理念と経営 4月号

①月刊『理念と経営』4月号の中で紹介されていた歌手のさだまさしさんが借金28億返済出来た事例は私も頑張らねば!と学びになりました。
②『巻頭対談(P.7~P.14)』の中で、鎌田先生が「お金を儲けよう」ではなく、どんな病院をつくるかという「物語」が必要だと述べられています。当社では「瀬戸内讃岐の賑わいの一隅を照らす国際幸流旅・感幸創出業 」という物語があります。また、その「物語」を実現するためにできることは会社の存続&継続であり、経営改善計画の策定・実行です。

                                    

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です