運営管理 マーチャンダイジング 物流と流通情報システム

あともう少しで2巡目運営管理修了ですが、ピッキング方式のバッチピッキング・トータルピッキングにシングルピッキング、品種別ピッキングにオーダーピッキングリレー方式に種まき方式に摘み取り方式で覚えるの大変です。解説を参考に「種まき、品種、トータル、バッチりです」は覚えましたが、解答時にそれが何かが分からず苦笑いでした。また、コード GS1-128・GTIN・GLN・GDS・ITF群も最終ステージの様に襲い掛かってきています。

商品間の売上金額の相関係数 【平成30年 第36問】

 商品A〜Dの1年間における日別の売上金額について、2商品間の売上金額の相関係数を計算したところ、下表のようになった。これらの結果の解釈および相関係数の一般的な知識に関する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

組み合わせ相関係数
商品Aの売上金額 と 商品Bの売上金額0.5
商品Bの売上金額 と 商品Cの売上金額0.1
商品Aの売上金額 と 商品Dの売上金額-0.7

*ここで相関係数とはピアソンの積率相関係数である。

〔解答群〕

ア 売上金額の相関関係の強さを見ると、商品Aと商品Bの関係より、商品Aと商品Dの関係のほうが強い。

イ 商品Aと商品Bの相関係数が0.5で、商品Bと商品Cの相関係数が0.1であるため、表には計算されていないが、商品Aと商品Cの相関係数は0.4であると言える。

ウ 商品Aと商品Bの相関係数が0.5であるため、商品Bの平均売上金額は、商品Aの平均売上金額の半分であると言える。

エ 相関係数は、-100から100までの範囲の値として計算される。

オ 理論的に相関係数は0にはならない。

ア〇
イ×
ウ×
エ×1
オ×

商品仕入 【平成28年 第27問】

 小売店の商品仕入に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア 委託仕入では、一定期間店頭で販売し、売れ残った商品だけ小売店が買い取る。

イ 委託仕入では、商品の販売価格は原則として小売店が自由に設定する。

ウ 委託仕入において、店頭在庫の所有権は小売店にある。

エ 消化仕入では、商品の販売時に小売店に所有権が移転する。
オ 消化仕入をすると、小売店の廃棄ロスが発生しやすい。

ア×
委託仕入は、メーカーなどの売り手が在庫の所有権を持ったまま小売店が販売を行う方法
イ×
ウ×
エ〇
オ×

値入 【平成22年 第28問】

 商品A、商品B、商品Cの現在の販売価格と値入高は次の通りである。商品Aと商品Bと商品Cをセットで販売する場合、売価値入率を20%にするためには、このセットをいくらで販売したらよいか。

 最も適切なものを下記の解答群から選べ。ただし、消費税は考慮しないものとする。

 商品A  商品B  商品C 
 販売価格 1,200 円1,000 円800 円
 値入高 500 円400 円300 円

[解答群]

ア 1,560 円

イ 1,750 円

ウ 2,160 円

エ 2,250 円

オ 2,460 円

セット原価
=(1200-500)+(1000-400)+(800-300)
=700+600+500=1800
a20%=a-1800
0.2*a=a-1800
(0.2*a)/0.2=(a-1800)/0.2
a=a/0.2-9000
a+9000=a/0.2
(a+9000)*0.2=a
a=0.2a+1800
a-0.2a=1800
0.8a=1800
a=1800/0.8
a=2250
確かめ算=2250*20%=450
2250-450-1800
セット販売価格の20%が値入高になるということは、セット販売価格の80%が原価になるということと同じ意味。よって、セット原価の1800 円を80%で割るとセット販売価格。
1800÷0.8=2250

 商品予算計画 【平成23年 第32問】

 商品予算計画に関する算出数値として、最も不適切なものはどれか。

ア 1,800 円で仕入れた商品を売価値入率25%で販売する場合、販売価格は2,400 円である。

イ ある小売店の1年間の粗利益高が1,300 万円、年間平均在庫高(原価)が500 万円である場合、GMROI は260%である。

ウ ある商品の売上高粗利益率が30%であり、商品回転率が6回転である場合に、交差主義比率は5%である。

エ 期首商品棚卸高600 万円、期末商品棚卸高400 万円、年間売上高3,000 万円の場合に、商品回転率を求めると、6回転である。

ア2400*25%=600,2400-600=1800〇
イ1300÷500=260%〇
ウ交差比率
=粗利益÷平均在庫高(売価)
=売上総利益率×商品回転率
=30%*6=180%×
エ商品回転率
=売上高÷平均商品棚卸高
=3000÷((600+400)/2)
=3000÷500
=6〇

GMROI 【平成24年 第26問】

 ある小売店では、年間売上高2,900 万円、期首在庫高(原価)800 万円、期中仕入高1,600万円、期末在庫高(原価)700 万円であった。この店のGMROI として最も適切なものはどれか。

ア 120%

イ 130%

ウ 160%

エ 180%

オ 200%

GMROI は、商品投下資本粗利益率=投下した商品に対する粗利益の割合
GMROI =粗利益/平均在庫高(原価)
平均在庫高(原価)=(800+700)/2=750
売上原価=800+1600ー700=1700
売上総利益=2900-1700=1200
GMROI=1200÷750=160%

在庫高予算 【平成23年 第29問】

 ある小売店では、当月売上高予算250 万円、年間売上高予算2,400 万円、年間予定商品回転率が6回転である。この場合に、基準在庫法によって月初適正在庫高を算出するといくらになるか。最も適切なものを選べ。

ア 400 万円

イ 450 万円

ウ 500 万円

エ 600 万円

オ 650 万円

基準在庫法では、月初在庫高予算は、当月売上高予算に安全在庫を加えた値
安全在庫は、年間平均在庫高から月平均売上高を差し引くことによって算出
年間平均在庫高
=年間売上高予算2,400 万円÷年間予定商品回転率6回転=400
月平均売上高
=年間売上高予算2,400 万円÷12=200
安全在庫
=400-200=200
基準在庫法によって月初適正在庫高
=当月売上高予算250 万円+安全在庫200=450

相乗積2【令和元年 第28問】

 店舗Xのある月の営業実績は下表のとおりである。この表から計算される相乗積に関する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

〔解答群〕

  1. カテゴリーA~Eの合計の販売金額が2倍になると、各カテゴリーの相乗積の合計も2倍になる。
  2. カテゴリーAの相乗積は50%である。
  3. カテゴリーAの販売金額も粗利益率も変わらず、他のカテゴリーの販売金額が増加すると、カテゴリーAの相乗積は減少する。
  4. カテゴリーBはカテゴリーCよりも相乗積が大きい。
  5. 相乗積が最も大きいカテゴリーは、カテゴリーEである。

1×
2A25%*20%=5%×
3〇
エB=15%*20%=3%、C=3%×
オD=30%*40%=12%、E=20%*50%=10%×

商品間の売上金額の相関係数 【平成30年 第36問】

 商品A〜Dの1年間における日別の売上金額について、2商品間の売上金額の相関係数を計算したところ、下表のようになった。これらの結果の解釈および相関係数の一般的な知識に関する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

組み合わせ相関係数
商品Aの売上金額 と 商品Bの売上金額0.5
商品Bの売上金額 と 商品Cの売上金額0.1
商品Aの売上金額 と 商品Dの売上金額-0.7

*ここで相関係数とはピアソンの積率相関係数である。

〔解答群〕

ア 売上金額の相関関係の強さを見ると、商品Aと商品Bの関係より、商品Aと商品Dの関係のほうが強い。

イ 商品Aと商品Bの相関係数が0.5で、商品Bと商品Cの相関係数が0.1であるため、表には計算されていないが、商品Aと商品Cの相関係数は0.4であると言える。

ウ 商品Aと商品Bの相関係数が0.5であるため、商品Bの平均売上金額は、商品Aの平均売上金額の半分であると言える。

エ 相関係数は、-100から100までの範囲の値として計算される。

オ 理論的に相関係数は0にはならない。

ア〇

 値入 【平成22年 第28問】

 商品A、商品B、商品Cの現在の販売価格と値入高は次の通りである。商品Aと商品Bと商品Cをセットで販売する場合、売価値入率を20%にするためには、このセットをいくらで販売したらよいか。

 最も適切なものを下記の解答群から選べ。ただし、消費税は考慮しないものとする。

 商品A  商品B  商品C 
 販売価格 1,200 円1,000 円800 円
 値入高 500 円400 円300 円

[解答群]

ア 1,560 円

イ 1,750 円

ウ 2,160 円

エ 2,250 円

オ 2,460 円

仕入額=1200-500+1000-400+800-300=1800
販売価格=1800÷(1-売価値入率20%)=1800÷0.8=2250

商品予算計画 【平成23年 第32問】

 商品予算計画に関する算出数値として、最も不適切なものはどれか。

ア 1,800 円で仕入れた商品を売価値入率25%で販売する場合、販売価格は2,400 円である。

イ ある小売店の1年間の粗利益高が1,300 万円、年間平均在庫高(原価)が500 万円である場合、GMROI は260%である。

ウ ある商品の売上高粗利益率が30%であり、商品回転率が6回転である場合に、交差主義比率は5%である。

エ 期首商品棚卸高600 万円、期末商品棚卸高400 万円、年間売上高3,000 万円の場合に、商品回転率を求めると、6回転である。

ア2400-(2400*25%)=1800 〇
イ1300÷500=260% 〇
ウ30%*6=180% ×
エ3000÷((600+400)/2)=6 〇

 GMROI 【平成24年 第26問】

 ある小売店では、年間売上高2,900 万円、期首在庫高(原価)800 万円、期中仕入高1,600万円、期末在庫高(原価)700 万円であった。この店のGMROI として最も適切なものはどれか。

ア 120%

イ 130%

ウ 160%

エ 180%

オ 200%

商品投下資本利益率
売上原価=800+1600-700=1700
売上総利益=2900-1700=1200
GMROI=1200÷((800+700)/2)=1200/750=160%

在庫高予算 【平成23年 第29問】

 ある小売店では、当月売上高予算250 万円、年間売上高予算2,400 万円、年間予定商品回転率が6回転である。この場合に、基準在庫法によって月初適正在庫高を算出するといくらになるか。最も適切なものを選べ。

ア 400 万円

イ 450 万円

ウ 500 万円

エ 600 万円

オ 650 万円

基準在庫法によって月初適正在庫高
月初在庫高予算は、当月売上高予算に安全在庫を加えた値
安全在庫=年間平均在庫高から月平均売上高を差し引くことによって算出
年間平均在庫高=年間売上予算を年間予定商品回転率で割ることにより計算
=2400÷6=400

=当月売上高予算250 万円+安全在庫(年間平均在庫高(年間売上高予算2,400 万円÷年間予定商品回転率6回転)ー月平均売上高(年間売上高予算2,400 万円÷12))
=250+(400ー200)
=450

相乗積2【令和元年 第28問】

 店舗Xのある月の営業実績は下表のとおりである。この表から計算される相乗積に関する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

〔解答群〕

  1. カテゴリーA~Eの合計の販売金額が2倍になると、各カテゴリーの相乗積の合計も2倍になる。
  2. カテゴリーAの相乗積は50%である。
  3. カテゴリーAの販売金額も粗利益率も変わらず、他のカテゴリーの販売金額が増加すると、カテゴリーAの相乗積は減少する。
  4. カテゴリーBはカテゴリーCよりも相乗積が大きい。
  5. 相乗積が最も大きいカテゴリーは、カテゴリーEである。

ア×
イA25%*20%=5%
ウ〇
エB15%*20%=3%、C=3% ×
オD=30%*40%=12%、E=20%*50%=10% ×

GMROI 【平成24年 第26問】

 ある小売店では、年間売上高2,900 万円、期首在庫高(原価)800 万円、期中仕入高1,600万円、期末在庫高(原価)700 万円であった。この店のGMROI として最も適切なものはどれか。

ア 120%

イ 130%

ウ 160%

エ 180%

オ 200%

GMROI は、商品投下資本粗利益率
売上原価=800+1600-700=1700
売上総利益=2900-1700=1200
GMROI=1200/((800+700)/2)
=1200/750=160%

在庫高予算 【平成23年 第29問】

 ある小売店では、当月売上高予算250 万円、年間売上高予算2,400 万円、年間予定商品回転率が6回転である。この場合に、基準在庫法によって月初適正在庫高を算出するといくらになるか。最も適切なものを選べ。

ア 400 万円

イ 450 万円

ウ 500 万円

エ 600 万円

オ 650 万円

基準在庫法によって月初適正在庫高
=当月売上高予算250 万円+安全在庫(年間平均在庫高(年間売上高予算2,400 万円÷年間予定商品回転率6回転)ー月平均売上高(2400/12))
=250+(400-200)=450

物流センター内のピッキング作業

 物流センター内で行われるピッキング作業に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア バッチピッキングは、多品種少量の品目を、多くの小売店に出荷する場合に適している。

イ トータルピッキングは、いくつかの小売店に、特定の少量品目を大量に出荷する場合に適している。

ウ シングルピッキングは、ピッキング後の仕分け作業が必要になるため、出荷品目が多い場合には適さない。

エ 種まき方式は、オーダー毎にピッキングするため、移動距離が長くなる傾向にある。

オ 品種別ピッキングは、複数の作業者が作業範囲を分担し、各範囲の担当者がコンテナを中継しながら、ピッキング作業を完結する方式である。

ア×
イ〇
ウ×
エ×
オ×

一括物流

 一括物流に関する記述として、最も不適切なものはどれか。


ア 一括物流により、小売店舗におけるカテゴリーマネジメントが実現しやすくなる。

イ 一括物流により、小売店舗側での検品の負荷を減らすことができる。

ウ 一括物流センターには、在庫を持つ「TC型」と、在庫をもたない「DC型」の2種類がある。

エ 通過型センターには、「ベンダー仕分型」と「センター仕分け型」の2種類がある。

ア〇
イ〇
ウ×在庫を持つDCと通過TC
エ〇

一括物流センター

 一括物流センターの特徴に関する記述として、最も不適切なものはどれか。


ア 通過型センターは、在庫型センターに比べて小売店から受注して納品するまでのリードタイムが長くなる傾向にある。

イ あらかじめベンダーで各小売店別に仕分けされた商品を、通過型センターで荷合わせすることで、カテゴリー納品を効率的に行える。

ウ 通過型センターは、複数のベンダーの商品を扱うため、EDIの対応が難しくなる傾向にある。

エ 通過型センターで行われる、商品在庫をもたずに出荷する仕組みやシステムをクロスドッキングと呼ぶ。

ア〇
イ×
ウ〇
エ〇

バーコード

 次に示すコードの名称と内容について、最も適切なものの組み合せを下記の解答群から選べ。

a GS1-128 - 企業間取引で使用する国際標準の事業所コード

b GTIN - 企業間取引で使用する標準的な商品コード

c GLN - 企業間で商品マスター情報を標準化し、共有する仕組み

d GDS - JANコードやITFで表示できなかった多様な表示をできるコード

e ITF - 物流梱包外装などに表示されるコード


〔解答群〕

 ア aとb

 イ aとd

 ウ bとe

 エ cとd

 オ eとc

a 企業間取引で使用する国際標準の事業所コード GLN

b 企業間取引で使用する標準的な商品コード GTIN

c 企業間で商品マスター情報を標準化し、共有する仕組み GDS

d JANコードやITFで表示できなかった多様な表示をできるコード GS1-128

e 物流梱包外装などに表示されるコード ITF

EOS

 EOSの導入効果や、EOSの方式に関する記述として、最も不適切なものはどれか。


ア EOSを導入することで、受発注業者ともに効率的な運営が可能となり、在庫の削減が期待できる。〇

イ バーコードスキャン方式では、陳列棚の商品バーコードをスキャンすることで、在庫量が計算されて自動発注ができる。×

ウ EOB方式では、商品の売れ行きを確認しながら、仕入量を決定することができる。〇

エ EOSを導入することで、経験が少ない店員でも、比較的簡単に発注作業を行うことができる。〇

CAO

 小売業がCAOを導入する効果に関する記述として、最も不適切なものはどれか。


ア CAOの導入により、適正在庫水準の維持が自動的に行える。〇

イ CAOの導入により、発注作業を大幅に減らすことができる。〇

ウ CAOの導入により、安全在庫を考慮した発注の必要がなくなる。×

エ CAOの導入により、各品目の発注頻度を適正化できる。〇

CAO(Computer Assisted Ordering)とは、小売店が自店のPOSデータを分析して、適正在庫を保つように、コンピュータを用いて自動的に商品を補充発注するシステム。

EDI

 EDIに関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア VMIとは、POSデータや基準在庫量に基づいて、商品が少なくなったら自動的に発注する、商品補充の仕組みである。×
Vender Managed Inventory。 選択肢の記述は「CRP」に関する内容

イ Web-EDIでは、受発注に必要なテキストデータのみしか取り扱うことができない。×

ウ XML-EDIは、インターネットの接続環境とWebサーバーを構築すればよいので、比較的安価に導入できる。× カスタマイズを行うソフトウェアの開発が必要。

エ Web-EDIでは、社内システムと連携する際に手作業が発生する場合が多く、全体の効率化に結びつかないことがある。〇

EDI2

 EDIに関する記述として、最も不適切なものはどれか。

ア 「CII標準」とは、EDIによる電子データの交換を行うための、日本の標準規格である。〇

イ 小売業から、卸売業に送られる代表的なデータの一つに、「品切情報」がある。×逆

ウ EDIの標準メッセージは、業界毎に異なり、CIIシンタックスルールと組合わせて運用されることが多い。〇

エ 小売業が、卸売業から受けとる代表的なデータの一つに、「商品マスター情報」がある。〇

インターネット販売

 インターネット販売における用語および特徴に関する説明として、最も不適切なものはどれか。

ア コンバージョンレートは、WEB広告やダイレクトメール広告の評価指標として用いることができる。〇

イ コンバージョンレートの値が高いほうが、広告効果が高いと評価できる。〇

ウ ロングテールは、実店舗で多くみられる現象であり、インターネット販売で見られることは少ない。×

エ ロングテールは、少量しか売れていない商品の売上を積み上げれば大きな売上になる現象をいう。〇

物流センター内のピッキング作業

 物流センター内で行われるピッキング作業に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア バッチピッキングは、多品種少量の品目を、多くの小売店に出荷する場合に適している。×

イ トータルピッキングは、いくつかの小売店に、特定の少量品目を大量に出荷する場合に適している。〇

ウ シングルピッキングは、ピッキング後の仕分け作業が必要になるため、出荷品目が多い場合には適さない。×

エ 種まき方式は、オーダー毎にピッキングするため、移動距離が長くなる傾向にある。×

オ 品種別ピッキングは、複数の作業者が作業範囲を分担し、各範囲の担当者がコンテナを中継しながら、ピッキング作業を完結する方式である。×

一括物流

 一括物流に関する記述として、最も不適切なものはどれか。


ア 一括物流により、小売店舗におけるカテゴリーマネジメントが実現しやすくなる。〇

イ 一括物流により、小売店舗側での検品の負荷を減らすことができる。〇

ウ 一括物流センターには、在庫を持つ「TC型」と、在庫をもたない「DC型」の2種類がある。×

エ 通過型センターには、「ベンダー仕分型」と「センター仕分け型」の2種類がある。〇

一括物流センター

 一括物流センターの特徴に関する記述として、最も不適切なものはどれか。


ア 通過型センターは、在庫型センターに比べて小売店から受注して納品するまでのリードタイムが長くなる傾向にある。〇

イ あらかじめベンダーで各小売店別に仕分けされた商品を、通過型センターで荷合わせすることで、カテゴリー納品を効率的に行える。×

ウ 通過型センターは、複数のベンダーの商品を扱うため、EDIの対応が難しくなる傾向にある。〇

エ 通過型センターで行われる、商品在庫をもたずに出荷する仕組みやシステムをクロスドッキングと呼ぶ。〇

共同物流

 共同物流に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア 共同物流の推進により、物流事業者は減少する傾向にある。〇

イ 共同物流では、物流サービスのレベルは低下する傾向にある。

ウ 共同物流では、小売店からの急な納品依頼にも柔軟に対応しやすい。

エ 共同物流の推進により、荷主側の物流コストは増える傾向にある。

バーコード

 次に示すコードの名称と内容について、最も適切なものの組み合せを下記の解答群から選べ。

a GS1-128 - 企業間取引で使用する国際標準の事業所コード×

b GTIN - 企業間取引で使用する標準的な商品コード〇

c GLN - 企業間で商品マスター情報を標準化し、共有する仕組み

d GDS - JANコードやITFで表示できなかった多様な表示をできるコード

e ITF - 物流梱包外装などに表示されるコード〇


〔解答群〕

 ア aとb

 イ aとd

 ウ bとe

 エ cとd

 オ eとc

倉庫管理とピッキング 【平成20年 第27問】

 倉庫管理とピッキングに関する記述について、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

a 一般に、出荷量が多く高回転の商品群は、入荷即出荷ができる倉庫の出入り口の近くに置くのがよい。〇

b フリーロケーションでは、1アイテムが複数のロケーションに登録される場合がある。〇

c 出荷先が多く多品種で、1品目あたりの出荷数量が少ない場合には、トータルピッキングが適している。×

d 平場による保管方法は、作業性と保管効率の両面で劣っている。×

[解答群]

ア aとb

イ aとc

ウ bとc

エ bとd

オ cとd

物流センター 【平成24年 第32問】

 日本の物流センターに関する記述として最も適切なものはどれか。

ア 小売業の専用センターで共同配送を行うと、店舗への配送頻度を高めてサービスレベルを高めることができるが、物流コストは増加する。×

イ 小売業の専用センターは、卸売業者により運営されていることが多い。〇

ウ 小売業の専用センターは、クロスドッキングの機能を持つ通過型センターである。×

エ センターフィーは、小売業者の得る利益等を勘案して合理的であると認められる範囲であることが「大規模小売業告示」で求められている。×






Share Button