楽待不動産投資新聞コラムを更新致しました。

執行官は年の頃5・60代で渋み・深みのある老教師の様な、緑色のジャージズボンを履いて波平さんみたいなお姿で、微笑みながら立ち退き当事者の為に正に親身になってリヤカーを引いて歩いていくその姿は、権力にものを言わせて強制的にガンガン追い出す鬼執行官のイメージとは正反対の姿であり、行政たらい回し状態になってしまい解決しなかった現代社会の各種法体制の不備が生んだ危険で厄介でデリケートな社会の不条理を最後に上手に解決してくれて、その職業熱意・崇高さに感動致しました。

強制執行期日夕方までに荷物出しを済ませ、夕焼けを背にリヤカーを引いて帰る執行官に仏様を見る想いでした。

I’ve updated the Rakumachi real estate investment newspaper column.

http://www.rakumachi.jp/news/archives/194257

Share Button