20150201_083529

湯原温泉混浴露天風呂&鳥取大山スキー、ハイエースキャタピラ雪上車仕様!

Share Button

先月ですが長男の小学校では6年時にスキー合宿があるというので、子ども達のスキー上達を兼ねて鳥取大山スキーに行ってきました!

香川県から鳥取県までの途中には、温泉露天風呂で西日本の横綱にランキングされている「湯原温泉 砂湯」に立ち寄りました!
IMGA0854-001厳寒期の雪降る中で、川沿いの丸見え混浴露天風呂、しかも無料というから古き良き日本ののどかな風習を感じさせます^^
IMGA0859さすがに雪降る昼間という事でほとんど無人でしたが、寒い中で暖まる温泉は最高でした!
20150131_153214豪雪の中、辿り着いて早速スキー場へ。子ども達は初のリフトでとても怖がっていました。リフトはもっと安全にしてほしいものです。
IMGA0872スキーといってもキッズ用ゲレンデで、ソリなどで雪遊びが中心です。
IMGA0879誕生日に買った子供用スキーセットで練習しましたが上手く滑れないので、まだまだソリの方が楽しいようです。
20150201_080426遊び後は宿へ。窓の半分位まで雪で閉ざされていてビックリしました!
20150201_070930いつもはホストとして迎え入れている方なので、久しぶりの旅行で嬉しかったです。
20150201_083529豪雪でホテルの送り迎えは雪上車!凄いキャタピラ仕様のハイエースでした!

これからも毎年スキーに連れて行って、3年後のスキー合宿時には滑れるようにしてあげたいです^^

Share Button

岡山イオン&タイヤパンク!?

Share Button

先日、新しくオープンした岡山駅前のイオンショッピングセンターに行ってきました。
okayamaaeon立体駐車場が8階建てで沢山のファッションブランド専門店や、haremachiGardenと名付けられた屋外テラス空間、屋内も至る所に休憩ソファ等が置いてあるなど、全体として規模が大きくて愉しめました。自動車で行ったので、駐車料金が無料ではないのが残念なところです。立体駐車場の高さ制限は2.2mだったかと思います。愛車FREDAオートフリートップ+アイバワークスルーフキャリア仕様でギリギリ入庫出来ました^^;

ちなみに岡山イオン見学後、大阪へばぁばを送迎してからの深夜帰り道に左前輪から何かが引っかかっている異音が1分位続き、停車して確認したところタイヤ空気が半分減!

パンクかとドキドキしながらも、自宅迄残り40km位だったので途中のGSで空気を足して祈るように帰ってきました。

その後、ディーラーでチェックしてもらうとパンクの様子は無しとのこと。

思い当たる節と言えば、スタッドレスタイヤに今シーズン履き替えてから空気圧の補充がされていなかったのかもということです。ホイールごとの交換だったのですが、装着後の空気圧チェックが忘れられていたのかも(怖)。

当然過ぎる事なのですが、タイヤを履き替えた際は任せきりにせずに、自分でも空気圧のチェックはしておいた方が無難ですね。

Share Button

車中泊女子来訪! ~camping car trip women visit!~

Share Button

大型台風が近づいていた週末、車中泊で東京から全国を2ヶ月以上旅行しているという女性が台風避難で二泊三日ホームステイしてくれました!

確かに大型台風の時に車中泊では、強風で樹木が飛んできてガラスが破損したり、最悪の場合に自動車が横倒しになったりする危険があるので、安全な建物に避難しなければ危険ですからね。

チェックインして寛いでもらった後、我が家のささやかなおもてなし夕食。Guests用に新規購入した天然木曽ひのき 【 刺身 寿司 天ぷら 盛付台】30×21cm ゲタ足 社寺仏閣の池田木材製

を初導入 ^^

10646893_10154675098760580_3331865560285803261_n載せるだけで、お寿司が更に美味しそうに見えるようになりました^^

家外は台風暴風雨でしたが、私達は食事とお酒を愉しみながら、旅の様子をお聞きして和歌山本宮での共通のキャンパーの話題で盛上がったり、車中泊旅話に花を咲かせることができました。二日目の夕食後もお酒を呑み飲み夜中まで愛と夢について熱く暑く語りあうまでに^^

昼間は台風直撃でどこにも外出出来ない間、子ども達とも仲良く遊んでくれて、子ども達もすっかり懐いていました^^

台風通過後の三日目、四国お遍路の続きをされるということで、出発されて行きました。聞けば、それまで車中泊旅は未経験であるにもかかわらず、コンパクトな軽バンを今年の初夏に購入し、すぐに自作でキャンピング仕様に車内棚やベット等を板で自分で作ったというから驚きです。
お洒落センスをお持ちの女性ならではの、お洒落な車内!
IMG_20141014_110836778

また、自作のテーブル展開可能な棚を支える鉄の棒にいたっては自分で溶接したという行動力!
IMG_20141014_110234912車内調理する際のガスコンロ置場もタイルとモルタルで自作!車内調理では美味しさを引き出すストウブ鍋を活用。お洒落!
IMG_20141014_111116574お遍路さん姿もとても似合っていて可愛らしかったです。手作りの旗ロープまで頂きありがとうございました。記念撮影!
IMG_20141014_113639504IMG_20141014_113712583

台風様、素敵なご縁をありがとう^^

子ども達とも遊んで頂き本当にお世話になりました。
次回はお外で車中泊オフ会でもして、飲んでまた愛と夢について熱く暑く語りあいましょう!

Women weekend typhoon was approaching, that are traveling more than two months the whole country from Tokyo camper told me to homestay three days and two nights in the typhoon shelter!

The car Nakadomari, because there is a risk that the glass is damaged or trees flew in strong wind, automobile may become sideways in the worst case when the typhoon certainly, I is dangerous if you do not evacuate to a safe building .

After I had relaxed with check-in, modest hospitality dinner of my home. The first introduction of the Ikeda-made natural wood Kiso cypress that was purchased new for Guests [sashimi sushi tempura Sheng with stand] of 30 × 21cm Getaashi shrines and temples.

Simply put, it is ^ ^  that sushi is now appears to be more delicious.

Outdoor was a typhoon storms, but we can while I pleasure sake and meal, or raised the talk of campers common in Wakayama Hongu by to ask how the journey, it blooms in car night journey story was able.by the time hot hot talk about dreams and love until the middle of the night and drink only a drink even after dinner on the second day.

While you can not go out anywhere in the typhoon hit, and me playing get along with children,  Children were also quite tame in the daytime.

By the third day of the typhoon after passing through, that is the continuation of the Shikoku pilgrimage, it went is starting. To hear, because say despite being inexperienced, purchased in early summer of this year the light van compact, table and made ​​yourself a plate bets such as car shelf camping specification homebrew immediately until it is a surprise.
Feminine of you have a fashionable sense, stylish car!

In addition, the ability to take action that was welded in yourself is led to the iron bars that support a table expandable shelf of your own!
Gas stove yard when the car is also your own cooking in the mortar and tile! Take advantage of the Staub pot bring out the taste in interior cooking. Fashionable!

Figure pilgrim was also cute you are very suits. Thank you to the flag rope handmade. Commemorative photo!

Typhoon-like, it ^ ^  Thank you for the nice your edge

I was really taken care of children both will play.
It was also in the camping car off meeting in your outside, let’s talk about the hot dreams and love and also drink next time!

Share Button

車中泊を楽しむ雑誌 カーネルに掲載^^

Share Button

今年の初夏に参加したボンゴフレンディ&フリーダ乗り集まれ!オフ会in南きよさと

カーネル vol.22―車中泊を楽しむ雑誌 車中泊・実践テクニックの秘密/秋を満喫するクルマ旅!紅葉&温泉 (CHIKYU-MARU MOOK)」の取材陣に来て頂いていましたが、その様子が掲載された最新号が発売されました!

気になる掲載部分は。。。
0913screenshotおおっ! 写真3はウチのサイドオーニング内です^^
09132screenshotわぉ! オリジナルで取付けたFIAMMAのULTRA BOXの勇姿もバッチリ掲載してくれている^^
車中泊に興味を持って以来、欠かさず読んでいる愛読書に自分も掲載されるようになるとは、何だか認められたようで嬉しいです。カラーでないのが残念ですが(苦笑)。

ちなみに、「車中泊を楽しむ雑誌 カーネル」という名前について、今まで漠然と英語とかフランス語とか、きっとお洒落な意味があるんだろうと、由来については深く考えていませんでしたが、考えたら単に車中泊雑誌だからcarで寝る、カーネル、それだけの意味だったんですね(爆)!

Share Button

富山南砺市&石川県のとじま水族館&千里浜なぎさドライブウェイ&宇宙科学博物館コスモアイル羽咋&休暇村能登千里浜・手ぶらでキャンプBBQ&福井県東尋坊旅行

Share Button

7月22日から26日まで4泊5日で奥さんの田舎帰省で義父達に連れて行ってもらって来ました。

普段なら愛車FORD FREDAで行くのですが、今回は義父が購入したばっかりの新型オデッセイに同乗させてもらっての旅です。FREDAは20万キロ近くの旧車でいつも故障覚悟の心配旅ですが、最新型車はその心配もなく、快適快適^^
IMGA0505
開通したばかりの舞鶴若狭道 小浜IC〜敦賀JCT間を通って渋滞にも遭わずに富山南砺市のお家に到着。お墓参り後、おばあちゃんの自宅でひとっ風呂浴びて夕食乾杯。田舎って寛げますね〜。
screenshot生鱈の刺身に鱈子をまぶしたというご当地名物お刺身。珍味で美味しかったです。
IMGA0542夜は夏の風物詩「帰省田舎で花火」おばあちゃんも曾孫たちと遊べて嬉しそうでした。
IMGA0551翌日は近所の田畑や神社等を散策してのんびり。次の日は黒部立山アルペンルートに行く予定でしたが、天候不良の為、のとじま水族館へ。
IMGA0572大阪の海遊館に何回も行った事があるのでナメてましたが、写真奥の子どものようにのぞき込めて水面からジンベイザメを触れる位の距離で見れますので、より身近に感じられて凄い水族館です!
IMGA0632触れるお魚さん達に手を掃除されてくすぐったい!IMGA0644翌日は能登千里浜なぎさドライブウェイへ。
IMGA0667どこまでも続く砂浜と、その砂浜を自動車で走れる幸せ!地元でも真似して欲しい道路です。

続いて能登半島UFOの町にある宇宙科学博物館 コスモアイル羽咋へ。
IMGA0687トイレからしてヤバいです。
IMGA0688IMGA0689IMGA0692IMGA0698宇宙人Babyおるんかなぁ??

看板はユーモアたっぷりでしたが、展示物は凄っ!のオンパレード。
IMGA0743アポロ月面探査車実物大!
IMGA0709ユーリ・ガガーリンが登場したのと同種のヴォストーク帰還用宇宙カプセル(なんと本物!)
IMGA0712■ マーキュリー宇宙カプセル (アメリカ製)(本物と同じ素材を使用)
IMGA0717■ アポロ司令船 (アメリカ製)(銀色のシールドは本物!)
IMGA0720
■ NASAルナ/マーズローバー (アメリカ製)NASAの特別協力によってジョンソン宇宙センターより羽咋市に恒久貸与されている実験用に作られた0号機。貴重。)
IMGA0723
■ ボイジャー惑星探査船 (アメリカ製) デカいっ!まだ見ぬE.T.I(地球外知的生命体)へのメッセージがこのボイジャーに搭載されています。(1977年に打ち上げられて、今も、銀河系を飛行中です。)
IMGA0727
宇宙好きの憧れ、アポロ月面着陸船 (アメリカ製)。実物大で見れてただただ感激!
ここの展示されているアポロ月面着陸船は、外壁に貼り付けてある金色・銀色・銅色に輝くシートは実際に使用された素材と同一の素材です。また、梯子の下に取り付けてあるプレートは当時のニクソン大統領とアポロ11号の搭乗員(ニール・アームストロング、エドウィン・オルドウィン、ミッシェル・コリンズ)の署名が記載されています。周囲に配置してあるさまざまな計測機器をつなげているケーブルコードはアポロ計画で予備材料として保存してあったもので、ここの展示で使い切ってしまい、最終ケーブルとなった物です。
IMGA0730
嬉しい〜っ!感動と思いきや。。
IMGA0737何これ? リアルさとシュールさの入り交じったワクワク宇宙博物館でした。感動!

翌日は休暇村能登千里浜にチェックイン。義父達は本館に宿泊、私達は「手ぶらでキャンプBBQ」プランを利用。
IMGA0752何も持って行かなくても既にテントを張ってくれているので超楽チン!キャンプ好きだけど設営嫌いには理想的なサービスです!
IMGA0759テントにチェックイン後は歩いて直ぐの千里浜で海水浴!
IMGA0792気持ちいい〜!
image_20120907003126_1_l海で遊んだ後は歩いて休暇村本館の温泉へ。プランに含まれているのでお得です。
IMGA0814テントに戻って早速BBQ開始!この時、着火材が用意されていたのに気づかず、ガチの火起こしを体験する羽目に。中々燃え上がらなかった為に皆で頑張ったので、1時間後に薪が燃え上がった時は感動劇場でした^^
image_20140120175132_1_lちなみにカット済みの食材・調味料、お皿付きで本当に手ぶらでOKでした。食事後に着火材を見つけた時にはズッコケたものの、結果として良い思い出になりました。
IMGA0825夜はテントから星空が見え、朝は浜風で涼しく夏にもかかわらず寝やすかったです。手ぶらでキャンプなので撤収もテントの片付け不要で楽チンでした。
screenshot1朝食は本館でバイキング朝食。
screenshot2名物のおむすびを握ってくれるサービス。ブリ味噌入りで美味しかったです。
IMGA0854休暇村をチェックアウト後は石川県東尋坊へ。危なっかしくて子ども達の手を離せません。
IMGA0866観光後は土産物店の海鮮ランチタイム。視線は海鮮丼に釘付け^^
IMGA0874IMGA0875IMGA0876IMGA0878-1この後、次男もサザエを初めて食べました。感想は「砂っぽい」^^

こんな感じで富山帰省旅行も無事済みました。また行きたいです^^

Share Button

ボンゴフレンディ&フリーダ乗り集まれ!オフ会in南きよさと

Share Button

愛車FORD FREDA&マツダボンゴフレンディの情報でいつもお世話になっている掲示板「ボンゴフレンディ&フリーダ乗り集まれ」のオフ会に参加してきました。
screenshot

オフ会参加と簡単に言っても場所は山梨県の南きよさとで、四国高松から600キロ!週末金曜の仕事が長びき、予定より2時間遅い夜7時出発。大阪でばぁばをピックアップして途中少し仮眠しながら、ほぼ徹夜走行で朝7時前に「道の駅 南きよさと」に到着!
screenshot2集合は朝10時なので、それまで施設のレストランで朝食、そして横の池で鯉に餌やり。
IMGA0104-001凄い数の鯉ちゃん達です。ちなみに鯉ちゃんと遊んでいると、近くでヘビ発見!
IMGA0108体長2m近くありました。山の道の駅なので気を付けないと危険ですね。次はケーブルカー

IMGA0109IMGA0121かなりの急坂で、しかも雨上がりでレールが滑りやすそうで心配です^^

IMGA0124頂上に到着し、5回鳴らすと幸せになるという鐘を鳴らして、頂上広場で遊び時間。
IMGA0140IMGA0135IMGA0136広場の石釜ピザは出来立てで美味しいです。
IMGA0148そして遂にお待ちかねの集合時間!初参加初対面でドキドキです^^
IMGA0164私達も早速設営^^
IMGA0151

blog初披露のFiamma Ultra box 500 も装着して来ました。

IMGA0161「これだけの荷物をよく載せれましたね」と感心されました^^
IMGA0163会場にはカー雑誌社の取材陣も!なんと取材に来てくれていた方はフレンディフリーダ発売当時に雑誌に記事を執筆した方との事!
IMGA0185Moving Cottage Loft同士で手を振って挨拶交信^^ そしていよいよ車を並べて記念撮影!
IMGA0193IMGA0196北は山形県、南は四国からフレンディ&フリーダ好きが集まりました!超貴重な写真!!
000011337146取材カメラマンさんも頑張って撮影してくれています。オートフリートップに子ども達と上がったバージョンでも撮影
000011337128そして記念撮影! 5年前にFREDAを購入して以来、インターネット掲示板コミュニティでずっと文通状態だった皆様方とリアルに会えて感動! 憧れだったオフ会に5年越しでやっと参加出来て感激^^
0003394今度は車の向きを変えて一列にして撮影。
000011337252000011337338DSC_0207IMGA0204パノラマでも撮ってみました!
IMGA0203IMGA0209IMGA0215IMGA0216IMGA0219IMGA0221撮影会後は近くのパノラマの湯で温泉入浴。
panoramatopこの日は小雨で残念ながら富士山は見えませんでしたが、風情のある露天風呂でした。
IMGA0225-002夜はお待ちかねのBBQタイム!
IMGA0228私と同じ年齢の1970年8月生まれ、43年選手のBirthday lantern,Coleman Model The Red 200A Patent Pending.  光量を落とすと、いいムードでキャンプを照らしてくれました。また離れたトイレへの夜道では光量を上げると頼もしく照らしてくれました。
IMGA0230幹事さん達がご用意してくれたお肉をせめてもの罪滅ぼしで焼き奉行^^ メッチャ美味しいお肉を揃えてくれてました!
IMGA0233いらっしゃいっ!焼けたお肉ドンドン取って行ってね!!この肉ジューシー、15、16!!!
0003395_2M焼きながら、美味しい日本酒を御馳走になってご機嫌
IMGA0236もっと飲んでキャンプを愉しみたいのですが、アルコールに弱い為、缶ビール1本と先ほどの日本酒1杯で顔が真っ赤になって店仕舞w あ〜つまらん(笑)

食後、子ども達は一足先に就寝、会員で自己紹介タイム、掲示板で使っているハンドルネームの由来などを聞きました。「満天の星」さんのネーム、ロマンティックだなぁ。質問言い出しっぺの私は由来を言うのを忘れて終わる始末でした(爆)。

その後、深夜3時位まで名物イベントの闇オークションでは10円とか、ありえない値段で出品が続きビックリでした。せっかくなので何か落札したいと頑張るも前日からの徹夜走行で、まぶたがオートオフ! 普段夜早く寝る生活なので、密かに心配し恐れていた、椅子に座りながらの寝落ち状態でしたm(__)m

オークションも終わり、朦朧状態でオートフリートップで就寝するも、雨が激しくなって来て「Showさ〜ん、サイドオーニング大丈夫っすかぁ!?」の声で起床、フラフラ状態で起き上がる間もなく「直しときましたから大丈夫ですよ〜」。他にも雨で濡れていたパンフレット等を片付けてくれていました。ただただ有難うございました。。。

来るまでは、初夏で暑くて寝苦しいのではないかと心配していたのですが、当日は雨が降ったこともあってか、オートフリートップ内は肌寒い位でした。ウインドブレーカーを着たまま、さらにフードまで被って、Colemanの夏毛布を被って寝ました。決して快適な環境ではないのですが、雨音を感じながら、少し肌寒い中をシュラフを被ってルーフテント内で寝るという不自由感・アウトドア感・サバイバル感が至福に感じます。

翌朝は快晴! 帰りの必要時間を考えて、少しお片づけを手伝っただけで朝7時には出発しました。ちょうどモーニング焼きそばを鉄板で作っていて、後ろ髪を引かれる想いでした(笑)

帰り道は寄り道して、富士山経由で。やっぱり雄大でした!
IMGA0243
帰りは大阪のばぁばの家で一休みしたり、淡路島サービスエリアで子ども達に観覧車へ乗せられて怖い思いをしながら12時間位かかって無事帰宅。

今回、念願だったオフ会に参加出来て感激でした。参加メンバーは車名の通り、フレンディでフリーダな愛すべき人達でした!!

 

Share Button

あまごつかみどり・塩江温泉ホタルまつり

Share Button

自宅から小1時間程度の塩江温泉で「あまごつかみどり」が出来るというので行ってきました。

app-039711200s1400476800
しかし駐車場の混雑と、長男の車内お昼寝でスタートが遅れ、川に入った時には既に大方のあまごちゃんが取尽されていた様子。
app-013738400s1402721349残されたアマゴちゃん探し!
IMGA0268screenshot1まだ6月なので肌寒っー! 結局アマゴは見つからなかったけど、川遊びを堪能出来ました。

着替え後、無料温泉足湯でほっと一息。
IMGA0272その後、屋台の方へ。
cimg1382-300x225ソフトクリーム、鶏皮、おむすび、きつねうどん、BBQ串と一通り食べた後、金魚すくいがどうしてもしたかった様です。
IMGA0280

普通の紙のすくうのだと直ぐに破れて納得してくれないので、破れない網形式の分を注文^^

IMGA0282三歳の次男でも御機嫌にすくえます^^

IMGA0286沢山すくえて楽しかったとの事。良かった良かった^^

Share Button