経済学・経済政策 貨幣市場とIS-LM 分析

貨幣

 貨幣に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。


ア すぐに取引に使うことができ、通常では元本割れを起こすことがない普通預金は、貨幣である。〇

イ 貨幣が危険資産であるのに対して、債券は安全資産である。×貨幣が安全資産であるのに対して、債券危険資産

ウ 貨幣市場で超過需要が発生しているときには、債券市場でも必ず超過需要が発生している。?〇×貨幣市場で超過需要が発生しているときには、債券市場では必ず超過供給が発生 貨幣市場と債券市場は表裏一体の関係 すべての市場の超過需要額の和はゼロとなる性質のことを、ワルラス法則

エ 貨幣は、交換手段、価値貯蔵の手段という2つの役割を果たしているが、価値尺度という役割は果たしていない。×

マネーサプライ

 マネーサプライに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。


ア マネーサプライとは、経済全体に供給している貨幣の供給量のことをいい、この貨幣には、預金も含まれる。〇

イ マネーストック統計の現金通貨には、金融機関保有現金が含まれる。?〇×
マネーストックとは、居住者のうち、一般法人、個人、地方公共団体・地方公営企業が保有する通貨量の残高
預金取扱機関、保険会社、政府関係金融機関、証券会社、短資等を除く法人
マネーストックでは、金融機関や中央政府が保有する預金などは対象外。
マネーストック統計の現金通貨は、金融機関保有現金を含まない点がポイント

ウ マネーストック統計のM1は、最も容易に決済手段として用いることができる現金通貨と預金通貨から構成されている。?〇

エ マネーストック統計のM3は、M1に準通貨やCDを加えた指標である。?×〇準通貨の大半は、定期預金
譲渡性預金CD:Certificate of Deposit) とは、第三者に譲渡できる定期性預金CDの預金者は、金融機関及びその関連会社、証券会社などが中心です。

貨幣需要

 貨幣需要に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。


ア 取引を行うためや、不意の支出に備えるためという動機に基づく貨幣需要のことを、貨幣の取引需要という。?〇
取引動機に基づく貨幣需要(取引を行うために必要とする貨幣需要)、
予備的動機に基づく貨幣需要(不意の支出に備えて貨幣を保有する貨幣需要)、
投機的動機に基づく貨幣需要(資産運用の対象として貨幣を保有する貨幣需要)の3つ
取引動機に基づく貨幣需要と予備的動機に基づく貨幣需要、貨幣の取引需要

イ 国民所得が増加すると貨幣の取引需要は増加し、逆に、国民所得が減少すると貨幣の取引需要は減少する。〇貨幣の取引需要は、国民所得の増加関数

ウ 利子率が上昇すると貨幣の資産需要は増加し、逆に、利子率が低下すると貨幣の資産需要は減少する。〇×貨幣の資産需要は、利子率の減少関数

エ ケインズは、人々が利子を生まない貨幣を他の金融資産よりも選好して保有するのは、貨幣のもつ流動性によるものだと考えた。〇ケインズの流動性選好説とは、安全資産である貨幣を手元に保有しようとする選好のこと

貨幣需要関数

 貨幣需要関数に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。


ア ケインズ型貨幣需要関数は、国民所得の増加関数であり、利子率の減少関数である。〇

イ 縦軸に利子率をとり、横軸に貨幣需要をとると、ケインズ型貨幣需要関数は、一般に、右下がりの曲線で表される。〇

ウ 国民所得が増加すると、貨幣需要曲線は右方にシフトし、国民所得が減少すると、貨幣需要曲線は左方にシフトする。〇

エ 流動性のわなが生じている場合は、貨幣需要曲線は、横軸に対して垂直になる。?×横軸に対して水平

貨幣供給

 貨幣供給に関する次の文中の空欄A~Dに入る語句の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。


 日本銀行は、金融政策を行い、貨幣供給(マネーサプライ)を調節している。日本銀行が( A )を行うと、現金通貨と準備預金の合計で表される( B )が増加し、その結果、貨幣供給は( C )する。また、日本銀行は、( D )を上げ下げすることで、貨幣乗数を変化させることにより貨幣供給を調整することができる。( D )による貨幣供給の調整のことを( D )操作という。

ア 〇
A:買いオペレーション B:ハイパワードマネー
C:増加 D:法定準備率

イ 
A:買いオペレーション B:ハイパワードマネー
C:減少 D:法定準備率

ウ 
A:売りオペレーション B:マネーサプライ〇
C:増加 D:基準割引率および基準貸付率


A:売りオペレーション〇 B:マネーサプライ〇
C:減少〇 D:基準割引率および基準貸付率

現金通貨と準備預金の合計で表されるハイパワードマネー
マネーサプライとは、民間部門の保有する現金通貨と預金通貨を合計したもので現金通貨と準備預金を合計したものではありません。
法定準備率による貨幣供給の調整のことを法定準備率操作
基準割引率および基準貸付率を上げ下げしても、貨幣乗数は変化しません。

マネタリーベース

 マネタリーベースに関する記述について、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

a 日本銀行当座預金はマネタリーベースに含まれる。?×〇
マネタリーベース=日本銀行券発行高+貨幣流通高+日本銀行当座預金

b 日本銀行の当座預金とは、金融機関が日本銀行に保有する当座預金であり有利子であったが、2016年1月からマイナス金利政策が導入された。〇×
無利子の預金でした。

c マネタリーベース=日本銀行券発行高+貨幣流通高+日本銀行当座預金である。?〇

d マネタリーベースはマネーストックM1に含まれないがM2には含まれる??〇×M1、M2のいずれにもマネタリーベースは含まれません。

[解答群]

ア aとb

イ aとc〇

ウ bとc

エ bとd〇×

マネタリーベースとは、中央銀行がコントロールできる現金通貨と準備預金のことで、ハイパワードマネー
マネタリーベース(ハイパワードマネー)=日本銀行券発行高+貨幣流通高+日本銀行当座預金
マネーストック(マネーサプライ)
M1=現金通貨+全預金取扱機関に預けられた預金通貨
M2=現金通貨+国内銀行等に預けられた預金通貨+準通貨+CD(譲渡性預金)
M3=M1+準通貨+CD(譲渡性預金)
M2は、金融商品の範囲はM3と同様ですが、預金の預け入れ先が限定

貨幣乗数

 マネーサプライ(またはマネーストック)Mが流通現金通貨Cと預金Dから構成され、次のように表されるとする。

M=C+D

 また、次のように、ハイパワードマネーHは現金通貨Cと準備預金(日銀預け金)Rとから構成される。

H=C+R

 このとき、マネーサプライとハイパワードマネーとの間には、次の式が成立する。

 ⑴式の右辺の分数部分について、分母および分子を預金Dで割ると、次のようになる。

 ⑵式は、貨幣乗数を通じたマネーサプライとハイパワードマネーとの関係を表している

 いま、現金預金比率を30%、法定準備率を20%とする。ここで、ハイパワードマネーを10億円だけ増加したとき、増加するマネーサプライの値として最も適切なものを下記の解答群から選べ。

【解答群】

ア 10億円 

イ 14億円 

ウ 26億円 

エ 28億円 

オ 32億円

M=((0.3+1)/(0.3+0.2))*10
=(1.3/0.5)*10=26

貨幣市場の均衡

 貨幣市場の均衡に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。


ア 貨幣市場の均衡とは、貨幣需要と貨幣供給が一致することをいう。〇

イ ケインズによると、貨幣市場において、一般に、貨幣需要曲線は右下がりの曲線で表され、貨幣供給曲線は横軸に対して垂直な直線で表される。?×〇
貨幣供給は、利子率に依存しません。利子率がどういう水準であっても、日本銀行が決定したマネーサプライMの水準

ウ ケインズによると、利子率は貨幣市場において決定される。?〇利子率は、貨幣需要曲線と貨幣供給曲線の交点によって、決定

エ ケインズによると、貨幣市場において、日本銀行が貨幣供給を増やすと、利子率は上昇する。×貨幣供給曲線が右方にシフトすると、貨幣需要曲線と貨幣供給曲線の交点である均衡点はA点から右下の位置に移動します。その交点によって利子率は決定され、その利子率は当初の利子率rよりも低下

LM曲線

 LM曲線に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。


ア LM曲線は、財市場を均衡させる国民所得と利子率の組み合わせを表した曲線のことをいう。?〇×LM曲線は、貨幣市場を均衡させる国民所得と利子率の組み合わせを表した曲線。財市場を均衡させる国民所得と利子率の組み合わせを表した曲線は、IS曲線

イ 右上がりのLM曲線の左上方では、貨幣市場において超過供給が発生しており、LM曲線の右下方では、貨幣市場において超過需要が発生している。×〇

ウ 貨幣需要の利子率弾力性が大きいほど、LM曲線の傾きも急になる。×

エ マネーサプライが増加すると、LM曲線は左方にシフトする。×

投資関数

 投資関数に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。


ア ケインズによると、投資の限界効率が利子率を下回るときには、投資は実行されない。〇

イ ケインズによると、投資は、利子率の増加関数である。×

ウ ケインズによると、投資関数を表す投資曲線は、右上がりの曲線となる。×

エ 投資の利子弾力性が大きいほど、投資関数を表す投資曲線の傾きは急になる。×

IS曲線

 IS曲線に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。


ア IS曲線は、貨幣市場を均衡させる国民所得と利子率の組み合わせを表した曲線のことをいう。×

イ 右下がりのIS曲線の右上方では、財市場において超過需要が発生しており、IS曲線の左下方では、財市場において超過供給が発生している。×?〇×IS曲線より右上方の領域は均衡水準よりも利子率が高いので、利子率の減少関数である投資が均衡水準より小さくなり、よって、総需要が減るから

ウ 投資の利子率弾力性が大きいほど、IS曲線の傾きは急になる。×

エ 限界消費性向が大きいほど、IS曲線の傾きは緩やかになる。?×〇限界消費性向が大きいほど、利子率が低下したときの投資の増加に対する国民所得の増加分は大きく変化します。そのため、限界消費性向が大きいほど、IS曲線の傾きが緩やか

 IS曲線のシフト

 IS曲線のシフトに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。


ア 政府が減税すると、IS曲線は左方にシフトする。×

イ 民間投資が増加すると、IS曲線は左方にシフトする。×

ウ 政府支出が増加すると、IS曲線は右方にシフトする。〇

エ 輸出が減少すると、IS曲線は右方にシフトする。×

需要項目(消費、民間投資、政府支出、輸出)が増加すると、IS曲線は右方にシフトする

IS-LM分析

 次の図は、IS曲線とLM曲線を表したものである。このIS-LM分析に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

ア IS-LM分析は、IS曲線とLM曲線を利用して、財市場と貨幣市場の同時均衡を達成する均衡国民所得と均衡物価を分析するものである。×財市場と貨幣市場の同時均衡を達成する均衡国民所得均衡利子率を分析するもの

イ IS-LM分析によると、均衡国民所得はY0、均衡利子率はr0となる。〇

ウ 財市場の均衡条件式から導出されるIS曲線の方程式がわかると、数式によって均衡国民所得と均衡利子率が求められる。×IS曲線を表す関数とLM曲線を表す関数の連立方程式により、均衡国民所得、均衡利子率が計算

エ 均衡点Aでは、財市場と貨幣市場が均衡しているので、労働市場も均衡していることになる。×IS-LM分析の均衡点が成立しても、労働市場では失業が発生している可能性

 財政政策の効果

 次の図は、政府が政府支出を増加させ、拡張的な財政政策を実施した場合の状況を表している。ここでは、利子率をr、国民所得をY、政府支出を増加する前のIS曲線をIS0、政府支出を増加した後のIS曲線をIS1で表している。このとき、財政政策の効果に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 

ア 政府支出を増加する前の均衡国民所得はY1、均衡利子率はr1である。×

イ 45度線分析により財市場の均衡だけを考慮した場合、政府が拡張的な財政政策を実施すると、均衡国民所得はY0からY1へと増加することになる。×

ウ IS-LM分析により財市場と貨幣市場の同時均衡を考慮した場合、政府が拡張的な財政政策を実施すると、均衡国民所得はY0からY2へと増加することになる。×

エ 政府が拡張的な財政政策を実施する場合、45度線分析よりもIS-LM分析の方が均衡国民所得の増加分が小さいのは、クラウディングアウトが生じているためである。?〇

政府支出の増加により利子率が上昇し、民間投資が抑制されることを、クラウディングアウト

 金融政策の効果

 次の図は、日本銀行がマネーサプライを増加させ、拡張的な金融政策を実施した場合の状況を表している。ここでは、利子率をr、国民所得をY、マネーサプライを増加する前のLM曲線をLM0、マネーサプライを増加した後のLM曲線をLM1で表している。このとき、金融政策の効果に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

ア マネーサプライを増加する前の均衡国民所得はY0、均衡利子率はr0である。?〇

イ 日本銀行が拡張的な金融政策を実施しても、均衡点はそのままで移動しない。〇

ウ このように流動性のわなに陥っている場合、日本銀行が実施する拡張的な金融政策は有効となる。×

エ 日本銀行が拡張的な金融政策を実施しても、均衡国民所得も均衡利子率も変化しない。〇

 基準割引率および基準貸付利率

 基準割引率および基準貸付利率に関する次の文中の空欄A~Dに入る語句の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

 日本銀行が、個別の金融機関に対して、オペレーションによることなく資金を貸し出す際の( A )を、基準割引率および基準貸付利率という。かつて、日本銀行の主な金融調節手段は、オペレーションではなく、( B )により金融機関に貸出を行うことであった。また、規制金利時代には、預金金利等の各種の( C )が( B )に連動していたため、( B )が変更されると、こうした( C )も一斉に変更される仕組みになっていた。このため、( B )は金融政策の基本的なスタンスを示す代表的な政策金利であった。しかし、1994年に金利自由化が完了し、( B )と預金金利との直接的な連動性はなくなった。こうした連動関係に代わって、現在、各種の( C )は金融市場における ( D )によって決まっている。

ア A:基準手数料  B:窓口規制   C:手数料   D:規制行動

イ A:基準手数料  B:公定歩合〇   C:手数料   D:規制行動

ウ A:基準金利〇   B:窓口規制   C:金利    D:裁定行動

エ A:基準金利   B:公定歩合〇   C:金利〇    D:裁定行動〇

 マネーサプライ

 マネーサプライに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。


ア マネーサプライとは、経済全体に供給している貨幣の供給量のことをいい、この貨幣には、預金も含まれる。〇

イ マネーストック統計の現金通貨には、金融機関保有現金が含まれる。

ウ マネーストック統計のM1は、最も容易に決済手段として用いることができる現金通貨と預金通貨から構成されている。×

エ マネーストック統計のM3は、M1に準通貨やCDを加えた指標である。?〇

貨幣需要

 貨幣需要に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。


ア 取引を行うためや、不意の支出に備えるためという動機に基づく貨幣需要のことを、貨幣の取引需要という。〇

イ 国民所得が増加すると貨幣の取引需要は増加し、逆に、国民所得が減少すると貨幣の取引需要は減少する。〇

ウ 利子率が上昇すると貨幣の資産需要は増加し、逆に、利子率が低下すると貨幣の資産需要は減少する。×

エ ケインズは、人々が利子を生まない貨幣を他の金融資産よりも選好して保有するのは、貨幣のもつ流動性によるものだと考えた。〇

貨幣需要関数

 貨幣需要関数に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。


ア ケインズ型貨幣需要関数は、国民所得の増加関数であり、利子率の減少関数である。〇

イ 縦軸に利子率をとり、横軸に貨幣需要をとると、ケインズ型貨幣需要関数は、一般に、右下がりの曲線で表される。〇

ウ 国民所得が増加すると、貨幣需要曲線は右方にシフトし、国民所得が減少すると、貨幣需要曲線は左方にシフトする。〇

エ 流動性のわなが生じている場合は、貨幣需要曲線は、横軸に対して垂直になる。?×

貨幣供給

 貨幣供給に関する次の文中の空欄A~Dに入る語句の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。


 日本銀行は、金融政策を行い、貨幣供給(マネーサプライ)を調節している。日本銀行が( A )を行うと、現金通貨と準備預金の合計で表される( B )が増加し、その結果、貨幣供給は( C )する。また、日本銀行は、( D )を上げ下げすることで、貨幣乗数を変化させることにより貨幣供給を調整することができる。( D )による貨幣供給の調整のことを( D )操作という。

ア 
A:買いオペレーション〇 B:ハイパワードマネー〇
C:増加〇 D:法定準備率〇

イ 
A:買いオペレーション B:ハイパワードマネー
C:減少 D:法定準備率

ウ 
A:売りオペレーション B:マネーサプライ
C:増加 D:基準割引率および基準貸付率


A:売りオペレーション B:マネーサプライ
C:減少 D:基準割引率および基準貸付率

マネタリーベース

 マネタリーベースに関する記述について、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

a 日本銀行当座預金はマネタリーベースに含まれる。?〇

b 日本銀行の当座預金とは、金融機関が日本銀行に保有する当座預金であり有利子であったが、2016年1月からマイナス金利政策が導入された。×

c マネタリーベース=日本銀行券発行高+貨幣流通高+日本銀行当座預金である。〇

d マネタリーベースはマネーストックM1に含まれないがM2には含まれる?×

[解答群]

ア aとb

イ aとc?〇

ウ bとc

エ bとd

貨幣市場の均衡

 貨幣市場の均衡に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。


ア 貨幣市場の均衡とは、貨幣需要と貨幣供給が一致することをいう。〇

イ ケインズによると、貨幣市場において、一般に、貨幣需要曲線は右下がりの曲線で表され、貨幣供給曲線は横軸に対して垂直な直線で表される。

ウ ケインズによると、利子率は貨幣市場において決定される。

エ ケインズによると、貨幣市場において、日本銀行が貨幣供給を増やすと、利子率は上昇する。×

 LM曲線

 LM曲線に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。


ア LM曲線は、財市場を均衡させる国民所得と利子率の組み合わせを表した曲線のことをいう。×

イ 右上がりのLM曲線の左上方では、貨幣市場において超過供給が発生しており、LM曲線の右下方では、貨幣市場において超過需要が発生している。〇

ウ 貨幣需要の利子率弾力性が大きいほど、LM曲線の傾きも急になる。×

エ マネーサプライが増加すると、LM曲線は左方にシフトする。×

投資関数

 投資関数に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。


ア ケインズによると、投資の限界効率が利子率を下回るときには、投資は実行されない。〇

イ ケインズによると、投資は、利子率の増加関数である。

ウ ケインズによると、投資関数を表す投資曲線は、右上がりの曲線となる。

エ 投資の利子弾力性が大きいほど、投資関数を表す投資曲線の傾きは急になる。

 IS曲線

 IS曲線に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。


ア IS曲線は、貨幣市場を均衡させる国民所得と利子率の組み合わせを表した曲線のことをいう。×

イ 右下がりのIS曲線の右上方では、財市場において超過需要が発生しており、IS曲線の左下方では、財市場において超過供給が発生している。×

ウ 投資の利子率弾力性が大きいほど、IS曲線の傾きは急になる。×

エ 限界消費性向が大きいほど、IS曲線の傾きは緩やかになる。〇

 IS曲線のシフト

 IS曲線のシフトに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。


ア 政府が減税すると、IS曲線は左方にシフトする。×

イ 民間投資が増加すると、IS曲線は左方にシフトする。×

ウ 政府支出が増加すると、IS曲線は右方にシフトする。〇

エ 輸出が減少すると、IS曲線は右方にシフトする。×

IS-LM分析

 次の図は、IS曲線とLM曲線を表したものである。このIS-LM分析に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

ア IS-LM分析は、IS曲線とLM曲線を利用して、財市場と貨幣市場の同時均衡を達成する均衡国民所得と均衡物価を分析するものである。×

イ IS-LM分析によると、均衡国民所得はY0、均衡利子率はr0となる。〇

ウ 財市場の均衡条件式から導出されるIS曲線の方程式がわかると、数式によって均衡国民所得と均衡利子率が求められる。×

エ 均衡点Aでは、財市場と貨幣市場が均衡しているので、労働市場も均衡していることになる。×

 財政政策の効果

 次の図は、政府が政府支出を増加させ、拡張的な財政政策を実施した場合の状況を表している。ここでは、利子率をr、国民所得をY、政府支出を増加する前のIS曲線をIS0、政府支出を増加した後のIS曲線をIS1で表している。このとき、財政政策の効果に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 

ア 政府支出を増加する前の均衡国民所得はY1、均衡利子率はr1である。×

イ 45度線分析により財市場の均衡だけを考慮した場合、政府が拡張的な財政政策を実施すると、均衡国民所得はY0からY1へと増加することになる。×

ウ IS-LM分析により財市場と貨幣市場の同時均衡を考慮した場合、政府が拡張的な財政政策を実施すると、均衡国民所得はY0からY2へと増加することになる。×

エ 政府が拡張的な財政政策を実施する場合、45度線分析よりもIS-LM分析の方が均衡国民所得の増加分が小さいのは、クラウディングアウトが生じているためである。〇

金融政策の効果

 次の図は、日本銀行がマネーサプライを増加させ、拡張的な金融政策を実施した場合の状況を表している。ここでは、利子率をr、国民所得をY、マネーサプライを増加する前のLM曲線をLM0、マネーサプライを増加した後のLM曲線をLM1で表している。このとき、金融政策の効果に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

ア マネーサプライを増加する前の均衡国民所得はY0、均衡利子率はr0である。〇

イ 日本銀行が拡張的な金融政策を実施しても、均衡点はそのままで移動しない。〇

ウ このように流動性のわなに陥っている場合、日本銀行が実施する拡張的な金融政策は有効となる。×

エ 日本銀行が拡張的な金融政策を実施しても、均衡国民所得も均衡利子率も変化しない。〇

マネーサプライ

 マネーサプライに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。


ア マネーサプライとは、経済全体に供給している貨幣の供給量のことをいい、この貨幣には、預金も含まれる。〇マネーサプライとは、経済全体に供給している貨幣の供給量のこと

イ マネーストック統計の現金通貨には、金融機関保有現金が含まれる。×マネーストックとは、基本的に、通貨保有主体が保有する通貨量の残高
マネーストック統計の現金通貨は、金融機関保有現金を含まない点がポイント

ウ マネーストック統計のM1は、最も容易に決済手段として用いることができる現金通貨と預金通貨から構成されている。〇

エ マネーストック統計のM3は、M1に準通貨やCDを加えた指標である。〇

貨幣

 貨幣に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。


ア すぐに取引に使うことができ、通常では元本割れを起こすことがない普通預金は、貨幣である。〇

イ 貨幣が危険資産であるのに対して、債券は安全資産である。

ウ 貨幣市場で超過需要が発生しているときには、債券市場でも必ず超過需要が発生している。

エ 貨幣は、交換手段、価値貯蔵の手段という2つの役割を果たしているが、価値尺度という役割は果たしていない。

マネーサプライ

 マネーサプライに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。


ア マネーサプライとは、経済全体に供給している貨幣の供給量のことをいい、この貨幣には、預金も含まれる。〇

イ マネーストック統計の現金通貨には、金融機関保有現金が含まれる。×

ウ マネーストック統計のM1は、最も容易に決済手段として用いることができる現金通貨と預金通貨から構成されている。〇

エ マネーストック統計のM3は、M1に準通貨やCDを加えた指標である。〇

貨幣需要

 貨幣需要に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。


ア 取引を行うためや、不意の支出に備えるためという動機に基づく貨幣需要のことを、貨幣の取引需要という。〇

イ 国民所得が増加すると貨幣の取引需要は増加し、逆に、国民所得が減少すると貨幣の取引需要は減少する。〇

ウ 利子率が上昇すると貨幣の資産需要は増加し、逆に、利子率が低下すると貨幣の資産需要は減少する。×

エ ケインズは、人々が利子を生まない貨幣を他の金融資産よりも選好して保有するのは、貨幣のもつ流動性によるものだと考えた。〇

貨幣需要関数

 貨幣需要関数に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。


ア ケインズ型貨幣需要関数は、国民所得の増加関数であり、利子率の減少関数である。〇

イ 縦軸に利子率をとり、横軸に貨幣需要をとると、ケインズ型貨幣需要関数は、一般に、右下がりの曲線で表される。〇

ウ 国民所得が増加すると、貨幣需要曲線は右方にシフトし、国民所得が減少すると、貨幣需要曲線は左方にシフトする。〇

エ 流動性のわなが生じている場合は、貨幣需要曲線は、横軸に対して垂直になる。×?横軸に対して水平

貨幣供給

 貨幣供給に関する次の文中の空欄A~Dに入る語句の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。


 日本銀行は、金融政策を行い、貨幣供給(マネーサプライ)を調節している。日本銀行が( A )を行うと、現金通貨と準備預金の合計で表される( B )が増加し、その結果、貨幣供給は( C )する。また、日本銀行は、( D )を上げ下げすることで、貨幣乗数を変化させることにより貨幣供給を調整することができる。( D )による貨幣供給の調整のことを( D )操作という。

ア 
A:買いオペレーション B:ハイパワードマネー
C:増加 D:法定準備率

イ 
A:買いオペレーション B:ハイパワードマネー
C:減少 D:法定準備率

ウ 
A:売りオペレーション B:マネーサプライ
C:増加 D:基準割引率および基準貸付率


A:売りオペレーション B:マネーサプライ
C:減少 D:基準割引率および基準貸付率

マネタリーベース

 マネタリーベースに関する記述について、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

a 日本銀行当座預金はマネタリーベースに含まれる。?〇

b 日本銀行の当座預金とは、金融機関が日本銀行に保有する当座預金であり有利子であったが、2016年1月からマイナス金利政策が導入された。×

c マネタリーベース=日本銀行券発行高+貨幣流通高+日本銀行当座預金である。〇

d マネタリーベースはマネーストックM1に含まれないがM2には含まれる×?M1、M2のいずれにもマネタリーベースは含まれません。

[解答群]

ア aとb

イ aとc〇

ウ bとc

エ bとd

貨幣市場の均衡

 貨幣市場の均衡に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。


ア 貨幣市場の均衡とは、貨幣需要と貨幣供給が一致することをいう。〇

イ ケインズによると、貨幣市場において、一般に、貨幣需要曲線は右下がりの曲線で表され、貨幣供給曲線は横軸に対して垂直な直線で表される。×〇貨幣供給曲線横軸に対して垂直な直線

ウ ケインズによると、利子率は貨幣市場において決定される。×〇貨幣需要曲線と貨幣供給曲線の交点

エ ケインズによると、貨幣市場において、日本銀行が貨幣供給を増やすと、利子率は上昇する。×

 LM曲線

 LM曲線に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。


ア LM曲線は、財市場を均衡させる国民所得と利子率の組み合わせを表した曲線のことをいう。×

イ 右上がりのLM曲線の左上方では、貨幣市場において超過供給が発生しており、LM曲線の右下方では、貨幣市場において超過需要が発生している。〇

ウ 貨幣需要の利子率弾力性が大きいほど、LM曲線の傾きも急になる。×

エ マネーサプライが増加すると、LM曲線は左方にシフトする。×

 投資関数

 投資関数に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。


ア ケインズによると、投資の限界効率が利子率を下回るときには、投資は実行されない。〇

イ ケインズによると、投資は、利子率の増加関数である。×

ウ ケインズによると、投資関数を表す投資曲線は、右上がりの曲線となる。×

エ 投資の利子弾力性が大きいほど、投資関数を表す投資曲線の傾きは急になる。×

IS曲線

 IS曲線に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。


ア IS曲線は、貨幣市場を均衡させる国民所得と利子率の組み合わせを表した曲線のことをいう。×

イ 右下がりのIS曲線の右上方では、財市場において超過需要が発生しており、IS曲線の左下方では、財市場において超過供給が発生している。×

ウ 投資の利子率弾力性が大きいほど、IS曲線の傾きは急になる。×

エ 限界消費性向が大きいほど、IS曲線の傾きは緩やかになる。〇

 IS曲線のシフト

 IS曲線のシフトに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。


ア 政府が減税すると、IS曲線は左方にシフトする。×

イ 民間投資が増加すると、IS曲線は左方にシフトする。×

ウ 政府支出が増加すると、IS曲線は右方にシフトする。〇

エ 輸出が減少すると、IS曲線は右方にシフトする。×

IS-LM分析

 次の図は、IS曲線とLM曲線を表したものである。このIS-LM分析に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

ア IS-LM分析は、IS曲線とLM曲線を利用して、財市場と貨幣市場の同時均衡を達成する均衡国民所得と均衡物価を分析するものである。×

イ IS-LM分析によると、均衡国民所得はY0、均衡利子率はr0となる。〇

ウ 財市場の均衡条件式から導出されるIS曲線の方程式がわかると、数式によって均衡国民所得と均衡利子率が求められる。×

エ 均衡点Aでは、財市場と貨幣市場が均衡しているので、労働市場も均衡していることになる。×

財政政策の効果

 次の図は、政府が政府支出を増加させ、拡張的な財政政策を実施した場合の状況を表している。ここでは、利子率をr、国民所得をY、政府支出を増加する前のIS曲線をIS0、政府支出を増加した後のIS曲線をIS1で表している。このとき、財政政策の効果に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 

ア 政府支出を増加する前の均衡国民所得はY1、均衡利子率はr1である。×

イ 45度線分析により財市場の均衡だけを考慮した場合、政府が拡張的な財政政策を実施すると、均衡国民所得はY0からY1へと増加することになる。×

ウ IS-LM分析により財市場と貨幣市場の同時均衡を考慮した場合、政府が拡張的な財政政策を実施すると、均衡国民所得はY0からY2へと増加することになる。×

エ 政府が拡張的な財政政策を実施する場合、45度線分析よりもIS-LM分析の方が均衡国民所得の増加分が小さいのは、クラウディングアウトが生じているためである。〇

金融政策の効果

 次の図は、日本銀行がマネーサプライを増加させ、拡張的な金融政策を実施した場合の状況を表している。ここでは、利子率をr、国民所得をY、マネーサプライを増加する前のLM曲線をLM0、マネーサプライを増加した後のLM曲線をLM1で表している。このとき、金融政策の効果に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

ア マネーサプライを増加する前の均衡国民所得はY0、均衡利子率はr0である。〇

イ 日本銀行が拡張的な金融政策を実施しても、均衡点はそのままで移動しない。〇

ウ このように流動性のわなに陥っている場合、日本銀行が実施する拡張的な金融政策は有効となる。×

エ 日本銀行が拡張的な金融政策を実施しても、均衡国民所得も均衡利子率も変化しない。〇

日本銀行の金融政策と貨幣【令和元年 第6問】

 日本経済は、日本銀行による金融政策から影響を受けている。貨幣に関する記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

a 中央銀行が買いオペを実施すると、マネタリー・ベースが増加する。〇

b マネー・ストックM1は、現金通貨、預金通貨、準通貨、譲渡性預金の合計である。×M2 M1=現金通貨+全預金取扱機関に預けられた預金通貨

c マネー・ストックをマネタリー・ベースで除した値は「信用乗数」と呼ばれる。?〇信用乗数(貨幣乗数)=マネー・ストック/マネタリー・ベース

d 準備預金が増えると、信用乗数は大きくなる。?〇×信用乗数(貨幣乗数)↓=マネー・ストック/マネタリー・ベース↑

〔解答群〕

  1. aとc
  2. aとd〇
  3. bとc
  4. bとd

金融政策とマネーサプライ 【平成24年 第8問】(設問1)

 金融政策およびマネーサプライ(マネーストック)に関する下記の設問に答えよ。

(設問1)

 金融政策に関する記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

a 貨幣の供給メカニズムで中央銀行が直接的に操作するのは、マネタリーベース(ハイパワードマネー)というよりも、マネーサプライ(マネーストック)である。×

b 市中銀行の保有する現金を分子、預金を分母とする比率が上昇すると、信用乗数(貨幣乗数)は上昇する。×現金預金比率のことです。現金預金比率が上昇すると、信用乗数は低下

c 市中銀行から中央銀行への預け金を分子、市中銀行の保有する預金を分母とする比率が上昇すると、信用乗数(貨幣乗数)は低下する。〇?法定準備率のこと

d 信用乗数(貨幣乗数)は、分子をマネーサプライ(マネーストック)、分母をマネタリーベース(ハイパワードマネー)として算出される比率のことである。〇

[解答群]

ア aとb

イ aとd

ウ bとc

エ cとd〇

マネタリーベース 【平成29年 第7問】

 2016年9月、日本銀行は金融緩和強化のための新しい枠組みとして「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」を導入した。この枠組みでは、「消費者物価上昇率の実績値が安定的に2%を超えるまで、マネタリーベースの拡大方針を継続する」こととされている。

 マネタリーベースに関する記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

a マネタリーベースは、金融部門から経済全体に供給される通貨の総量である。?〇×マネーサプライ

b マネタリーベースは、日本銀行券発行高、貨幣流通高、日銀当座預金の合計である。〇

c 日本銀行による買いオペレーションの実施は、マネタリーベースを増加させる。〇

d 日本銀行によるドル買い・円売りの外国為替市場介入は、マネタリーベースを減少させる。?ドルを市場から買って、円を市場へ売る、つまり流通させることになります。従って、マネタリーベースは増加

[解答群]

ア aとc

イ aとd

ウ bとc〇

エ bとd

金融政策とマネーサプライ 【平成24年 第8問】(設問2)

 金融政策およびマネーサプライ(マネーストック)に関する下記の設問に答えよ。

(設問2)

 日本銀行が公表しているマネーサプライ統計は、2008 年に、マネーストック統計へと見直しが行われた。この見直しに関する説明として、最も適切なものはどれか。

ア 証券会社が保有する現金通貨が、M1 に含まれることになった。

イ ゆうちょ銀行への要求払預金が、M1 に含まれることになった。〇

ウ 預金取扱機関が保有する現金通貨が、M1 に含まれることになった。

エ 預金取扱機関への定期性預金が、M1 に含まれることになった。


Share Button