経済学・経済政策 不完全競争と市場の失敗 市場均衡

消費税の課税の影響 【平成30年 第15問】

 消費税の課税については、価格、取引量の変化や税収の金額に加えて、実際に税金を負担するのは誰かという問題も重要となる。下図では、供給の価格弾力性が無限大である場合を考える。ここで、生産物1単位当たりT円の課税を行うと、供給曲線S0は新しい供給曲線S1へとシフトする。また、需要曲線はDである。この図に関する記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

a 消費税の課税により、市場価格はPからPに上昇し、取引量はQ0 からQ1に減少する。〇

b 消費税の課税を行うと、消費者余剰は△AEP0から、△EFGの分だけ減少する。×

c 消費税の課税を行うと、税負担の一部が生産者に転嫁される。×

d 消費税の課税により、政府に入る税収は、□P1FGP0である。?〇

〔解答群〕

ア aとb

イ aとc

ウ aとd〇

エ bとc

オ cとd

関税政策と自由貿易 【平成30年 第20問】

 下図は、自由貿易地域の理論を描いたものである。自国が農産物の市場を開放し、貿易を行っている。A国から輸入される農産物の価格は PA、B国から輸入される農産物の価格は PB とする。

 当初、自国は、価格の低いA国から農産物を輸入し、その農産物には関税がかかっていた。そのときの国内価格は PA’ である。しかしながら、歴史的な背景から、自国はB国と自由貿易協定を締結した。その結果、B国からの農産物には関税がかからず、国内価格は PB になるが、域外のA国からの農産物には関税がかかる。 この図に関する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

〔解答群〕

ア 関税が賦課された価格 PA’ に比べて、自由貿易協定を締結した後の価格 PBでは、自国の消費者余剰は □HMNK だけ大きくなっている。〇×

イ 自国がB国から農産物を輸入するときの国内の生産者余剰は、A国から農産物を輸入していたときの生産者余剰よりも □PAGNPB の分だけ小さくなる。×

ウ 自由貿易協定の締結によって、自国が失う関税収入は、□HIJK である。×〇

エ 自由貿易協定の締結による貿易創造効果は、△HLM と △KNR であり、貿易転換効果は、□HLRK である。?〇×貿易転換効果は、関税がかかる前の価格PAと自由貿易締結後のPBとの差額RJ×関税分の数量KH=□RJIL
自由貿易協定の締結による貿易創造効果とは、自由貿易協定締結前と締結後を比較して、回復した余剰のこと
貿易転換効果とは、自由貿易協定締結前と締結後で失われる余剰

関税引き下げの効果 【平成29年 第21問】

 昨今、WTO を中心とする多国間交渉はうまくいかず、FTA のような比較的少数の国の間の交渉が増加している。

 下図は、関税引き下げによって輸入品の価格が P0 から P1 に下落する場合を描いている。この図に関する説明として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

〔解答群〕

ア 関税引き下げ後、国内の生産者余剰は、引き下げ前より三角形 FGH の分だけ減少する。×

イ 関税引き下げ後、消費者余剰は、関税引き下げ幅に輸入量 CG を乗じた分だけ増加する。?〇×

ウ 関税引き下げによる、国内の生産者から消費者への再分配効果は、四角形P0FGP1 である。〇

エ 関税引き下げによる貿易創造効果は、四角形 BCGF の部分である。×

 自由貿易 【平成20年 第8問】

 次の自由貿易地域に関する文章を読んで、自由貿易地域が形成された場合の経済効果の説明として最も適切なものを下記の解答群から選べ。

 下図は、自国と2つの外国(X国とY国)間の貿易取引を表し、自国の輸入競争財市場(たとえば農産物)を対象としている。農産物の国内需要曲線がDD、国内供給曲線がSSで描かれている。

 いま、X国からの農産物の輸入価格がP0、Y国からの農産物の輸入価格がP1 であるとする。このとき、自由貿易を想定すれば、農産物はより安価なX国から輸入され、Y国から輸入されることはない。また、両国からの輸入に関税(T円)を同じだけ賦課したとしても、(P1+T)が(P0+T)よりも大きいため、農産物は依然としてX国から輸入され続ける。ここで、(P0+T)をP2 で示し、(P1+T)線は図示していない。

 ところが、X国からの輸入には関税を賦課したままで自国とY国が自由貿易地域を形成した場合、Y国に対する輸入関税は撤廃され、両国からの輸入価格はP2>P1 になるから、農産物の輸入先はX国からY国に切り替わる。

[解答群]

ア △EIJと△HKLの和が□FGLIより大きければ、自由貿易地域を形成することによって自国の総余剰が増加する。〇×〇

イ 自由貿易地域が形成されると、△BEFと△CGHの余剰が回復する。〇×

ウ 自由貿易地域形成下の貿易利益は、自由貿易下の利益△ABCより大きい。×

エ 貿易創造効果は□EFGHに等しい。×

オ 貿易転換効果は△EIJと△HKLの和に等しい。×

 保護貿易 【平成23年 第11問】

 下図は、2国モデルに基づく国際取引を表したものである。

 いま、農産物に関する自国の輸入需要関数をD0D1、外国の輸出供給関数をS0S1とする。自由貿易下の均衡価格はP0、均衡量はQ0 である。

 ところで、自国が輸入財1単位に対してT円の関税を賦課した場合、外国の輸出供給曲線はS0S1 からS2S3 にシフトし、輸入価格はP0 からP2 に下落し、反対に国内価格はP1 に上昇する。また、均衡量はQ1 に減少する。

 この図の説明として最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

a 自国が輸入関税を課した場合、外国の経済余剰は四角形S2FGS0 で示される。×P2GS0

b 自国が輸入関税を課した場合、世界全体で三角形EFGの経済余剰が失われる。?〇

c 自国では、関税収入が四角形P1FGP2 に相当し、関税賦課時の経済余剰が自由貿易時の経済余剰を上回ることがある。×〇

d 自由貿易の場合、自国の経済余剰は三角形S0EP0、外国の経済余剰は三角形D0EP0 で示される。?〇×

[解答群]

ア aとc

イ aとd

ウ bとc〇

エ bとd〇×

比較優位論1 【平成28年 第19問】

 いま、A さんと B さんだけが存在し、それぞれコメと豚肉のみが生産可能な世界を考える。下表は、A さんと B さんが、ある定められた時間 T のすべてを一方の生産に振り向けた場合に生産可能な量を示している。また、下表にもとづく2人の生産可能性フロンティアは、下図にある右下がりの直線のように描けるものとし、A さんと B さんは、自らの便益を高めるために生産可能性フロンティア上にある生産量の組み合わせを選択する。

 このような状況を説明する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

[解答群]

  1. Aさんは、いずれの財の生産においても、Bさんに対して比較優位を有するために、Bさんとの生産物の交換から便益を得ることができない。×
  2. A さんは、いずれの財を生産するにせよ Bさんよりも生産性が高く、絶対優位を有するために、Bさんとの生産物の交換から便益を得ることができない。×
  3. 比較優位性を考慮すると、Aさんはコメの生産に、Bさんは豚肉の生産にそれぞれ特化し、相互に生産財を交換し合うことで、双方が同時に便益を高めることができる。〇×コメの生産量を1とした場合、Aさんは豚肉を1/4で生産できますが、Bさんは1/6しか生産できません。したがって、Aさんは豚肉に比較優位を有し、Bさんはもう一方の財であるコメに比較優位
  4. 豚肉の生産について、A さんは Bさんに対して比較優位を有する。×〇

比較優位論2 【平成29年 第20問】

 下表に基づき、国際分業と比較優位について考える。製品P1個を生産するのに、A国では5人の労働が必要であり、B国では 30 人の労働が必要である。また、製品Q 1個を生産するのに、A国では5人の労働が必要であり、B国では 60 人の労働が必要である。

 このような状況に関する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

A国B国
製品P1個当たりの労働量5人30人
製品Q1個当たりの労働量5人60人

〔解答群〕

ア A国では、製品Qの労働生産性が相対的に高いので、製品Qの相対価格が高くなる。〇×

イ A国は製品Qに絶対優位があり、B国は製品Pに絶対優位がある。×

ウ B国は、A国に比べて、製品Pについては 1/6 、製品Qについては 1/12 の生産性なので、製品Qに比較優位を持つ。×その比較は絶対優位性を示すもの

エ 1人当たりで生産できる個数を同じ価値とすると、A国では、製品P1個と製品Q1個を交換でき、B国では製品P2個と製品Q1個を交換することができる。?〇

ワルラス的調整、マーシャル的調整 【平成22年 第16問】

 「レモン」市場のように情報が不完全な場合、買い手は価格が低くなると品質が低下することを予想する。下図は、「レモン」市場における需要曲線と供給線について、2つのパターンを示している。「レモン」市場における需要曲線の形状ならびに、ワルラス的調整およびマーシャル的調整に関し、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

[解答群]

ア 需要曲線は図1のように描かれ、A点の近傍ではワルラス的調整、マーシャル的調整とも安定である。〇

イ 需要曲線は図1のように描かれ、B点の近傍ではワルラス的調整、マーシャル的調整とも不安定である。×

ウ 需要曲線は図2のように描かれ、C点の近傍ではワルラス的調整は安定で、マーシャル的調整は不安定である。×

エ 需要曲線は図2のように描かれ、D点の近傍ではワルラス的調整は不安定で、マーシャル的調整は安定である。×

ワルラス的調整、マーシャル的調整、蜘蛛の巣理論 【平成28年 第14問】

 下図には、相対的に緩い傾斜の需要曲線が破線で描かれ、相対的に急な傾斜の供給曲線が実線で描かれている。これら需要曲線と供給曲線の交点は、点Eとして与えられている。この図に関する説明として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

[解答群]

ア 供給曲線が右下がりであるため、ワルラス的調整を通じて点Eへ収束する力は働かない。×

イ 供給曲線の傾きが相対的に急であるため、「蜘蛛の巣理論」による調整を通じて点Eへ収束する力は働かない。?×「供給曲線の傾きの絶対値」が「需要曲線の傾きの絶対値」を上回っていますので、蜘蛛の巣理論により安定

ウ 交点よりも価格が高いとき、需要量よりも供給量が多いため、価格調整を通じて点Eへ収束する力が働く。×〇価格調整ですので、ワルラス的調整についての内容です。需要曲線と供給曲線の交点Eより価格が高いとき、需要量を供給量が上回っており、超過供給が発生しています。すると、価格は低下するため、価格調整を通じて点Eへ収束する力

エ 交点よりも数量が少ないとき、供給価格が需要価格よりも高いため、マーシャル的な数量調整を通じて点Eへ収束する力が働く。?〇×、マーシャル的な数量調整を通じて点Eから離れる力

 需要曲線 【平成28年 第12問】

 いま、正常財と考えられる医療に対する需要曲線が下図のように描けるものとする。現状は実線で描かれている需要曲線上の点Aであり、同一の需要曲線上には点Cもある。また、破線の需要曲線上には点Bが描かれている。この図を用いて需要の変化の仕方を考察した記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

[解答群]

ア 医療の価格を引き上げたとき、医療に対する需要は、点Aから点Bまで移動すると考えられる。×

イ 医療費の抑制が必要であることを需要者に説得できたとすれば、たとえ価格が変化しなくとも、医療に対する需要は、点Aから点Bまで移動すると考えられる。〇

ウ 需要者の所得が増加すれば、医療に対する需要は、点Aから点Cまで移動すると考えられる。×

エ 需要者の所得が増加すれば、たとえ価格が変化しなくとも、医療に対する需要は、点Aから点B まで移動すると考えられる。×

価格と消費者余剰 【平成29年 第10問】

 価格と消費者余剰について考える。下図に関する記述として、最も適切なものを下図の解答群から選べ。

[解答群]

ア 価格がP0のとき、消費者がQ0を選択する場合の消費者余剰は、消費者の支払意思額よりも大きい。×

イ 価格がP1のとき、消費者がQ1を選択する場合の消費者余剰は、Q0を選択する場合の消費者余剰よりも大きい。〇

ウ 価格がP2のとき、消費者がQ1を選択する場合の消費者余剰は、Q2を選択する場合の消費者余剰よりも大きい。×

エ 価格が0のとき、実際の支払額は0なので、消費者がQ0やQ1を選択しても、消費者余剰は得られない。×

生産者余剰 【平成30年 第10問】

 生産者余剰について考える。いま、A〜Eの5つの企業から構成される社会を想定する。下図では、それぞれの企業が、生産を継続するために最低限回収しなければならないと考える金額(生産物1単位当たり)が示されている。 この図に関する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

〔解答群〕

ア 市場価格が400円を上回れば、5つの企業すべてが生産を行う。×

イ 市場価格が600円の場合、3つの企業は生産を行わないので、社会全体の生産量は2単位である。×

ウ 市場価格が1,400円の場合、社会全体の生産者余剰は1,800円である。〇

エ 市場価格が1,600円を上回ると、生産を行うのはEのみである。×

課税の影響 【平成24年 第14問】

 下図には、需要曲線と供給曲線が描かれており、市場で決まる「課税前の価格」はD 点によって与えられる。ここで、当該財へ政府が税を課すと、「課税後の買い手の支払い価格」はA 点で与えられ、「課税後の売り手の受取価格」はC 点で与えられることになるとする。

 この図の説明として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

[解答群]

ア 課税によって生じる負担は需要者(買い手)の方が重い。〇

イ この財市場の需要曲線は、供給曲線に比べて価格弾力性が高い。×

ウ 三角形ABD は、課税によって失う生産者余剰である。×

エ 線分BC の長さは、課税によって生じる需要量の減少を意味している。×

消費税の課税の影響 【平成30年 第15問】

 消費税の課税については、価格、取引量の変化や税収の金額に加えて、実際に税金を負担するのは誰かという問題も重要となる。下図では、供給の価格弾力性が無限大である場合を考える。ここで、生産物1単位当たりT円の課税を行うと、供給曲線S0は新しい供給曲線S1へとシフトする。また、需要曲線はDである。この図に関する記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

a 消費税の課税により、市場価格はPからPに上昇し、取引量はQ0 からQ1に減少する。〇

b 消費税の課税を行うと、消費者余剰は△AEP0から、△EFGの分だけ減少する。×

c 消費税の課税を行うと、税負担の一部が生産者に転嫁される。×

d 消費税の課税により、政府に入る税収は、□P1FGP0である。〇

〔解答群〕

ア aとb

イ aとc

ウ aとd〇

エ bとc

オ cとd

関税政策と自由貿易 【平成30年 第20問】

 下図は、自由貿易地域の理論を描いたものである。自国が農産物の市場を開放し、貿易を行っている。A国から輸入される農産物の価格は PA、B国から輸入される農産物の価格は PB とする。

 当初、自国は、価格の低いA国から農産物を輸入し、その農産物には関税がかかっていた。そのときの国内価格は PA’ である。しかしながら、歴史的な背景から、自国はB国と自由貿易協定を締結した。その結果、B国からの農産物には関税がかからず、国内価格は PB になるが、域外のA国からの農産物には関税がかかる。 この図に関する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

〔解答群〕

ア 関税が賦課された価格 PA’ に比べて、自由貿易協定を締結した後の価格 PBでは、自国の消費者余剰は □HMNK だけ大きくなっている。×

イ 自国がB国から農産物を輸入するときの国内の生産者余剰は、A国から農産物を輸入していたときの生産者余剰よりも □PAGNPB の分だけ小さくなる。×

ウ 自由貿易協定の締結によって、自国が失う関税収入は、□HIJK である。×?〇

エ 自由貿易協定の締結による貿易創造効果は、△HLM と △KNR であり、貿易転換効果は、□HLRK である。×

関税引き下げの効果 【平成29年 第21問】

 昨今、WTO を中心とする多国間交渉はうまくいかず、FTA のような比較的少数の国の間の交渉が増加している。

 下図は、関税引き下げによって輸入品の価格が P0 から P1 に下落する場合を描いている。この図に関する説明として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

〔解答群〕

ア 関税引き下げ後、国内の生産者余剰は、引き下げ前より三角形 FGH の分だけ減少する。×

イ 関税引き下げ後、消費者余剰は、関税引き下げ幅に輸入量 CG を乗じた分だけ増加する。×

ウ 関税引き下げによる、国内の生産者から消費者への再分配効果は、四角形P0FGP1 である。〇

エ 関税引き下げによる貿易創造効果は、四角形 BCGF の部分である。×

 自由貿易 【平成20年 第8問】

 次の自由貿易地域に関する文章を読んで、自由貿易地域が形成された場合の経済効果の説明として最も適切なものを下記の解答群から選べ。

 下図は、自国と2つの外国(X国とY国)間の貿易取引を表し、自国の輸入競争財市場(たとえば農産物)を対象としている。農産物の国内需要曲線がDD、国内供給曲線がSSで描かれている。

 いま、X国からの農産物の輸入価格がP0、Y国からの農産物の輸入価格がP1 であるとする。このとき、自由貿易を想定すれば、農産物はより安価なX国から輸入され、Y国から輸入されることはない。また、両国からの輸入に関税(T円)を同じだけ賦課したとしても、(P1+T)が(P0+T)よりも大きいため、農産物は依然としてX国から輸入され続ける。ここで、(P0+T)をP2 で示し、(P1+T)線は図示していない。

 ところが、X国からの輸入には関税を賦課したままで自国とY国が自由貿易地域を形成した場合、Y国に対する輸入関税は撤廃され、両国からの輸入価格はP2>P1 になるから、農産物の輸入先はX国からY国に切り替わる。

[解答群]

ア △EIJと△HKLの和が□FGLIより大きければ、自由貿易地域を形成することによって自国の総余剰が増加する。〇

イ 自由貿易地域が形成されると、△BEFと△CGHの余剰が回復する。×

ウ 自由貿易地域形成下の貿易利益は、自由貿易下の利益△ABCより大きい。×

エ 貿易創造効果は□EFGHに等しい。×

オ 貿易転換効果は△EIJと△HKLの和に等しい。×

 保護貿易 【平成23年 第11問

 下図は、2国モデルに基づく国際取引を表したものである。

 いま、農産物に関する自国の輸入需要関数をD0D1、外国の輸出供給関数をS0S1とする。自由貿易下の均衡価格はP0、均衡量はQ0 である。

 ところで、自国が輸入財1単位に対してT円の関税を賦課した場合、外国の輸出供給曲線はS0S1 からS2S3 にシフトし、輸入価格はP0 からP2 に下落し、反対に国内価格はP1 に上昇する。また、均衡量はQ1 に減少する。

 この図の説明として最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

a 自国が輸入関税を課した場合、外国の経済余剰は四角形S2FGS0 で示される。×

b 自国が輸入関税を課した場合、世界全体で三角形EFGの経済余剰が失われる。〇

c 自国では、関税収入が四角形P1FGP2 に相当し、関税賦課時の経済余剰が自由貿易時の経済余剰を上回ることがある。〇

d 自由貿易の場合、自国の経済余剰は三角形S0EP0、外国の経済余剰は三角形D0EP0 で示される。×

[解答群]

ア aとc

イ aとd

ウ bとc〇

エ bとd

比較優位論1 【平成28年 第19問】

 いま、A さんと B さんだけが存在し、それぞれコメと豚肉のみが生産可能な世界を考える。下表は、A さんと B さんが、ある定められた時間 T のすべてを一方の生産に振り向けた場合に生産可能な量を示している。また、下表にもとづく2人の生産可能性フロンティアは、下図にある右下がりの直線のように描けるものとし、A さんと B さんは、自らの便益を高めるために生産可能性フロンティア上にある生産量の組み合わせを選択する。

 このような状況を説明する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

[解答群]

  1. Aさんは、いずれの財の生産においても、Bさんに対して比較優位を有するために、Bさんとの生産物の交換から便益を得ることができない。
    ×
    1:1/4〇
    1:1/6
  2. A さんは、いずれの財を生産するにせよ Bさんよりも生産性が高く、絶対優位を有するために、Bさんとの生産物の交換から便益を得ることができない。×
  3. 比較優位性を考慮すると、Aさんはコメの生産に、Bさんは豚肉の生産にそれぞれ特化し、相互に生産財を交換し合うことで、双方が同時に便益を高めることができる。×
  4. 豚肉の生産について、A さんは Bさんに対して比較優位を有する。〇

比較優位論2 【平成29年 第20問】

 下表に基づき、国際分業と比較優位について考える。製品P1個を生産するのに、A国では5人の労働が必要であり、B国では 30 人の労働が必要である。また、製品Q 1個を生産するのに、A国では5人の労働が必要であり、B国では 60 人の労働が必要である。

 このような状況に関する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

A国B国
製品P1個当たりの労働量5人30人
製品Q1個当たりの労働量5人60人

〔解答群〕

ア A国では、製品Qの労働生産性が相対的に高いので、製品Qの相対価格が高くなる。×

イ A国は製品Qに絶対優位があり、B国は製品Pに絶対優位がある。×

ウ B国は、A国に比べて、製品Pについては 1/6 、製品Qについては 1/12 の生産性なので、製品Qに比較優位を持つ。×

エ 1人当たりで生産できる個数を同じ価値とすると、A国では、製品P1個と製品Q1個を交換でき、B国では製品P2個と製品Q1個を交換することができる。〇

ワルラス的調整、マーシャル的調整 【平成22年 第16問】

 「レモン」市場のように情報が不完全な場合、買い手は価格が低くなると品質が低下することを予想する。下図は、「レモン」市場における需要曲線と供給線について、2つのパターンを示している。「レモン」市場における需要曲線の形状ならびに、ワルラス的調整およびマーシャル的調整に関し、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

[解答群]

ア 需要曲線は図1のように描かれ、A点の近傍ではワルラス的調整、マーシャル的調整とも安定である。〇需要曲線が右下がり、供給曲線が右上がりとなっています。これは、通常の完全競争市場における形状となっており、ワルラス的、マーシャル的ともに安定

イ 需要曲線は図1のように描かれ、B点の近傍ではワルラス的調整、マーシャル的調整とも不安定である。×

ウ 需要曲線は図2のように描かれ、C点の近傍ではワルラス的調整は安定で、マーシャル的調整は不安定である。×

エ 需要曲線は図2のように描かれ、D点の近傍ではワルラス的調整は不安定で、マーシャル的調整は安定である。×

 ワルラス的調整、マーシャル的調整、蜘蛛の巣理論 【平成28年 第14問】

 下図には、相対的に緩い傾斜の需要曲線が破線で描かれ、相対的に急な傾斜の供給曲線が実線で描かれている。これら需要曲線と供給曲線の交点は、点Eとして与えられている。この図に関する説明として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

[解答群]

ア 供給曲線が右下がりであるため、ワルラス的調整を通じて点Eへ収束する力は働かない。×

イ 供給曲線の傾きが相対的に急であるため、「蜘蛛の巣理論」による調整を通じて点Eへ収束する力は働かない。×

ウ 交点よりも価格が高いとき、需要量よりも供給量が多いため、価格調整を通じて点Eへ収束する力が働く。〇

エ 交点よりも数量が少ないとき、供給価格が需要価格よりも高いため、マーシャル的な数量調整を通じて点Eへ収束する力が働く。×

価格と消費者余剰 【平成29年 第10問】

 価格と消費者余剰について考える。下図に関する記述として、最も適切なものを下図の解答群から選べ。

[解答群]

ア 価格がP0のとき、消費者がQ0を選択する場合の消費者余剰は、消費者の支払意思額よりも大きい。×

イ 価格がP1のとき、消費者がQ1を選択する場合の消費者余剰は、Q0を選択する場合の消費者余剰よりも大きい。〇

ウ 価格がP2のとき、消費者がQ1を選択する場合の消費者余剰は、Q2を選択する場合の消費者余剰よりも大きい。×

エ 価格が0のとき、実際の支払額は0なので、消費者がQ0やQ1を選択しても、消費者余剰は得られない。×

消費税の課税の影響 【平成30年 第15問】

 消費税の課税については、価格、取引量の変化や税収の金額に加えて、実際に税金を負担するのは誰かという問題も重要となる。下図では、供給の価格弾力性が無限大である場合を考える。ここで、生産物1単位当たりT円の課税を行うと、供給曲線S0は新しい供給曲線S1へとシフトする。また、需要曲線はDである。この図に関する記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

a 消費税の課税により、市場価格はPからPに上昇し、取引量はQ0 からQ1に減少する。〇

b 消費税の課税を行うと、消費者余剰は△AEP0から、△EFGの分だけ減少する。×

c 消費税の課税を行うと、税負担の一部が生産者に転嫁される。×

d 消費税の課税により、政府に入る税収は、□P1FGP0である。〇

〔解答群〕

ア aとb

イ aとc

ウ aとd〇

エ bとc

オ cとd

関税政策と自由貿易 【平成30年 第20問】

 下図は、自由貿易地域の理論を描いたものである。自国が農産物の市場を開放し、貿易を行っている。A国から輸入される農産物の価格は PA、B国から輸入される農産物の価格は PB とする。

 当初、自国は、価格の低いA国から農産物を輸入し、その農産物には関税がかかっていた。そのときの国内価格は PA’ である。しかしながら、歴史的な背景から、自国はB国と自由貿易協定を締結した。その結果、B国からの農産物には関税がかからず、国内価格は PB になるが、域外のA国からの農産物には関税がかかる。 この図に関する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

〔解答群〕

ア 関税が賦課された価格 PA’ に比べて、自由貿易協定を締結した後の価格 PBでは、自国の消費者余剰は □HMNK だけ大きくなっている。×

イ 自国がB国から農産物を輸入するときの国内の生産者余剰は、A国から農産物を輸入していたときの生産者余剰よりも □PAGNPB の分だけ小さくなる。×

ウ 自由貿易協定の締結によって、自国が失う関税収入は、□HIJK である。〇

エ 自由貿易協定の締結による貿易創造効果は、△HLM と △KNR であり、貿易転換効果は、□HLRK である。×

 関税引き下げの効果 【平成29年 第21問】

 昨今、WTO を中心とする多国間交渉はうまくいかず、FTA のような比較的少数の国の間の交渉が増加している。

 下図は、関税引き下げによって輸入品の価格が P0 から P1 に下落する場合を描いている。この図に関する説明として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

〔解答群〕

ア 関税引き下げ後、国内の生産者余剰は、引き下げ前より三角形 FGH の分だけ減少する。×

イ 関税引き下げ後、消費者余剰は、関税引き下げ幅に輸入量 CG を乗じた分だけ増加する。×

ウ 関税引き下げによる、国内の生産者から消費者への再分配効果は、四角形P0FGP1 である。〇

エ 関税引き下げによる貿易創造効果は、四角形 BCGF の部分である。×

自由貿易 【平成20年 第8問】

 次の自由貿易地域に関する文章を読んで、自由貿易地域が形成された場合の経済効果の説明として最も適切なものを下記の解答群から選べ。

 下図は、自国と2つの外国(X国とY国)間の貿易取引を表し、自国の輸入競争財市場(たとえば農産物)を対象としている。農産物の国内需要曲線がDD、国内供給曲線がSSで描かれている。

 いま、X国からの農産物の輸入価格がP0、Y国からの農産物の輸入価格がP1 であるとする。このとき、自由貿易を想定すれば、農産物はより安価なX国から輸入され、Y国から輸入されることはない。また、両国からの輸入に関税(T円)を同じだけ賦課したとしても、(P1+T)が(P0+T)よりも大きいため、農産物は依然としてX国から輸入され続ける。ここで、(P0+T)をP2 で示し、(P1+T)線は図示していない。

 ところが、X国からの輸入には関税を賦課したままで自国とY国が自由貿易地域を形成した場合、Y国に対する輸入関税は撤廃され、両国からの輸入価格はP2>P1 になるから、農産物の輸入先はX国からY国に切り替わる。

[解答群]

ア △EIJと△HKLの和が□FGLIより大きければ、自由貿易地域を形成することによって自国の総余剰が増加する。〇

イ 自由貿易地域が形成されると、△BEFと△CGHの余剰が回復する。×

ウ 自由貿易地域形成下の貿易利益は、自由貿易下の利益△ABCより大きい。×

エ 貿易創造効果は□EFGHに等しい。×

オ 貿易転換効果は△EIJと△HKLの和に等しい。×

保護貿易 【平成23年 第11問】

 下図は、2国モデルに基づく国際取引を表したものである。

 いま、農産物に関する自国の輸入需要関数をD0D1、外国の輸出供給関数をS0S1とする。自由貿易下の均衡価格はP0、均衡量はQ0 である。

 ところで、自国が輸入財1単位に対してT円の関税を賦課した場合、外国の輸出供給曲線はS0S1 からS2S3 にシフトし、輸入価格はP0 からP2 に下落し、反対に国内価格はP1 に上昇する。また、均衡量はQ1 に減少する。

 この図の説明として最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

a 自国が輸入関税を課した場合、外国の経済余剰は四角形S2FGS0 で示される。×

b 自国が輸入関税を課した場合、世界全体で三角形EFGの経済余剰が失われる。〇

c 自国では、関税収入が四角形P1FGP2 に相当し、関税賦課時の経済余剰が自由貿易時の経済余剰を上回ることがある。〇

d 自由貿易の場合、自国の経済余剰は三角形S0EP0、外国の経済余剰は三角形D0EP0 で示される。×

[解答群]

ア aとc

イ aとd

ウ bとc〇

エ bとd

比較優位論1 【平成28年 第19問】

 いま、A さんと B さんだけが存在し、それぞれコメと豚肉のみが生産可能な世界を考える。下表は、A さんと B さんが、ある定められた時間 T のすべてを一方の生産に振り向けた場合に生産可能な量を示している。また、下表にもとづく2人の生産可能性フロンティアは、下図にある右下がりの直線のように描けるものとし、A さんと B さんは、自らの便益を高めるために生産可能性フロンティア上にある生産量の組み合わせを選択する。

 このような状況を説明する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

[解答群]

  1. Aさんは、いずれの財の生産においても、Bさんに対して比較優位を有するために、Bさんとの生産物の交換から便益を得ることができない。×
  2. A さんは、いずれの財を生産するにせよ Bさんよりも生産性が高く、絶対優位を有するために、Bさんとの生産物の交換から便益を得ることができない。×
  3. 比較優位性を考慮すると、Aさんはコメの生産に、Bさんは豚肉の生産にそれぞれ特化し、相互に生産財を交換し合うことで、双方が同時に便益を高めることができる。×
  4. 豚肉の生産について、A さんは Bさんに対して比較優位を有する。〇

比較優位論2 【平成29年 第20問】

 下表に基づき、国際分業と比較優位について考える。製品P1個を生産するのに、A国では5人の労働が必要であり、B国では 30 人の労働が必要である。また、製品Q 1個を生産するのに、A国では5人の労働が必要であり、B国では 60 人の労働が必要である。

 このような状況に関する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

A国B国
製品P1個当たりの労働量5人30人
製品Q1個当たりの労働量5人60人

〔解答群〕

ア A国では、製品Qの労働生産性が相対的に高いので、製品Qの相対価格が高くなる。×

イ A国は製品Qに絶対優位があり、B国は製品Pに絶対優位がある。×

ウ B国は、A国に比べて、製品Pについては 1/6 、製品Qについては 1/12 の生産性なので、製品Qに比較優位を持つ。×

エ 1人当たりで生産できる個数を同じ価値とすると、A国では、製品P1個と製品Q1個を交換でき、B国では製品P2個と製品Q1個を交換することができる〇

独占企業の利潤最大化

 次の図は、価格をP、数量をQとし、ある独占企業の需要曲線D、限界収入曲線MR、供給曲線Sを表したものである。このとき、独占企業の利潤最大化に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

ア この独占企業の利潤を最大にする生産量は、Qである。?〇×
供給曲線Sは限界費用曲線の一部です。よって、この独占企業の利潤を最大にする生産量は、限界収入曲線MRと供給曲線S(=限界費用曲線MC)の交点

イ この独占企業の利潤を最大にする価格は、P**である。×〇
独占企業の利潤を最大にする価格は、クールノーの点であるF点
独占価格は需要曲線上の点 クールノーの点

ウ この独占企業の利潤を最大にする条件は、「価格=限界費用」である。×
独占企業の利潤を最大にする条件は、「限界収入(MR)=供給曲線(S)」

エ この独占企業の利潤を最大にする点は、E点で表される。×
独占企業の利潤を最大にする条件は、「限界収入(MR)=供給曲線S(=限界費用曲線MC)」

独占市場の余剰

 次の図は、価格をP、数量をQとし、ある独占企業の需要曲線D、限界収入曲線MR、供給曲線Sを表したものである。このとき、独占市場の余剰に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

ア この独占市場における総余剰は、完全競争市場における総余剰よりも小さい。〇

イ この独占市場における消費者余剰は、□BP**Ffである。×

ウ この独占市場における総余剰は、△ABEである。×

エ この独占市場における死荷重は、△AfFである。×

ナッシュ均衡

 次の表は、両企業の戦略に応じた両企業の利潤を示したものである。ここで、表の( )内の左の数値は企業Aの利潤を、右側の数値は企業Bの利潤を表している。いま、企業A、企業Bの2つの企業からなる複占市場において、各企業は相手企業がとる戦略を知っており、その時点における相手企業の戦略を不変と考え、自社の利潤をできるだけ高めようとして戦略Ⅰと戦略Ⅱのいずれかの戦略をとるものとする。この複占市場に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

ア ナッシュ均衡は、企業Aが戦略Ⅰをとり、企業Bが戦略Ⅰをとる組み合わせである。×

イ ナッシュ均衡は、企業Aが戦略Ⅰをとり、企業Bが戦略Ⅱをとる組み合わせである。×

ウ ナッシュ均衡は、企業Aが戦略Ⅱをとり、企業Bが戦略Ⅰをとる組み合わせである。×

エ ナッシュ均衡は、企業Aが戦略Ⅱをとり、企業Bが戦略Ⅱをとる組み合わせである。   〇

ナッシュ均衡は、「相手が選ぶ戦略に対して、自分が最適の反応をしている」という状態が、全てのプレーヤーで成り立つ状態

 囚人のジレンマ

 囚人のジレンマに関する次の文中の空欄A~Dに入る語句の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

 囚人のジレンマとは、各( A )が自らの( B )の最大化を図るとき、両( A )ともより大きな( B )を得る可能性があるにもかかわらず、( C )の最適な選択が全体として最適な選択とはならず、より小さい( B )になってしまうことをいう。両者が選択を約束し、その約束を守れば、両者はより高い利得を得ることができる。このような戦略は( D )と呼ばれる。

ア A:プレーヤー B:効用〇 C:一方 D:落札

イ A:プレーヤー〇 B:利得〇 C:個々〇 D:協調〇

ウ A:消費者 B:効用 C:一方 D:落札

エ A:消費者 B:利得 C:個々〇 D:協調〇

ナッシュ均衡が必ずしも、最大の利得の組み合わせとならない点に注目

繰り返しゲーム

 無限回の繰り返しゲームでは、協調解が均衡解として成立することが知られている。この理論を表す用語として、最も適切なものはどれか。

ア パレート最適×

イ フォーク定理?〇

ウ ミニマックス戦略

エ トリガー戦略×

屈折需要曲線1

 屈折需要曲線に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

ア 需要曲線が屈折するのは、寡占市場において、ある企業が価格を値上げすると他の企業も追随するが、ある企業が価格を値下げすると他の企業が追随しないからである。?〇×

イ 需要曲線が屈折するのは、寡占市場において、ある企業が価格を値上げすると他の企業も追随し、ある企業が価格を値下げすると他の企業も追随するからである。×

ウ 寡占市場には価格の下方硬直性とよばれる特徴があるが、この価格の硬直性の理由を説明する際に用いられるのが屈折需要曲線である。〇?×〇

エ 需要曲線が屈折していることから、価格は大きく変動することになる。×

屈折需要曲線2

 下図の屈折需要曲線に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 点Eから右側では、企業はプライステイカーとなり完全競争市場が成立する。×寡占市場であることに変わりはないため、完全競争市場になるわけではありません。
  2. MC1がMC2に下方シフトすると価格はp1からp2に低下する。〇×寡占市場の価格の下方硬直性により、限界費用曲線がMC1からMC2にシフトしても価格は点Eの価格に留まります。
  3. 線DEの傾きと線EFの傾きが違う理由は、寡占市場のシェア争いが激しくなって市場が均衡しないことを示す。×市場は、需要曲線と限界費用曲線の交点で均衡するため、市場が均衡しないとする後半の記述は不適切
  4. 寡占市場では需要曲線の傾きは限界収入曲線の傾きより緩やかになる。×〇寡占企業はプライスメイカーであるため、限界収入曲線の傾きは、需要曲線の傾きの2倍となります。

外部効果

 次の図は、価格をP、数量をQとし、ある企業の私的限界費用曲線PMC、社会的限界費用曲線SMC、需要曲線Dを表したものである。なお、この企業の操業により地域住民が公害による損害を被っており、その損害額は、生産量1単位当たりtである。このとき、外部効果に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

ア この図は、他の経済主体に不利な影響を及ぼす外部不経済の状況を表している。?×〇

イ このような外部効果が発生している場合、社会的限界費用SMCと私的限界費用PMCは一致している。×

ウ このような外部効果が発生している場合、市場均衡取引量は、社会的な最適取引量よりも過小に市場に供給されている。×

エ このような外部効果が発生している場合、社会的総余剰は、△AFCである。?〇×

補償金

 外部不経済について考える。いま、化学品工場と周辺住民が工場操業にともなう汚染物質について交渉を行う。周辺住民は地域の環境資源の利用権を持っているとする。化学品工場の操業によって、地域環境悪化という外部不経済が発生するので、化学品工場の経営者は補償金を周辺住民に支払うことで問題解決しようとしている。

 下図には需要曲線、私的限界費用曲線、社会的限界費用曲線が描かれている。この図に関する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

ア 化学品の価格と、化学品製造による社会的限界費用は、生産量がQ0のもとで等しくなる。×

イ 化学品製造による外部不経済が発生しているもとでの生産量はQ0になり、総余剰は△AECで示される。×

ウ 資源配分が効率化する生産水準において、化学品工場の経営者が補償金として支払う総額は□BCHFである。?〇

エ 化学品製造による外部不経済のもとでの市場均衡において、外部費用は□BFHCで示される。?×

ピグー的政策

 次の図は、価格をP、数量をQとし、ある企業の私的限界費用曲線PMC、社会的限界費用曲線SMC、需要曲線Dを表したものである。なお、この企業の操業により地域住民が公害による損害を被っており、その損害額は、生産量1単位当たりtである。このとき、ピグー的政策に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

ア 私的限界費用と社会的限界費用が一致するように、政府がこの市場に介入することによって、外部効果を是正し、最適な資源配分を達成することができる。〇

イ 課税により私的限界費用を社会的限界費用の水準まで引き上げることによって、最適な資源配分を達成することができる。〇

ウ 政府が地域住民の単位当たり被害額と同じtだけを企業に従量税として課した場合、最適な資源配分を達成することができる。〇

エ 政府が介入することは社会的総余剰を減少させることになるので、政府が介入しても最適な資源配分を達成することはできない。×

コースの定理

 コースの定理に関する次の文中の空欄A~Dに入る語句の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

 ( A )による非効率的な配分の問題は、当事者間の自発的な( B )によって解決することができる。資産効果や( C )がない場合、( B )や契約の結果は、( D )や財産権の帰属に影響されることなく、資源の分配問題から離れて、単に効率性だけで決定されることを、コースの定理という。

ア A:外部効果 B:取引 C:固定費用 D:議決権

イ A:外部効果 B:交渉 C:取引費用〇 D:所有権〇

ウ A:市場の失敗 B:取引 C:ラチェット効果 D:所有権

エ A:市場の失敗 B:交渉 C:ラチェット効果 D:議決権

コースの定理とは、外部効果による非効率的な配分の問題は、当事者間の自発的な交渉によって解決することができるという定理

公共財

 公共財に関する次の文中の空欄A~Dに入る語句の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

 ( A )とは、( B )と消費の排除不可能性という、2つの性質を持ち合わせた財のことをいう。( B )とは、ある人の消費が他の人の消費を減少させないことをいう。この性質により、複数の人々が互いの消費量を減らすことなく、全員がその財を同じ量だけ消費することができるという( C )という性質をもつことになる。消費の排除不可能性とは、所有者以外の人をその財の消費から排除することができないことをいう。消費の排除不可能性により、( D )という問題が生じる。

ア A:準公共財〇 B:消費の非競合性〇 C:等量消費〇 D:パレート非効率

イ A:準公共財 B:消費の競合性 C:消費支出 D:フリーライダー〇

ウ A:純粋公共財〇 B:消費の非競合性〇 C:等量消費〇 D:フリーライダー〇

エ A:純粋公共財 B:消費の競合性 C:消費支出 D:パレート非効率

費用逓減産業

 次の図は、平均費用が逓減局面にある財市場で1社の企業による自然独占が発生している状況を示している。この図に関する記述として最も適切なものはどれか。

ア 政府が規制をせず、自由な市場取引に任せた場合、この独占企業は自己の利潤を最大にするように行動する結果、価格はPE、生産量はQEとなる。×〇×

イ 総余剰が最大になるのは、生産量をQGにしたときである。×

ウ 限界費用価格形成原理によると、価格はPEとなり、生産量はQEとなる。このとき、総余剰が最大となり、最適な資源配分が達成される。〇

エ 平均費用価格形成原理によると、価格はPAとなり、生産量はQEとなる。このとき、企業の利潤は赤字となり、独立採算で運営することができないことになる。〇×

逆選択

 逆選択に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。


ア 逆選択とは、品質の悪い財が品質の良い財よりも多く市場に出回ることをいう。〇

イ 逆選択とは、契約後に自分が有利になるように行動することをいう。×契約後に自分が有利になるように行動することをいうのは、モラルハザード

ウ 逆選択とは、取引や契約における依頼人のことをいう。×取引や契約における依頼人は、プリンシパル

エ 逆選択とは、不確実な状況では、個人は効用の期待値が最大になるように行動するということをいう。×不確実な状況では、個人は効用の期待値が最大になるように行動するということをいうのは、期待効用仮説

モラルハザード

 モラルハザードに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

ア モラルハザードとは、品質の悪い財が品質の良い財よりも多く市場に出回ることをいう。×

イ モラルハザードとは、情報の非対称性が存在するために、契約後に自分が有利になるように行動することをいう。〇

ウ プリンシパル・エージェント関係では、情報の非対称性があるため、モラルハザードは発生しにくくなる。×プリンシパル・エージェント関係とは、依頼人と代理人の間の関係を表します。プリンシパル・エージェント関係では、情報の非対称性があるため、モラルハザードが発生しやすくなります。

エ モラルハザードは、契約あるいは取引の前に情報の非対称性が発生する。×逆選択は、契約あるいは取引の前に情報の非対称性が発生

Share Button