運営管理 生産管理と生産方式 工場計画と開発設計 財務・会計 現代のファイナンス 

財務・会計が終わり運営管理へ。今迄強敵と思っていた配当還元法・簿価純資産法・時価純資産法・理論株価・株価純資産倍率・配当利回り計算方法等が記憶定着し始めていただけに離れるのは忘却が恐ろしいですが、また逢う日まで。。

配当割引モデル 【平成28年 第16問】

 1年後の配当は105千円、その後毎年3%の成長が永続することを見込んでいる。割引率(株主資本コスト)が年5%である場合、配当割引モデルに基づく企業価値の推定値として最も適切なものはどれか。

ア 1,575千円

イ 2,100千円

ウ 3,500千円

エ 5,250千円

配当割引モデルに基づく企業価値の推定値=配当105千円/(3%成長-割引率(株主資本コスト)年5%)=105千円/-2%=

将来のキャッシュ・フローをFCF、資本コストをr、毎年の成長率をgとすると、将来のキャッシュ・フローが一定の割合で成長する場合の配当割引モデルに基づく企業価値の推定は、次の計算式で求めることができます。

企業価値=FCF/(r-g) (r>gのとき) 

 この計算式に、FCF = 105千円、r = 0.05、g = 0.03を代入すると、次のようになります。

 企業価値 = 105千円÷(0.05-0.03)= 5,250千円

 よって、選択肢エが正解です。

企業評価 【平成23年 第20問】(設問2)

 次の文章とデータに基づいて、下記の設問に答えよ。

 企業評価の手法には、バランスシート上の純資産価値に着目するアプローチのほか、DCF法や収益還元方式に代表される [ A ] アプローチ、PER やPBR といった評価尺度を利用する[ B ] アプローチなどがある。以下のデータに基づいて、[ A ] アプローチの1つである配当割引モデルによって株式価値評価を行うと、株式価値は [ C ] と計算される。また、PBR は [ D ] 倍と計算される。

 なお、自己資本コストはCAPM により算出する。

・総資産簿価1億円
・負債6,000万円
・当期純利益500 万円
・予想1株あたり配当額   30 円
・発行済み株式数10 万株
・株価500円
・β 値
・安全利子率2%
・期待市場収益率6%

(設問2)

 文中の空欄Cに入る金額として最も適切なものはどれか。

ア 300 円

イ 500 円

ウ 750 円

エ 1,500 円

自己資本=総資産-負債=4000万
÷発行済み株式数=400円(一株当たり純資産)
配当額=30円*10万=300万
300万÷(
株式価値=

配当割引モデル株式価値=配当額÷期待収益率(自己資本コスト)
=配当額30 円÷期待収益率(自己資本コスト)10%=300円
期待収益率CAPM=安全利子率2%+(期待市場収益率6%-安全利子率2%)×β値2=10%

(設問3)

 文中の空欄Dに入る数値として最も適切なものはどれか。

ア 1.25
イ 8
ウ 10
エ 16.67

PBR=株価÷一株当たり純資産
=500/400=1.25

自己資本配当率の計算、PERの計算 【平成25年 第20問】(設問1)

 次のデータに基づき、以下の設問に答えよ。

PBRROE自己資本比率配当性向配当利回り
1.210 %60%36%3%

(設問1)

自己資本配当率(DOE)として、最も適切なものはどれか。

ア 3.6%

イ 7.2 %

ウ 21.6%

エ 43.2%

DOE=配当性向*自己資本比率=0.216

(設問2)

PERとして、最も適切なものはどれか。

ア 2倍

イ 3.3倍

ウ 12倍

エ 40倍

PER=1.2/0.1=12

PER=株価収益率= 株式時価総額 ÷ 当期純利益

PER = PBR(株価純資産倍率)÷ ROE(自己資本利益率)

 この計算式に、PBR = 1.2、ROE = 0.1を代入すると、次のようになります。

PER = 1.2 ÷ 0.1 = 12倍

 配当割引モデル 【平成28年 第16問】

 1年後の配当は105千円、その後毎年3%の成長が永続することを見込んでいる。割引率(株主資本コスト)が年5%である場合、配当割引モデルに基づく企業価値の推定値として最も適切なものはどれか。

ア 1,575千円

イ 2,100千円

ウ 3,500千円

エ 5,250千円

配当割引モデルに基づく企業価値の推定値=105÷(0.05-0.03)=52.5

企業評価 【平成23年 第20問】(設問2)

 次の文章とデータに基づいて、下記の設問に答えよ。

 企業評価の手法には、バランスシート上の純資産価値に着目するアプローチのほか、DCF法や収益還元方式に代表される [ A ] アプローチ、PER やPBR といった評価尺度を利用する[ B ] アプローチなどがある。以下のデータに基づいて、[ A ] アプローチの1つである配当割引モデルによって株式価値評価を行うと、株式価値は [ C ] と計算される。また、PBR は [ D ] 倍と計算される。

 なお、自己資本コストはCAPM により算出する。

・総資産簿価1億円
・負債6,000万円
・当期純利益500 万円
・予想1株あたり配当額   30 円
・発行済み株式数10 万株
・株価500円
・β 値
・安全利子率2%
・期待市場収益率6%

(設問2)

 文中の空欄Cに入る金額として最も適切なものはどれか。

ア 300 円

イ 500 円

ウ 750 円

エ 1,500 円

配当割引モデルによって株式価値評価を行うと、株式価値=
総資産-負債=4000万自己資本÷10万株=400円一株当たり純資産

CAPM=安全利子率2%+(期待市場収益率6%ー安全利子率2%)*β2=10%
株式価値=配当額30円÷期待収益率10%=300円

配当割引モデル=配当額÷期待収益率つまり自己資本コスト
で期待収益率はCAPM で計算されます。

 ここでは配当額は30 円。期待収益率はCAPM の公式により、安全利子率2%+(期待市場収益率6%-安全利子率2%)×β値2ということで、10%になります。

 よって株式価値は、配当金30 円÷期待収益率10%で300 円になり、選択肢アが正解となります。

自己資本配当率の計算、PERの計算 【平成25年 第20問】(設問1)

 次のデータに基づき、以下の設問に答えよ。

PBRROE自己資本比率配当性向配当利回り
1.210 %60%36%3%

(設問1)

自己資本配当率(DOE)として、最も適切なものはどれか。

ア 3.6%

イ 7.2 %

ウ 21.6%

エ 43.2%

DOE=配当性向*自己資本比率=36%*60%=0.216

DOE=配当総額÷自己資本=ROE*配当性向

自己資本配当率(DOE:Dividend On Equity)とは、企業が自己資本に対してどれだけ株主に配当金を支払ったかを示す指標です。DOEは次のように計算されます。

DOE = 配当総額 ÷ 自己資本

DOEの計算式を分解すると、次のようになります。

DOE = (当期純利益 ÷ 自己資本) × (配当総額 ÷ 当期純利益)= ROE(自己資本利益率) × 配当性向

この計算式に、ROE = 0.1、配当性向 = 0.36を代入すると、次のようになります。

  DOE = 0.1 × 0.36 = 3.6%

よって、選択肢アが正解となります。

 自己資本配当率の計算、PERの計算 【平成25年 第20問】(設問2)

 次のデータに基づき、以下の設問に答えよ。

PBRROE自己資本比率配当性向配当利回り
1.210 %60%36%3%

(設問2)

PERとして、最も適切なものはどれか。

ア 2倍

イ 3.3倍

ウ 12倍

エ 40倍

PER=株価収益率=株価時価総額÷当期純利益
=PBR(株価純資産倍率)*ROE(自己資本利益率)=1.2*10%=12

PER(Price Earnings Ratio)とは、株価収益率のことです。株価収益率は、株価が1株当たり当期純利益の何倍になるかを示す指標です。この株価収益率は、次のように計算されます。

PER = 株式時価総額 ÷ 当期純利益

PER = (株式時価総額 ÷ 自己資本) ÷ (当期純利益 ÷ 自己資本)= PBR(株価純資産倍率)÷ ROE(自己資本利益率)

生産設備

 機械加工設備をロットサイズと製品種類で分類した記載について、空欄①~③にあてはまる設備の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

機械加工設備製品種類ロットサイズ
多種少量生産小さい
中種中量生産中程度
少種多量生産大きい

ア ①:汎用工作機械  ②:FMS  ③:トランスファーマシン

イ ①:汎用工作機械  ②:トランスファーマシン  ③:FMS

ウ ①:FMS ②:汎用工作機械  ③:トランスファーマシン

エ ①:FMS ②:トランスファーマシン  ③:汎用工作機械

●汎用工作機械

 主に金属の不要な部分を削り取って所要の形状に作り上げる機械が工作機械です。汎用工作機械は、作業者がハンドルを回すことなどによって操作する機械で、中小企業に多い多種少量生産(多品種少量生産)に適しています。

●FMS(Flexible Manufacturing System)

 FMSは生産設備の全体をコンピュータで統括的に制御・管理することによって、類似製品の混合生産、生産内容の変更などが可能なシステムです。様々な製品種類への対応が可能ですが、加工対象の類似性が求められることから汎用工作機械ほどの柔軟性はありません。従って、中種中量生産(中品種中量生産)に適しています。

●トランスファーマシン 単一部品を連続加工するための機械設備で、専用工作機械を加工順に配置し、ベルトコンベア等の自動搬送装置で工作機械間を連結した設備です。連続生産、少種多量生産(少品種多量生産)に適しています。

 ラインバランシング

 次の表に示されるラインがある。このラインの記述に関して、最も適切なものはどれか。

ア このラインのライン編成効率は、80%である。

イ 作業工程Bの手前では手待ちが発生し、作業工程Eの手前では仕掛品の数が最も多くなる。

ウ 全ての工程の作業負荷を均一にしたところ、生産性が25%向上した。

エ 作業工程を一つ追加して、ラインバランスを見直すことで、サイクルタイム数を最大で4分まで短縮できる。

ライン編成効率(ラインバランス効率) 工程間の作業時間のバランスの程度を示す値で、次の式で求めます。 
●バランスロス率 工程間で発生するムダの程度を示す値で、次の式で求めます。 
バランスロス率=100%-ライン編成効率 
●バランスロスの影響 バランスロスは「手待ち」や「仕掛品」のムダが発生します。ある工程と1つ手前の工程の作業時間を比べた時に、手前の工程の作業時間が長い場合は「手待ち」が発生し、逆に短い場合は「仕掛品」が発生します。また、工程間の時間差が最も大きい箇所でそのムダも最大となります。

ア ×:

 前述の式で、このラインの編成効率を求めると75%( 30分÷(8分×5) )となります。よって記述は不適切となります。

イ ×:

 各工程間の作業時間の差が最も大きいところで、仕掛品と手待ちがそれぞれ最大になります。Bの手前で手待ちが発生する、前半の記述は正しいです。しかし仕掛品が最も多くなるのは作業工程Eではなく、Cの手前です。よって記述は不適切です。

ウ ○:

 各工程の作業負荷が全て均一の時に、最も生産性が高くなります。これは、言い換えれば全くムダがなく、バランスロス率が0%の状態です。このラインの現状のバランスロス率は25%ですから、作業負荷が均一になればこのロス分は生産性が向上します。よって記述は適切です。

エ ×:

 現状の全作業の合計時間は30分です。作業工程を1つ追加して6つにした場合でも、サイクルタイムは最大で5分までしか短縮できません。よって記述は不適切です。


Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です