運営管理 工場計画と開発設計 生産計画と生産統制

PERT(Program Evaluation and Review Technique)アローダイアグラム 忘却
ノートPCで問題演習は紙を使わずWordpressをメモ帳代わりに使用して解答、アローダイアグラムの作画解答に困りましたがフリーの作画ソフトで何とか解答作成。デジタルペンを入手してペン入力で作図する必要があるかと思いましたが、更にシンプルに指手書き入力で手書き入力した方がシンプルで速そうとなりました。

ジョンソン法は何とか思い出せました!

SLP【平成25年 第3問】

 X社は、A、B、C の3種類の製品を、切断、穴あけ、プレス、旋盤、検査の5つの職場で加工している。工場レイアウトの検討を行うために、1日当たりの移動回数および移動距離を評価尺度として以下の条件①、②に基づいて分析を行った。

この分析・評価に関する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

【条 件】

① 製品A、B、C の加工順序と1日当たりの生産ロット数は、表1に与えられている。職場間の移動は、生産ロット単位で行われている。

② 各職場間の移動距離は、製品によらず表2に与えられている。

〔解答群〕

ア 職場間の移動回数が0となる職場同士の組は、3個ある。

イ 職場間の移動回数が最も多いのは、旋盤と検査の間である。

ウ 職場間の移動距離の合計値が最も大きいのは、切断と穴あけの間である。

エ 製品ごとの移動距離の合計値が最も大きいのは、製品Aである。


切断旋盤
切断検査
穴あけ検査

旋盤検査A6+B8=14
切断穴あけB8+c7=15

切断穴あけ15回*12m=180m
旋盤検査14回*5m=70m
穴あけ旋盤8回*30m=240m
エ×
A切断8プレス5旋盤5検査=18m*6回=108m
B切断12穴あけ30旋盤5検査=47*8回=376m
C切断12穴あけ5プレス7検査=24*7回=168m

製品設計 【平成20年 第14問】

 製品設計に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

ア 機能設計は、期待する製品の性能を発揮するのに必要な機能とそれらの関連を求め、各機能を実現させる構造を求める活動である。

イ コンカレントエンジニアリングは、製品設計と製造、販売などの統合化、同時進行化を行うための方法である。

ウ 生産設計は、製品設計で指定した製品品質、生産量、納期を考慮した工程表や工程図を作成し、作業方法および生産設備を選定する活動である。

エ 製品設計は、期待する製品の性能を発揮させるために、構成部品の機能・形状とそれらの関連を決める活動である。

「機能設計」とは、期待する性能を発揮するのに必要な機能と構造を決定する活動

広義の「コンカレントエンジニアリング」は、これに加えて製品の販売、サポートなどに関わる部門も参加して、製品ライフサイクル全般について同時並行的に決定

選択肢ウの内容は「工程設計」に関する内容

「生産設計」とは、製品の生産のしやすさ、製品を組み立てる際の作業のしやすさ、すなわち組立容易性を考慮した設計を行う活動

SLP【平成25年 第3問】

 X社は、A、B、C の3種類の製品を、切断、穴あけ、プレス、旋盤、検査の5つの職場で加工している。工場レイアウトの検討を行うために、1日当たりの移動回数および移動距離を評価尺度として以下の条件①、②に基づいて分析を行った。

この分析・評価に関する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

【条 件】

① 製品A、B、C の加工順序と1日当たりの生産ロット数は、表1に与えられている。職場間の移動は、生産ロット単位で行われている。

② 各職場間の移動距離は、製品によらず表2に与えられている。

〔解答群〕

ア 職場間の移動回数が0となる職場同士の組は、3個ある。

イ 職場間の移動回数が最も多いのは、旋盤と検査の間である。

ウ 職場間の移動距離の合計値が最も大きいのは、切断と穴あけの間である。

エ 製品ごとの移動距離の合計値が最も大きいのは、製品Aである。

ア〇
切断旋盤
切断検査
穴あけ検査

PERT1

 来月から開始するプロジェクトのスケジューリングをPERTで行ったところ、次のようになった。丸は、各作業の開始と終了を示すノードで、矢印を各作業にかかる日数とした場合、最も適切な記述はどれか。

ア ノード7の最早着手日は、16日である。

イ クリティカルパスは、作業B→F→G→Jの経路である。

ウ ノード6の最遅着手日は、20日である。

エ ノード3の最早着手日は4日、最遅着手日6日である。

ア×26
イADH×
ウ23×
エ〇

PERT2

 下表に示される作業A~Hで構成されるプロジェクトについて、PERTを用いて日程管理をすることに関する記述として、最も不適切なものはどれか。

作業作業日数先行作業
A20なし
B25A
C15A
D30A
E20B
F25C
G20B,C,D
H10E,F,G

ア ①には最遅開始日程として50が入る。

イ ②には最遅開始日程として45が入る。

ウ ③に入るクリティカルパスは、A,D,G,Hである。

エ ダミー矢線はプロジェクトの工程ごとに日数が設定される。

ア〇
イ〇
ウ〇
エ×

 ジョンソン法

 工程1(穴あけ)、工程2(塗装)の2つが連結された生産ラインで、4種類の製品A, B, C, Dを生産している。工程は、必ず1→2の順番で行われ、各工程は一度に一つの製品しか処理できないものとする。製品の生産順序を最適化して、全ての製品の作業を最短で終了させる場合、何時間になるか。最も適切なものを選べ。

ア 50

イ 32

ウ 28

エ 37

工程1=3+4+8 +4
工程2= +7 +6+5+2=28

PERT1

 来月から開始するプロジェクトのスケジューリングをPERTで行ったところ、次のようになった。丸は、各作業の開始と終了を示すノードで、矢印を各作業にかかる日数とした場合、最も適切な記述はどれか。

ア ノード7の最早着手日は、16日である。

イ クリティカルパスは、作業B→F→G→Jの経路である。

ウ ノード6の最遅着手日は、20日である。

エ ノード3の最早着手日は4日、最遅着手日6日である。





Share Button