運営管理 物流と流通情報システム 経営情報システム コンピュータの基礎

基礎力アップ期の運営管理が修了しました。光陰矢の如し、と言いたいところですが履歴を確認すると11月16日から今日まで12日間ずっと運営管理漬けで、たいがいでしたw

PI値を用いた需要予測 【平成26年 第27問】

 PI(Purchase Incidence)値を用いた需要予測に関する次の文中の空欄AとBに入る数字の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

ある小売店舗で、ある日3,000人がレジを通過した。この日に商品Xが60個売れたとき、この商品のPI値はAである。この店舗で翌週の同曜日に見込まれるレジ通過人数が4,000 人のとき、商品Xの販売数量はB個と予測できる。
[解答群] ア  A:20   B:65    イ  A:20   B:80    ウ  A:50   B:65    エ  A:50   B:80   

PI値は「購買指数」と呼ばれる指標です。PI値は、客数1000人当たりの売上実績を表します。つまり、レジを通過した1000人の顧客が、どれぐらい商品を購入したかを表すものです。 PI値には、数量ベースのものと金額ベースのものがあります。数量ベースのPI値は、1000人当たりの売上点数を表します。金額ベースのPI値は、1000人当たりの売上金額を表します。  設問では、「ある小売店舗で、ある日3,000人がレジを通過した。この日に商品Xが60個売れた」とあるので、数量ベースのPI値を求めます。PI値は1000人当たりの売上点数ですので、60÷3000×1000=20となります。 また、ある商品のPI値と客数が予想できれば、次の式で販売予測をすることができます。  販売予測 = PI値 × 客数 ÷ 1000 PI値は20なので、この店舗で翌週の同曜日に見込まれるレジ通過人数が4,000 人のとき、商品Xの販売数量の予測は、次のように計算されます。  20×4000÷1000=80(個) ここまで踏まえた上で解答群を見ると、正解はイであることが分かります。

販売データの分析 【平成24年 第40問】

 商品の販売データの分析に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

ア いったん「売れ筋」商品と位置づけられた商品であっても、条件が変われば「死に筋」商品になる可能性がある。

イ いわゆる「ロングテール現象」とは、インターネット通信販売などにおいて、「死に筋」商品の売上をすべて合計すると大きな売上が得られるという現象を指す。

ウ 小売店舗の売場面積は限られているために、交差比率の低い「死に筋」商品を排除することが重要である。

エ 販売数量を期待できないが、他の商品の販売促進効果が期待できる商品群を「見せ筋」ということがある。

選択肢ウについて、交差比率とは、商品がどれくらい効率よく利益を生み出しているかを測る指標です。交差比率は次の式で表されます

 交差比率=粗利益率×商品回転率

 交差比率が高い商品ほど、効率よく利益を生み出しており、利益貢献度が高いということです。

 そのため、一般的には、小売店舗では交差比率の高い売れ筋商品を並べて、交差比率の低い死に筋商品を排除することを検討します。ただし、交差比率だけで判断して直ちに商品を排除することには疑問が生じます。その商品だけで見ると死に筋商品ではあるが、他の商品と一緒に購入されている可能性があります。また、選択肢エにある「見せ筋」商品になっている可能性もあります。よって選択肢ウは不適切であり、これが正解です。

 選択肢エについて、「見せ筋」とは、その商品自体を販売することが目的ではなく、客寄せや他の商品の販売を促進することが目的である商品を指します。例えば、派手で見栄えがする商品やグレードの高い商品は、それ自体はあまり売れませんが、集客効果があり、より手頃な売れ筋商品の販売を促進できます。選択肢エの記述は、見せ筋の説明になっているため適切です。

バーコード 【平成20年 第37問】

 食品の商品識別用コードに関する記述として、最も不適切なものはどれか。

ア GDS(Global Data Synchronization)とは、商品を識別するために国際的に統一された14 桁の共通商品コードである。

イ GLN(Global Location Number)とは、13 桁の国際標準規格の企業・事業所コードのことである。

ウ GTIN(Global Trade Item Number)とは、単品コードや集合包装品コードを包含するあらゆる荷姿の商品を識別するためのコードである。

エ ITF(Inter-leaved Two of Five)とは、物流梱包などの外装などに表示されるバーコードのことである。

オ JAN(Japanese Article Number)とは、消費者購入単位の商品であれば、集合包装の形状であっても付番される共通商品コードである。

選択肢アについて、GDS とは、メーカー、卸、小売といった商品物流の流れにおいて、商品情報を共有するシステムのことです。共通商品コードではありません。よって選択肢アは不適切で正解です。商品マスターを川上から川下まで共有化できると、各社でそれぞれ入力しなければならない商品マスターのメンテナンスの負荷を軽減できたり、情報の即時性が高まったり、メーカーと小売業者の情報連動による連携強化が図れたり、といった効果が期待されます。ちなみに選択肢アの内容はGTIN の説明です。

EDI 【平成23年 第40問】

 EDI に関する説明として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

a 伝票をOCR 処理して電子化する場合は、EDI の一形式と考えられる。

b XML 形式でデータ交換を行う場合、ブラウザ操作などの人手を介する必要がある。

c 企業固有の独自仕様でなく標準的なデータ形式を用いる場合を、オープンEDI という。

d 電子メールにファイルを添付しデータ交換を行う場合を、e-mail EDI という。

[解答群]

ア aとb

イ aとd

ウ bとc

エ bとd

オ cとd

aについて、OCR 処理とは、光学文字認識のことです。つまり、活字の文書の画像をコンピュータが編集できる形式に変換することです。EDI はデータを電子化することなので、OCR 処理はその一形式であると言えます。よってaは適切です。

 次にbについて、XML 形式でのデータ交換というのは、システム同士でデータをやり取りする場合のもので、基本的に人が直接操作するものではありません。同じマークアップ言語でも、HTML はブラウザ操作などで人手を介するものになります。よってbは不適切です。

 次にcについて、オープンEDI とは、インターネットを介してオープンな取引に適用されるEDIのことです。インターネットEDI とも呼ばれます。従来のEDI は専用線や専用ソフトを用いて、特定の企業同士でデータを交換していた点が異なります。よってcは不適切です。

 最後にdについて、e-mail EDI とは、まさに電子メールにファイルを添付しデータ交換を行うことです。よってdは適切です。

マーケットバスケット分析 【平成30年 第39問】(設問1)

 マーケットバスケット分析は、頻繁に購入される商品の組み合わせ(相関ルール) を見つけ、併買を促すためのヒントを見つけ出すのに活用される方法の1つである。この相関ルールの評価に関する下記の設問に答えよ。

(設問1)

 相関ルールを多角的な観点から評価するためには、複数の指標が用いられる。 このうち、リフト値は重要な評価指標の1つであるが、他に2つの評価指標を挙げる場合、以下の①〜④のうち、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

① コンバージョン率

② 支持度(サポート)

③ 信頼度(コンフィデンス)

④ 正答率

〔解答群〕

ア ①と③

イ ①と④

ウ ②と③

エ ②と④

オ ③と④

コンバージョン率は、インターネット広告やECサイトで、効率を計るために用いられる比率です。たとえばECサイトで、ある商品を実際に購入したユーザーの数をその商品の紹介ページを見たユーザーの数で割れば、紹介ページのコンバージョン率となります。

 以下では特定の商品(X)と商品(Y)の相関ルールについて考えましょう。

 支持率(サポート率)は、顧客が商品の中で、特定の商品(X)と特定の商品(Y)の組み合わせを買う割合です。同時購入顧客数÷全体顧客数で算出されます。

 信頼度(コンフィデンス)は、特定の商品(X)を買った人が特定の商品(Y)も買う確率で、関連の強さを表します。同時購買顧客数÷商品(X)の顧客数で算出します。

 なお、リフト値=信頼度÷期待信頼度です。

 期待信頼度は、特定の商品(Y)を単独で買う確率でその商品の人気を判断する割合です。特定の商品(Y)の顧客数÷全体顧客数で算出されます。

 リフト値は信頼度と期待信頼度の比率です。特定の商品(Y)単体の人気度と商品(X)と商品(Y)の因果関係のどちらが強いかを判断します。なお、④の正答率は、マーケットバスケット分析とは関係がありませんので外れます。 相関ルールですので2商品間の相関ルールではない①のコンバージョン率は外れます。従って、②と③の組み合わせである選択肢ウが正解となります。

マーケットバスケット分析 【平成30年 第39問】(設問2)

 マーケットバスケット分析は、頻繁に購入される商品の組み合わせ(相関ルール) を見つけ、併買を促すためのヒントを見つけ出すのに活用される方法の1つである。この相関ルールの評価に関する下記の設問に答えよ。

(設問2)

 商品Xと商品Yの相関ルールを評価するとき、商品Xの購買が、どの程度、商品Yの購買を増大させているかを示すリフト値を計算する式を次に示す。

以下の①〜④のうち、式の空欄AとBに入る語句として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

① 全顧客数

② 商品Xを購入した顧客数

③ 商品Yを購入した顧客数

④ 商品XとYを購入した顧客数

〔解答群〕

ア A:①  B:②

イ A:①  B:④

ウ A:②  B:②

エ A:②  B:③

オ A:③  B:④

設問2は、リフト値の計算式を求める問題です。上記のようにリフト値の意味を「特定の商品Y単体の人気度と商品Xと商品Yの因果関係のどちらが強いかを判断する」ためと理解していれば、正解できたのではないでしょうか。

なお、当設問では、商品X単体の購買と、商品Yと組み合わせた購買を比較することで商品Xの商品Yの購買に対する貢献度を見ようというのものです。従って、 B は商品Yを購入した顧客数になる点に注意してください。従って、リフト値=信頼度÷期待信頼度ですので、

 となり、 A は②商品Xの顧客数、 B は③商品Yを購入した顧客数となります。

 従って、選択肢エが正解です。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です