運営管理 生産管理と生産方式 工場計画と開発設計

ライン編成効率の計算式が記憶定着してきました。

多品種少量生産【平成30年 第2問】

 加工方法が多様で、需要が安定していない寿命の短い製品の多品種少量生産に関する記述として、最も適切なものはどれか。

  1. 加工品の流れが一定ではないので、機能別レイアウトを導入した。
  2. 需要の動向にあわせて頻繁に生産計画を変更することが必要なので、MRPを導入した。
  3. 需要変動に対応するためには、生産量の変動で対応するより完成品在庫で対応することが効果的である。
  4. スループットタイムを短くし、コストダウンを図るために専用ラインを導入することが効果的である。

MRPとは、Material Requirement Planningの略で、資材所要量計画のことです。ある製品の生産に必要な資材が、いつ、どれだけ必要かを決定することであり、製品の生産計画を基に、資材の所要量と時期を計画するための仕組みです。この仕組は、1つの製品を長期間にわたり生産するケースに有効であり、本問のような需要が安定していない寿命の短い製品では、生産計画が変わりやすく資材所要量計画も煩雑になってしまうため適していません。よって、イは不適切です。

サイクルタイムと最小作業工程数【令和元年 第5問】

 要素作業a~gの先行関係が下図に示される製品を、単一ラインで生産する。生産計画量が380個、稼働予定時間が40時間のとき、実行可能なサイクルタイムと最小作業工程数の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

〔解答群〕

  1. サイクルタイム:6分  最小作業工程数:3
  2. サイクルタイム:6分  最小作業工程数:4
  3. サイクルタイム:9分  最小作業工程数:2
  4. サイクルタイム:9分  最小作業工程数:3

サイクルタイム=1日の予定稼働時間(正味稼働時間)/一日の生産計画量(生産量)=2,400分(40時間×60分)/380個=6.315・・・≒6分です。また、最小工程数は以下のようになります。

最小工程数=作業時間の合計÷サイクルタイム=(4+2+3+1+3+2+2)÷6=2.83・・≒3

 従って、選択肢アが正解となります。

ラインバランシング 【平成22年 第8問】

 サイクル時間50 において組立ラインのラインバランシングを行ったところ、ワークステーション数が5となり、次表に示される各ワークステーションの作業時間が得られた。この工程編成における編成効率の値に最も近いものを下記の解答群から選べ。

ワークステーション12345
作業時間4650474646

[解答群]

ア 0.90

イ 0.92

ウ 0.94

エ 0.96

編成効率=(46+50+47+46+46)/5=

編成効率=(46+50+47+46+46)/(50*5)=235/250=0.94

ライン編成効率とは、ライン編成の効率性を表す指標で、ラインが最も効率的に編成されているときに100%となります。ライン編成効率は、次の式で計算できます。

 この問題では、分子に入る各工程の作業時間の合計は、46+50+47+46+46=235 となります。

 そして分母は、サイクルタイム50 と、作業ステーション数の5 を掛け合わせた250 になります。

 よって、ライン編成効率は235÷250で0.94となり、選択肢ウが正解です。

ラインバランシング2 【平成25年 第9問】

 混合品種組立ラインの編成を検討した結果、サイクルタイムを150 秒、ステーション数を10とする案が提示された。生産される3種類の製品A、B、Cの総作業時間と1か月当たりの計画生産量は、以下の表に与えられている。この案の編成効率に最も近い値を、下記の解答群から選べ。

[解答群]

ア 0.94

イ 0.95

ウ 0.96

エ 0.97


編成効率=

製品一個当たりの作業時間平均(1400*2000+1450*1000+1450*1000)/(2000+1000+1000)=(2800000+1450000+1450000)/4000=5700000/4000=1425
ライン編成効率=1425/(150*10)=1425/1500=0.95

混合品種組立ラインの場合には、複数品種の製品があるため、ライン編成効率を求める式の分子の「作業時間の合計」を求める際には、製品1個あたりの作業時間の平均値を求める必要があります。ここで、製品1個あたりの作業時間の平均は、次の式で求めることができます。

 この式に、与えられた数値を代入すると、次のようになります。

 あとは、この「製品1個あたりの作業時間の平均」の値を、ライン編成効率を求める式に代入すれば、混合品種組立ラインのライン編成効率を求めることができます。

サイクルタイムと最小作業工程数【令和元年 第5問】

 要素作業a~gの先行関係が下図に示される製品を、単一ラインで生産する。生産計画量が380個、稼働予定時間が40時間のとき、実行可能なサイクルタイムと最小作業工程数の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

〔解答群〕

  1. サイクルタイム:6分  最小作業工程数:3
  2. サイクルタイム:6分  最小作業工程数:4
  3. サイクルタイム:9分  最小作業工程数:2
  4. サイクルタイム:9分  最小作業工程数:3

稼働予定時間分(40*60=2400)/生産計画量380=6.31..
最小作業工程数=

最小作業工程数=作業時間合計÷サイクルタイム=(4+2+3+1+3+2+2)/6=17/6=2.83..

最小工程数=作業時間の合計÷サイクルタイム=(4+2+3+1+3+2+2)÷6=2.83・・≒3

ラインバランシング 【平成22年 第8問】

 サイクル時間50 において組立ラインのラインバランシングを行ったところ、ワークステーション数が5となり、次表に示される各ワークステーションの作業時間が得られた。この工程編成における編成効率の値に最も近いものを下記の解答群から選べ。

ワークステーション12345
作業時間4650474646

[解答群]

ア 0.90

イ 0.92

ウ 0.94

エ 0.96

編成効率=作業時間÷(50*5)=(46+50+47+46+46)/250=0.94

 ラインバランシング2 【平成25年 第9問】

 混合品種組立ラインの編成を検討した結果、サイクルタイムを150 秒、ステーション数を10とする案が提示された。生産される3種類の製品A、B、Cの総作業時間と1か月当たりの計画生産量は、以下の表に与えられている。この案の編成効率に最も近い値を、下記の解答群から選べ。

[解答群]

ア 0.94

イ 0.95

ウ 0.96

エ 0.97

一個当たり平均時間=(1400*2000+1450*1000+1450*1000)/(2000+1000+1000)=(2800000+1450000+1450000)/4000=5700000/4000=1425
編成効率=1425/(150*10)=1425/1500=0.95

コンカレント・エンジニアリング

 設計、生産などの製品開発作業を、同時並行的に行う方法。製品開発の期間を短縮し、市場にタイムリーに新製品を投入することを可能にする。

リバースエンジニアリングとは、製品の動作を観察したり、機械を分解することで、製品の構造・動作原理・ソフトの中身・製造方法などを、明らかにすることです。

フロムツウチャート【令和元年 第3問】

 ある工場でA~Eの5台の機械間における運搬回数を分析した結果、次のフロムツウチャートが得られた。この表から読み取れる内容に関する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

〔解答群〕

  1. 機械Aから他の全ての機械に品物が移動している。
  2. 逆流が一カ所発生している。
  3. 他の機械からの機械Bへの運搬回数は12である。
  4. 最も運搬頻度が高いのは機械A・D間である。

 選択肢イは、逆流が一ヵ所発生している、とされていますが、機械D・A間で11回、機械E・B間で27回の二ヵ所で逆流が発生しており、不適切な記述です。

 選択肢ウですが、他の機械から機械Bへの運搬回数は、機械A・B間の12回に加え、機械E・B間の27回があるため、運搬回数は39回となります。従って、不適切な記述です。

 選択肢エですが、最も運搬頻度が多いのは機械A・D間であるとしています。機械A・D間では機械Aから機械Dへの運搬は25回、機械Dから機械Aへの運搬は11回の合計36回となっています。他の機械間運搬頻度では機械B・E間が多いですが、運搬回数は機械Bから機械Eへの運搬は4回、機械Eから機械Bへの運搬は27回で合計31回となり、機械A・D間の方が多くなっています。従って、適切な記述です。

SLP【平成25年 第3問】

 X社は、A、B、C の3種類の製品を、切断、穴あけ、プレス、旋盤、検査の5つの職場で加工している。工場レイアウトの検討を行うために、1日当たりの移動回数および移動距離を評価尺度として以下の条件①、②に基づいて分析を行った。

この分析・評価に関する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

【条 件】

① 製品A、B、C の加工順序と1日当たりの生産ロット数は、表1に与えられている。職場間の移動は、生産ロット単位で行われている。

② 各職場間の移動距離は、製品によらず表2に与えられている。

〔解答群〕

ア 職場間の移動回数が0となる職場同士の組は、3個ある。

イ 職場間の移動回数が最も多いのは、旋盤と検査の間である。

ウ 職場間の移動距離の合計値が最も大きいのは、切断と穴あけの間である。

エ 製品ごとの移動距離の合計値が最も大きいのは、製品Aである。

製品A=(切断8mプレス5m旋盤5m検査25m)=43m*6回-25m=233m
製品B=(切断12m穴あけ30m旋盤5m検査25m)=72m*8回-25m=551m
製品C=(切断12m穴あけ5mプレス7m検査25m)=49m*7回-25m=318m

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です