財務・会計 税務・結合会計 キャッシュフロー計算書 原価計算

 決算整理 【平成21年 第1問】

期末の決算整理前残高試算表と決算整理事項(単位:千円)は次のとおりである。当期の純損益として、最も適切なものを下記の解答群から選べ(単位:千円)。

決算整理事項:
① 商品の期末棚卸高は8,000 である。
② 売掛金の残高に対して4%の貸倒引当金を設定する。
③ 備品(耐用年数6年、残存価額は取得原価の10%、取得後4年間経過)の減価償却を定額法により行う。
④ 家賃の前払い額は400、利息の未払い額は200 である。

[解答群]

ア 損失 3,800

イ 損失 10,600

ウ 利益 9,000

エ 利益 13,200

売上高68000
売上原価
繰越商品6000
仕入57000
期末棚卸高8000
=6000+57000-8000=55000
売上総利益68000-55000=13000
販管費
貸倒引当金=売掛金30000*4%=1200-既存引当金1000=200
備品減価償却=(12000-1200)/6=1800
給料11000
支払家賃=3000-400=2600
=200+1800+11000+2600=15600
営業損失=-2600
支払利息1000
未払い利息200
税引前当期純損失-3800
特別損益無し
税引後当期純損失=-3800

帳簿の締め切りと貸借対照表 【平成23年 第1問】

 閉鎖残高勘定は次のとおりである。このとき、貸借対照表の資産合計の金額として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。


[解答群]

ア 52,300,000 円

イ 60,000,000 円

ウ 66,000,000 円

エ 74,700,000 円

74700000-株式交付費金1,000,000-退職給付引当金6,700,000+貸倒引当金600,000+資本金40,000,000+資本準備金3,000,000+利益準備金2,400,000+繰越利益剰余金5,600,000=

商品と売上総利益 【平成24年 第2問】

 次の商品有高帳、仕入帳および売上帳に基づき、甲品の月間の売上総利益として最も適切なものを下記の解答群から選べ。商品の評価は先入先出法による。


ア 1,800 円

イ 4,900 円

ウ 5,800 円

エ 9,000 円

甲売上高
22000
16800
-800
=38000
甲売上原価
繰越8200
21000
-4200
16000
棚卸30@400=-12000
=29000
売上総利益
=38000-29000=9000

経過勘定 【平成29年 第2問】

 20X2年1月1日に300,000千円を期間6カ月、年利5%で取引先Z社に貸し付けた。20X2年6月30日に利息と元金を合わせて受け取る予定である。会計期間は20X2年3月31日までの1年間である。決算にあたり計上される未収利息の金額として、最も適切なものはどれか。
ア 3,750千円イ 7,500千円ウ 15,000千円エ 30,000千円
=(300,000*5%)/12*3=15000/12*3=3750

売上原価の算定 【平成27年 第1問】

 以下の資料に基づいて、今期の売上原価として最も適切なものを下記の解答群から選べ。
【資 料】
期首商品棚卸高   120,000 円
当期商品純仕入高  650,000 円
期末帳簿棚卸数量   1,300 個(原価@100円)
期末実地棚卸数量   1,000 個
棚卸減耗損は売上原価とする。
[解答群]ア 610,000 円イ 640,000 円ウ 670,000 円エ 700,000 円
期首商品棚卸高120,000 円+当期商品純仕入高650,000 円
-期末棚卸額=1000*100=100000
=770,000-100,000=670,000

決算整理 【平成21年 第1問】

期末の決算整理前残高試算表と決算整理事項(単位:千円)は次のとおりである。当期の純損益として、最も適切なものを下記の解答群から選べ(単位:千円)。

決算整理事項:
① 商品の期末棚卸高は8,000 である。
② 売掛金の残高に対して4%の貸倒引当金を設定する。
③ 備品(耐用年数6年、残存価額は取得原価の10%、取得後4年間経過)の減価償却を定額法により行う。
④ 家賃の前払い額は400、利息の未払い額は200 である。

[解答群]

ア 損失 3,800

イ 損失 10,600

ウ 利益 9,000

エ 利益 13,200

売上高68000
売上原価
繰越商品6000
仕入57000
期末棚卸-8000
=55000
売上総利益=68000-55000=13000
販管費
備品減価償却=(12000-1200)/6=1800
給料11000
支払家賃3000-400=2600
=1800+11000+2600=15400
営業損失
=13000-15400=2400
営業外損失
貸倒引当金200
支払利息1000
未払い利息200
=1400
税引前当期純損失
3800
特別損益無し
税引後当期純損失
3800

帳簿の締め切りと貸借対照表 【平成23年 第1問】

 閉鎖残高勘定は次のとおりである。このとき、貸借対照表の資産合計の金額として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。


[解答群]

ア 52,300,000 円

イ 60,000,000 円

ウ 66,000,000 円

エ 74,700,000 円

資産から負債と純資産を引く

閉鎖残高勘定借方74,700,000-自己株式6,000,000-貸倒引当金600,000-建物減価償却類型額8,100,000=60,000,000

税効果会計の計算 【平成20年 第8問】

 繰延税金資産および繰延税金負債に関する次の資料(単位:千円)に基づいて、損益計算書(抜粋)の空欄Aに入る最も適切なものを下記の解答群から選べ。


[解答群]

ア △120
イ △40
ウ 40
エ 120

繰延税金資産=440
繰延税金負債=210
440-210=230
期首との差額=360-250=110
230-110=120

合併の会計 【平成23年 第5問】

 当社は1株あたり時価5万円の新株1,000 株(1株の払込金額は5万円、その2分の1を資本金に組み入れる)を発行してX社を吸収合併し、同社に対する支配を獲得した。X社の合併直前の資産総額は6,000 万円、負債総額は4,000 万円、合併時の資産の時価は7,000 万円、負債の時価は4,000 万円であった。のれんの金額として最も適切なものはどれか。

ア 1,000 万円

イ 2,000 万円

ウ 2,500 万円

エ 3,000 万円

資本金2500
資本準備金2500
X時価=7000-4000=3000
のれん=5000-3000=2000

 買収会計 【平成30年 第4問】

 A社は、20X1年12月31日にB社株式の80%を85百万円で取得した。取得時のA社およびB社の貸借対照表は以下のとおりである。なお、B社の諸資産および諸負債の簿価は、時価と一致している。取得時におけるのれんと非支配株主持分の金額の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

[解答群]

ア のれん:5百万円  非支配株主持分:8百万円

イ のれん:5百万円  非支配株主持分:16百万円

ウ のれん:21百万円  非支配株主持分:8百万円

エ のれん:21百万円  非支配株主持分:16百万円

B社時価80*80%=64
のれん=85-64=21
非支配株主持分=B社時価80*20%=16

本支店会計 【平成30年 第3問】

 当社は本店のほかに支店があり、本支店間の債権債務は支店勘定および本店勘定により処理している。当月は、本支店間で以下の資料に記載された取引が生じた。月末時点における本店の支店勘定の残高として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。なお、月初の支店勘定および本店勘定の残高はゼロであり、月末における未達事項はないものとする。

【資 料】
(1) 本店は支店の広告宣伝費30,000円を現金で支払った。
(2) 支店は本店の買掛金70,000円を現金で支払った。
(3) 本店は支店の売掛金15,000円を現金で回収した。
(4) 本店は原価60,000円の商品を支店に送付した。
[解答群]
ア 貸方残高:45,000円
イ 貸方残高:115,000円
ウ 借方残高:5,000円
エ 借方残高:75,000円

本店:支店広告費30000:現金30000
支店:本店買掛金70000:現金70000
本店:現金15000:支店売掛金15000
本店:掛金60000:商品60000
=30000-15000+60000=75000







Share Button