。

b 生死にかかわらない症状で、自然治癒などの代替的治療法が複数ある場合、医療サービスへの需要の価格弾力性は低い。

c 公的保険制度が充実して患者自己負担が少ない場合、医療サービスへの需要の価格弾力性は低い。

d 公的保険制度が貧弱で患者自己負担が高い場合、医療サービスへの需要の価格弾力性は低い。

[解答群]

ア aとc 

イ aとd 

ウ bとc 

エ bとd

需要の価格弾力性は、価格を1%上昇させた時に、需要量が何%変化するかを表します。

需要の価格弾力性が高いか低いかを判定するには、価格を少し変化させた時に、需要量がどうなるかを考えるのが分かりやすくなります。例えば、対象の財を「1割値下げ」か「1 割値上げ」した時、需要が大きく増加しそうであれば価格弾力性は「高い」、需要があまり変わらないようであれば、価格弾力性は「低い」ということになります。

  需要の価格弾力性に似た言葉として、「需要の所得弾力性」があります。需要の所得弾力性とは、所得が1%上昇した時に、需要量が何%変化するかを表す概念です。

 また、所得が増えたときに需要が増える財(所得弾力性が0 以上)を「上級財」、所得が増えたときに需要が減る財(所得弾力性が0 未満)を「下級財」と呼びます。

需要の価格弾力性と生産者の総収入 【平成28年 第13問】

 下図では、需要の価格弾力性が1より小さい農産物の需要曲線Dが実線で描かれている。また、当該農産物の供給曲線は破線で描かれており、好天に恵まれるなどの外生的な理由によって、供給曲線が当初のS0からS1へシフトしたものとする。この図に関する説明として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

[解答群]

ア 供給曲線の右へのシフトは、価格の低下による需要量の増加はあるものの、生産者の総収入を減少させる。

イ 供給曲線の右へのシフトは、価格の低下による需要量の増加を通じて、生産者の総収入を増加させる。

ウ 供給曲線の右へのシフトは、価格を低下させるものの、需要量には影響を与えない。

エ 供給曲線の右へのシフトは、価格を低下させるものの、生産者の総収入には影響を与えない。

生産者の総収入は、消費者の支出額であること、支出額は「価格 × 需要量」で表されることを理解しておくことが重要です。

 需要の価格弾力性は、価格を1%上昇させた時に、需要量が何%変化するかを表します。

価格に需要量をかけたものを、需要額といいます。この需要額は、消費者から見ると支出額ですが、生産者から見ると総収入になります。価格変化と需要量の関係は、次の表のようになります。

 供給曲線が当初のS0からS1へシフトすると、価格は低下し、需要量は増加します。農産物の需要曲線Dのように需要の価格弾力性が1より小さい場合、供給曲線が当初のS0からS1へシフトすると、価格は大きく低下するのに対して、需要量はあまり大きく増加しません。

次のグラフのように、供給曲線が当初のS0の場合の生産者の総収入は青色の斜線部分で表されます。供給曲線がS1へシフトの場合の生産者の総収入は赤色の斜線部分で表されます。青色の斜線部分と赤色の斜線部分の面積を比べると、赤色の斜線部分の面積は小さいことがわかります。

 よって、供給曲線の右へのシフトは、価格の低下による需要量の増加はあるものの、生産者の総収入を減少させることになります。

 線形の需要の価格弾力性 【平成25年 第15問】

いま、下図のような線形の需要曲線AB を考える。需要曲線AB上の点L は、線分OMと線分MBの長さが等しくなるような線分ABの中点である。需要曲線AB上の点Kは、点L より左に位置している。

需要曲線の価格弾力性εの絶対値| ε | は、価格をp、数量をxとし、価格が微少にΔpだけ増加したときの数量の微少な変化分をΔxとすれば

と書き表すことができる。この需要曲線に関する説明として、最も不適切なものを下記の解答群から選べ。

[解答群]

ア 点Kにおけるは、線分ODの長さを線分ACの長さで除した値と等しい。

イ 点Kにおけるは、線分OCの長さを線分ODの長さで除した値と等しい。

ウ 点Kの需要の価格弾力性は、線分BD の長さを線分ODの長さで除すことで求められる。

エ 点Lの需要の価格弾力性は1より大きい。

需要曲線が右下がりの直線である場合、需要曲線上の点の位置によって、需要の価格弾力性の値は異なります。

 価格をP、需要量をxとすると、需要の価格弾力性εは、次のように表されます。

需要曲線が右下がりの直線である場合、この計算結果はマイナスの値になるので、プラスの値で表すために、問題文では、需要曲線の価格弾力性εの絶対値|ε|で示しています。すると、次のようになります。

選択肢アでは、「 」について述べられています。点Aから点Kへ変化した場合を考えてみましょう。点Aでは需要量xは0で、点Kでは需要量は線分ODの長さで表されます。すると、需要量の変化分Δxは線分ODの長さで表されます。また、点Aでは価格pは線分OAの長さで、点Kでは価格は線分DKの長さで表されます。この線分DKの長さは線分OCの長さと同じです。すると、価格の変化分Δpは線分ACの長さで表されます。よって、「」と表されるので、「」は、線分ODの長さを線分ACの長さで除した値と等しくなります。

選択肢イでは、「 」について述べられています。点Kにおける価格Pは線分DKで表されます。この線分DKの長さは線分OCの長さと同じです。点Kにおける需要量は線分ODで表されます。よって、と表されるので、点Kにおける「」は、線分OCの長さを線分ODの長さで除した値と等しくなります。

需要の価格弾力性εは、と表されますので、 を乗じたものになります。選択肢アより、「」でした。

この「 」は、∠CAKを表します。需要曲線は右下がりの直線ですので、「∠CAK = ∠DKB」となります。

すると、三角形DKBにおいて、「」ですので、「」となります。

また、選択肢イより、「」でした。この線分OCの長さは線分KDの長さと同じなので、となります。

よって、と表されるので、点Kの需要の価格弾力性は、線分BD の長さを線分ODの長さで除すことで求められことになります。

点Lの需要の価格弾力性は、線分BMの長さを線分OMの長さで除すことによって求められることになります。点Lは需要曲線AB上の中点ですので、点Mは線分OBの中点となります。すると、線分BMの長さと線分OMの長さは同じとなりますので、線分BMの長さを線分OMの長さで除すと「1」になります。よって、点Lの需要の価格弾力性は1より大きいことにはなりません。

需要曲線が右下がりの直線である場合、需要量が増加すればするほど需要の価格弾力性の値は小さくなり、需要量が減少すればするほど需要の価格弾力性の値は大きくなります。需要曲線の中点における需要の価格弾力性は1となります。なぜなら、需要の価格弾力性を求める計算式「」において、右下がりの需要曲線の場合、「」は一定ですが、「 」は需要曲線の位置によって変化し、需要量が増加すればするほど、小さい値になるからです。需要曲線が右下がりの直線である場合、需要曲線の中点における需要の価格弾力性は1となることをしっかり覚えておきましょう。

このことを知らなくても、問題の記述や選択肢アから順に検討していくと、需要曲線が右下がりの直線である場合の需要の価格弾力性の図の上での求め方が理解できるように導かれていますが、知っておくと、あっという間に正解を導くことができます。

需要の価格弾力性 【平成30年 第12問】

 下図でDA とDB は、それぞれ商品Aと商品Bの需要曲線である。このとき、商品Aと商品Bの需要の価格弾力性に関する記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

a 価格がP0 から下がると、商品Aの需要の価格弾力性は大きくなる。

b 価格がP0 から上がると、商品Bの需要の価格弾力性は大きくなる。

c 点Eでは、商品Aの需要の価格弾力性は商品Bの需要の価格弾力性よりも大きい。

d 点Eでは、商品Aの需要の価格弾力性は商品Bの需要の価格弾力性よりも小さい。

〔解答群〕

ア aとc

イ aとd

ウ bとc

エ bとd

需要の価格弾力性 = -需要量の変化率(%)
価格の変化率(%)

 価格の弾力性を見るために以下のグラフを確認します。

 仮に、点A、点Bから価格が1%低下したとしましょう。点Aの価格であるPaは点Bの価格であるPbよりも高いため、1%の変化額は、PaPa’>PbPb’となります。需要曲線の傾きは一定ですから、QaとQbの需要量変化はQaQa’>QbQb’となることがわかります。また、Qa < qbであるので、qaからqa’の変化率はqbからqb’の変化率よりも大きいことがわかります。

 以上より、需要の価格弾力性の式の分母は1%の変化ですが、分子の需要量の変化率がより大きい点Aがより高い価格弾力性を示すことになります。したがって、選択肢aは不適切で、選択肢bは適切です。

 商品Aと商品Bの需要曲線の傾きの逆数の絶対値が価格弾力性を示すものです。DAの傾きは約-1でDBの傾きは約-0.5です。それぞれを逆数にすると、DAの傾きの逆数は約-1、DBの傾きの逆数は約-2となります。更に、それぞれを絶対値にすると、DAは約1、DBは2となります。従って、商品Aの価格弾力性は商品Bの価格弾力性よりも小さくなります。

需要の価格弾力性と為替レート 【平成20年 第12問】(設問1)

 原油価格の高騰が起きれば、ガソリンスタンドはガソリン価格の引き上げを余儀なくされる。一方で、ガソリン価格の高騰は買い控えなどによる顧客離れを引き起こしかねない。そこで、ガソリンスタンドでは価格をどのような水準に設定するかが重要となる。この点を踏まえて、下記の設問に答えよ。

(設問1)

 ドル建ての原油価格が上昇しても、ガソリンの円建ての小売価格への影響を小さくする要因の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

a 円高

b 円安

c 低い需要の価格弾力性

d 高い需要の価格弾力性

[解答群]

ア aとc

イ aとd

ウ bとc

エ bとd

需要の価格弾力性と為替レート 【平成20年 第12問】(設問2)

 原油価格の高騰が起きれば、ガソリンスタンドはガソリン価格の引き上げを余儀なくされる。一方で、ガソリン価格の高騰は買い控えなどによる顧客離れを引き起こしかねない。そこで、ガソリンスタンドでは価格をどのような水準に設定するかが重要となる。この点を踏まえて、下記の設問に答えよ。

(設問2)

 あるガソリンスタンドが、周りの競合店よりも極端に低い価格を付け、競合店を市場から排除した後に独占的な地位を得ようとする可能性が指摘できる。このような価格戦略を表す言葉として最も適切なものはどれか。

ア 限界価格設定

イ フルコスト・プライシング

ウ ラムゼイ価格

エ 略奪的価格設定

 「フルコスト・プライシング」とは、価格の設定において、全ての費用を回収できるような水準に設定することです。

「ラムゼイ価格」とは、企業の利潤がゼロとなる、すなわち収入と費用が等しくなる条件のもとで、総余剰を最大化するような価格設定を行うことです。

「略奪的価格設定」とは、一定期間ライバルよりも極端に低い価格を付け、ライバルを市場から排除した後に独占的な地位を得ようとする価格設定です。

ギッフェン財 【平成23年 第19問】

 ギッフェン財の特徴として最も適切なものはどれか。なお、当該財の価格が下落した場合を想定する。

ア ギッフェン財は下級財であり、代替効果に伴う消費の増加分が所得効果に伴う消費の減少分を下回る。

イ ギッフェン財は下級財であり、代替効果に伴う消費の減少分が所得効果に伴う消費の増加分を上回る。

ウ ギッフェン財は上級財であり、代替効果と所得効果によって消費の増加が生じる。

エ ギッフェン財は上級財であり、代替効果に伴う消費の増加分が所得効果に伴う消費の減少分を下回る。

ギッフェン財とは、価格が下がった時に、消費量も下がるような財のことです。

 財の種類には、上級財と下級財があります。下級財では、財の価格が下がったとき、代替効果はプラスになりますが、所得効果はマイナスになります。ギッフェン財は、代替効果よりも所得効果の方が大きいことにより、合計の消費量が減少するような財になります。

 以上より、ギッフェン財であるための条件は、下級財かつ、代替効果よりも所得効果の方が大きいことです。

代替効果と所得効果 【平成28年 第16問】

 いま、ある合理的個人が、限られた所得の下で2つの財(X,Y)を需要する状況を考える。2つの財の需要量は、それぞれDXおよびDYと表記し、財Xの価格をPXと表記する。  下図は、予算制約線1と無差別曲線1が点Aで接する状況から、他の条件を一定としてPXのみが下落し、予算制約線2と無差別曲線2が点Bで接する状況へと変化した様子を描いたものである。この図に関する記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

a 財Yの価格を一定としてPXが下落したとき、代替効果でDXが増加した。同時に、PXの下落は、所得効果によってDXを減少させた。上図では、代替効果よりも所得効果が大きいため、財Xはギッフェン財の性質を示している。

b 財Yの価格を一定としてPXが下落したとき、代替効果でDXが増加した。同時に、PXの下落は、所得効果によってもDXを増加させた。上図では、代替効果と所得効果がともにDXを増加させていることから、財Xはギッフェン財の性質を示している。

c 財Yの価格を一定としてPXが下落したとき、DYが増加した。これは、財Yが財Xの粗代替財であることを示している。

d 財Yの価格を一定としてPXが下落したとき、DYが増加した。これは、財Yが財Xの粗補完財であることを示している。

[解答群]

ア aとc

イ aとd

ウ bとc

エ bとd

 グラフを見ると、財Yの価格を一定としてPXが下落したとき、財Xの消費量は減少していますので、財Xはギッフェン財であることがわかります。

 予算制約線2に平行で、無差別曲線1に接する補助線をひき、無差別曲線1に接する点をBとすると、次の図のようになります。点Aから点Bへの変化は、財Xの価格が下落したことにより財Xの価格が財Yに比べて相対的に安くなったことによる代替効果を表します。代替効果により、相対的に安くなった財Xの消費量DXは増加します。

 財Xの価格が下落すると、実質所得は増加します。グラフにおける点Bから点Cへの変化は実質所得が増加したことによる所得効果を表します。グラフにおける点Bから点Cへの変化を見ると、財Xの消費量は減少しています。実質所得が増加したとき消費量が減少していますので財Xは下級財であることがわかます。

 X財の価格が下落したとき、代替効果はプラスになりますが、所得効果はマイナスになります。グラフを見ると、代替効果よりも所得効果の方が大きいことにより、代替効果と所得効果の両方を合わせた全部効果では、X財の消費量は減少しています。よって、財Xは下級財の一種であるギッフェン財であることがわかります。

 ある財(X財)の価格を1%上昇させたときに、別の財(Y財)の需要量が何%変化するかを示すものを、需要の交差弾力性といいます。この需要の交差弾力性は、次のように計算されます。

 ある財(X財)の価格が下落したとき別の財(Y財)の需要量が減少する財、ある財(X財)の価格が上昇したとき別の財(Y財)の需要量が増加する財を、粗代替財といいます。粗代替財の需要の交差弾力性は、正の値になります。

 ある財(X財)の価格が下落したとき別の財(Y財)の需要量が増加する財、ある財(X財)の価格が上昇したとき別の財(Y財)の需要量が減少する財を、粗補完財といいます。粗補完財の需要の交差弾力性は、負の値になります。

所得効果と代替効果(消費と余暇) 【平成20年 第18問】(設問1)

 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。

 消費と余暇に関する、ある労働者の当初の予算制約式が次のように与えられているとする。

 C=w×(24-L)

 ここで、Cは消費、wは時間当たりの賃金、Lは余暇時間とする。労働者は、余暇時間以外の時間に働くとする。下図のように、人々は消費と余暇に関する無差別曲線と予算制約式により、最適な労働時間と消費水準を決定する。ここで、この労働者の初期の最適点はE点で与えられている。

(設問1)

 賃金が低下し、予算制約式が変化して、下図のように点線で与えられたものとする。このとき、新たな最適点はE′点となった。余暇の時間に対する所得効果と代替効果に関して、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

[解答群]

ア 所得効果の影響より、代替効果の影響の方が大きい。

イ 代替効果の影響より、所得効果の影響の方が大きい。

ウ 所得効果の影響と代替効果の影響は同じである。

エ 所得効果と代替効果、双方とも存在しない。

 この場合の代替効果を表すために、新たな予算制約線の傾きと同じ線を、無差別曲線に接するように描いてみましょう。そうすると、この2 つの線が点A で接する形になります。

 ここで、代替効果は、点E から点A への変化で表すことができます。これは、賃金が減った結果、消費量を減らし余暇時間を増やすという代替効果を表します。また、所得効果は、点A から点E’への変化で表すことができます。これは、賃金が減った結果、労働時間を増やし余暇時間を減らすという所得効果を表します。

 この図を見ると、点A から点E’への所得効果による移動より、点E から点A への代替効果による移動のほうが大きいことがわかります。

所得効果と代替効果(消費と余暇) 【平成20年 第18問】(設問2)

 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。

 消費と余暇に関する、ある労働者の当初の予算制約式が次のように与えられているとする。

 C=w×(24-L)

 ここで、Cは消費、wは時間当たりの賃金、Lは余暇時間とする。労働者は、余暇時間以外の時間に働くとする。下図のように、人々は消費と余暇に関する無差別曲線と予算制約式により、最適な労働時間と消費水準を決定する。ここで、この労働者の初期の最適点はE点で与えられている。

(設問2)

 もともとの最適点がE点で与えられている。政府の福祉政策により、所得水準がある一定水準以下の労働者に対して給付金が出ることになった。この場合、労働者が新たに選択する消費と余暇の時間の組み合わせに関して、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

[解答群]

ア 消費は上がって、労働時間を増やす。

イ 消費は上がって、労働時間を減らす。

ウ 消費は同じで、労働時間も変わらない。

エ 消費は下がって、労働時間を増やす。

オ 消費は下がって、労働時間を減らす。

本問のモデルでは、所得は消費として表されています。これは、設問で与えられている予算制約式「C=w×(24-L)」からも分かります。

 福祉給付政策が実施されると、所得が一定水準以下になった場合、同じ労働時間であっても福祉給付された分だけ所得が増えることになります。そのため、所得が図の給付決定水準以下になった場合、予算制約線が右側に移動することになり、このような屈折した形状として表されます。

 では、福祉政策後の予算制約線における、最適消費点を考えてみましょう。

 最適消費点は、無差別曲線と予算制約線が接する点です。よって、福祉政策後の予算制約線に接するような無差別曲線を描いてみます。そうすると、点F が最適消費点であることがわかります。

 点F は、点E に対して消費量が減り、余暇時間が増えているので、オが正解となります。

労働供給曲線の後屈(バックワードベンディング) 【平成 29年 第16問】

近年、保育や介護の現場における人手不足が社会問題となっている。この問題に対処するための方策として、これらに関わる職種の賃金の引き上げが検討されることがある。そこで、賃金の引き上げと労働供給の関係を考察することにした。

 下図を参考にしながら、次の文中の空欄A~Dに当てはまる語句として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

 人手不足を解消するためには、現在働いていない人に新規に就労してもらうか、あるいは現在パート勤務などの短時間労働の人に今までよりも長い時間働いてもらうことが必要である。

 すでに働いている人が賃金の上昇によってもっと働くようになるかどうかは、代替効果と所得効果によって決まる。賃金の上昇は( A )効果によって労働供給を増やし、( B )効果によって労働供給を減らす。両者の関係は、通常、低い賃金水準では( C )効果の方が大きく、高い賃金水準では( D )効果の方が大きい。したがって、現在の賃金が低い水準であるならば、賃上げは、労働時間を増やして人手不足の解消に寄与する。逆に、もし現在の賃金が高い水準にあるとすれば、賃上げは労働時間を減らすことになる。

[解答群]

ア A:所得  B:代替  C:所得  D:代替

イ A:所得  B:代替  C:代替  D:所得

ウ A:代替  B:所得  C:所得  D:代替

エ A:代替  B:所得  C:代替  D:所得

期待効用仮説 【平成 26 年 第 23 問】

 下図は、あるリスク回避的な個人における資産額と効用水準の関係を示したものである。

 下図で、50 %の確率で高い資産額B になり、50%の確率で低い資産額Aとなるような不確実な状況を「状況R」と呼ぶことにする。また、AとBのちょうど中間の資産額Cを確実に得られる状況を「状況S」と呼ぶことにする。「状況R」の期待効用と「状況S」の期待効用とを比較したときの説明として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

[解答群]

 ア 期待効用は「状況R」の方が大きく、この個人のリスクプレミアムは正の値となる。

 イ 期待効用は「状況R」の方が大きく、この個人のリスクプレミアムは負の値となる。

 ウ 期待効用は「状況R」の方が小さく、この個人のリスクプレミアムは正の値となる。

 エ 「状況R」と「状況S」の期待効用は等しく、この個人のリスクプレミアムはゼロとなる。

状況Rでの期待値は、資産額A×50%+資産額B×50%となり資産額Cと同額になります。ここで、リスク回避的な人は、同じリターンであればリスクの小さい方を選びますので、資産額Cを確実に得られる「状況S」を選びます。つまり、「状況S」の方が期待効用は高くなり、「状況R」の方が期待効用は小さくなります。

 なお、リスク回避的な人の効用関数は設問のグラフのような形になります。資産額が大きくなるにつれて効用水準は高くなるものの、その高くなる度合(グラフの傾き)はだんだん低下します。

 また、リスクに対して支払われる対価を「リスクプレミアム」と言います。リスク回避的な人は、リスクを回避するためにコストを支払ってもいいと考えるため、リスクプレミアムは正の値をとります。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です