財務・会計 キャッシュフロー計算書 運営管理 工場計画と開発設計 生産計画と生産統制 企業経営理論 事業戦略 生産管理と生産方式

管理目標 【平成21年 第2 問】

 生産現場における管理目標(PQCDSME)の記号とその活動との組み合わせとして、最も不適切なものはどれか。

ア C-原価の低減や経済性の向上を推進する活動〇

イ D-決められた量の確保や納期を遵守する活動〇

ウ S-作業の標準化や標準部品の使用を進める活動×

エ M-職場環境の向上や勤労意欲を高める活動〇

Q は品質、C はコスト、D は納期と数量を表します。

 PQCDSME は、このQCD の前後に、「P」と「SME」をつけたものです。

 P はProductivity の略で生産性を表します。

 S はSafety の略で安全性を表します。

 M はMorale の略で意欲を表します。

 E はEnvironment の略で環境を表します。

 QCD は成果に関する目標ですが、PQCDSME は、成果を生みだすためのプロセスに踏み込んだ目標と言えます。

3Sは、生産活動の効率化のための考え方で、単純化(Simplification)、標準化(Standardization)、専門化(Specialization)の頭文字を取ったものです。

ECRSの原則と分析手法 【平成24年 第19問】

 仕事を改善するための基本原則である「ECRS の原則」が適用できる分析手法として、最も不適切なものはどれか。

ア 製品工程分析〇製品工程分析とは、製品を生産する工程を分析する手法のことです。製品が生産される流れを、工程ごとに加工、運搬、貯蔵、検査などの作業種類に分類します。それをチャートとして図示して、どこに問題があるかを分析します。工程分析を基に改善する場合、付加価値を生んでいない作業をいかに削減していくかが重要です。そのため、ECRS の原則を適用することができます。たとえば、検査に関して、必要ない検査を減らしたり、加工と同時に検査をすることが考えられます。

イ 流動数分析×流動数分析とは、流動数曲線を用いて、数量の時間的変化を分析する手法です。流動数曲線とは、インプットの累計数とアウトプットの累計数の時間的変化を表したグラフで、滞留在庫の分析や、工程の仕掛り量のチェックなどに使われます。流動数分析は、在庫管理や進度管理に使う手法であり、工程や作業自体を無くしたり置き換えるような改善は難しいため、ECRS の原則を適用するには不向きです。

ウ 両手動作分析〇

両手動作分析とは、作業者の両手の動作を分析するものです。両手動作分析では、動作プロセスごとの左手と右手の動きを、工程図記号などを使って表していきます。

 両手動作分析では、左右のバランスを取ること、無駄な動きを排除することを狙いとしています。

 そのため、ECRS の原則を適用して、無駄な動きの排除や動作の効率化を図ることができます。

エ 連続稼働分析〇連続稼働分析とは、観測対象につきっきりで観測する方法です。そのため、詳細に作業を分析でき、問題点を細かく分析できます。観測した作業内容に対してECRS の原則を適用し改善を検討することが可能です。

ECRS の原則は、改善の原則とも呼ばれます。ECRS は、Eliminate、Combine、ReplaceまたはRearrange、Simplify の頭文字を取ったものです。Eliminate は、やめる、捨てるという意味です。Combine は、一緒にするという意味です。Replace とRearrange は、置き換える、順番を変えるということを表します。Simplify は、単純化することです。E、C、R、S の順番で改善を検討します。

生産形態 【平成20年 第11問】

 生産形態は、生産の時期、品種と生産量の多少、仕事の流し方によって分類される。生産形態の組み合わせとして、最も関連性の弱いものはどれか。

ア 受注生産-多品種少量生産-個別生産〇

イ 受注生産-多品種少量生産-ロット生産〇

ウ 見込生産-少品種多量生産-ロット生産〇

工 見込生産-多品種少量生産-連続生産×

生産形態2 【平成28年 第2問】

 生産形態に関する記述として、最も不適切なものはどれか。


ア 少品種多量生産では、加工・組立の工数を少なくする製品設計が有用である。〇
イ 少品種多量生産では、工程の自動化が容易で、品種の変化に対するフレキシビリティが高い。×
ウ 多品種少量生産では、進捗管理が難しく、生産統制を適切に行わないと納期遵守率が低下する。〇

工 多品種少量生産では、汎用設備の活用や多能工化が有用である。〇

ライン生産方式 【平成20年 第17問】

 ライン生産方式に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

ア 各工程の作業時間は、サイクルタイム以下でなければならない。〇サイクルタイムとは「生産ラインに資材を投入する時間間隔」、すなわち「通常製品が産出される時間間隔に等しい」と定義づけられています。

イ サイクルタイムはピッチタイムとも呼ばれ、品物が生産ラインから送り出されていく時間間隔を意味する。〇

ウ 生産ラインの編成効率は、(ステーション数X サイクルタイム)÷作業時間の総和で計算される。×ライン編成効率の算式は、作業時間の合計を分子として、分母にサイクルタイム×作業ステーション数となっています。

エ タクト方式は、すべての工程が同時に作業を開始し、一定時間間隔をもって、品物が一斉に次の工程に移動する方法である。〇タクト生産方式とは、ラインに投入されたすべての品物の移動と加工が同期して繰り返されるライン生産方式のことです。全ラインが完全に同期化して作業と運搬が交互に行われます。「タクト」は指揮棒を意味しています。

多品種少量生産【平成30年 第2問】

 加工方法が多様で、需要が安定していない寿命の短い製品の多品種少量生産に関する記述として、最も適切なものはどれか。

  1. 加工品の流れが一定ではないので、機能別レイアウトを導入した。〇×〇設備の「機能」を重視した機能別レイアウトが適しています。機能別レイアウトは、製品や生産計画の変更に柔軟に対応しやすいことが特長です。例えば、製品の仕様が変わっても、設備のレイアウトは変更せずに、加工経路を変えるだけで対応できます。そのため、加工品の流れが一定でないことや、需要が安定していない寿命の短い製品にも適合するレイアウトと言えます。
  2. 需要の動向にあわせて頻繁に生産計画を変更することが必要なので、MRPを導入した。〇×MRPとは、Material Requirement Planningの略で、資材所要量計画のことです。ある製品の生産に必要な資材が、いつ、どれだけ必要かを決定することであり、製品の生産計画を基に、資材の所要量と時期を計画するための仕組みです。この仕組は、1つの製品を長期間にわたり生産するケースに有効であり、本問のような需要が安定していない寿命の短い製品では、生産計画が変わりやすく資材所要量計画も煩雑になってしまうため適していません。
  3. 需要変動に対応するためには、生産量の変動で対応するより完成品在庫で対応することが効果的である。×
  4. スループットタイムを短くし、コストダウンを図るために専用ラインを導入することが効果的である。×

サイクルタイムと最小作業工程数【令和元年 第5問】

 要素作業a~gの先行関係が下図に示される製品を、単一ラインで生産する。生産計画量が380個、稼働予定時間が40時間のとき、実行可能なサイクルタイムと最小作業工程数の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

〔解答群〕

  1. サイクルタイム:6分  最小作業工程数:3〇
  2. サイクルタイム:6分  最小作業工程数:4〇×
  3. サイクルタイム:9分  最小作業工程数:2
  4. サイクルタイム:9分  最小作業工程数:3

サイクルタイム=1日の予定稼働時間(正味稼働時間)/一日の生産計画量(生産量)=2,400分(40時間×60分)/380個=6.315・・・≒6分です。また、最小工程数は以下のようになります。

最小工程数=作業時間の合計÷サイクルタイム=(4+2+3+1+3+2+2)÷6=2.83・・≒3

abeg=4+2+3+2=11
acfg=4+3+2+2=11
adfg=4+1+2+2=9
1個に最大11分必要
一個当たり稼働可能時間=(40*60)/380=2400/380=6.31..
最小作業工程数
abeg=4
acfg=4
adfg=4

ラインバランシング 【平成22年 第8問】

 サイクル時間50 において組立ラインのラインバランシングを行ったところ、ワークステーション数が5となり、次表に示される各ワークステーションの作業時間が得られた。この工程編成における編成効率の値に最も近いものを下記の解答群から選べ。

ワークステーション12345
作業時間4650474646

[解答群]

ア 0.90

イ 0.92

ウ 0.94

エ 0.96

ライン編成効率=作業時間合計/(サイクルタイム*作業ステーション数)
=(46+50+47+46+46=235)/(50*5)
=235/250
=0.94

ラインバランシング2 【平成25年 第9問】

 混合品種組立ラインの編成を検討した結果、サイクルタイムを150 秒、ステーション数を10とする案が提示された。生産される3種類の製品A、B、Cの総作業時間と1か月当たりの計画生産量は、以下の表に与えられている。この案の編成効率に最も近い値を、下記の解答群から選べ。

[解答群]

ア 0.94

イ 0.95

ウ 0.96

エ 0.97

ライン編成効率=作業時間合計/(サイクルタイム*作業ステーション数)

混合品種組立ラインの場合には、複数品種の製品があるため、ライン編成効率を求める式の分子の「作業時間の合計」を求める際には、製品1個あたりの作業時間の平均値を求める必要があります。

製品一個当たりの作業時間の平均=全製品の作業時間合計/全製品の生産量
=(作業時間A=1400*2000=2800000+作業時間B=1450*1000=1450000+作業時間C=1450*1000=1450000)/(2000+1000+1000)=作業時間合計5,700,000/4000=1425


混合品種組立ラインのライン編成効率=作製品一個当たりの業時間平均1425/(サイクルタイム150*作業ステーション数10)
=1425/1500
=0.95

プッシュ型管理とプル型管理 【平成28年 第3問】

 プッシュ型管理方式とプル型管理方式に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア プッシュ型管理方式では、顧客の注文が起点となって順番に製造指示が発生するため、余分な工程間在庫を持つ必要がない。×顧客の注文が起点となって順番に製造指示が発生するのはプル型管理方式です。プッシュ型管理方式では工程間の負荷のばらつきが生じたり、稼働率を維持するために工程間在庫を持つことがあります。

イ プッシュ型管理方式では、生産計画の変更は最終工程のみに指示すればよい。×生産計画の変更を最終工程のみに指示すればいいのはプル型管理方式の特徴です。

ウ プル型管理方式では、管理部門が生産・在庫情報を集中的に把握する必要があり、大掛かりな情報システムなどの仕掛けが必要となる。×管理部門が、生産・在庫情報を集中的に把握する必要があり、大掛かりな情報システムなどの仕掛けが必要となるのはプッシュ型管理方式です。

エ プル型管理方式では、稼働率を維持するための作りだめなどができないため、過剰在庫が発生する可能性は少ない。〇プル型管理では注文を起点としているため、原則、作りだめは行われません。したがって、過剰在庫が発生するリスクは低くなります。

SLPと分析手法

 工場の設備を実際にレイアウトする場合に用いられるSLPに関する分析として、最も不適切なものはどれか。

ア 物の流れ分析〇 どのような流れで製品を加工・移動するかを分析します。

イ 回帰分析×統計解析手法のひとつであり、需要予測に用いられるものです。

ウ アクティビティ相互関連分析〇 各アクティビティ間の近接性の重要度を分析します。

エ P-Q分析×〇どのような製品(Product)をどれだけ生産するのか(Quantity)を分析します。

SLP(Systematic Layout Planning)とは、工場の実際の設備レイアウトの設計を、システマティックに行う手法の一つです。

 SLP 1

 工場の設備を実際にレイアウトする場合、SLPという手法が用いられる。SLPの記述として、最も不適切なものはどれか。


ア SLPは、Systematic Layout Planningの略で、工場内のスペースを合理的に計画できる。〇SLPは(Systematic Layout Planning)の略です。この手法はどのような場合でも、同じ手順で工場内のスペースを合理的にレイアウトできます。

イ SLPでは、設備や機械、材料、倉庫などの構成要素のことを、アクティビティと呼ぶ。〇SLPでは、工場内の設備や機械、材料、倉庫などの構成要素のことを、アクティビティと呼びます。

ウ SLPでは、最初に物の流れ分析を行い、どのような流れで製品を加工、移動するかを分析する。×SLPで最初に行うのは、P-Q分析です。P-Q分析で、どのような製品(Product)をどれだけ生産するのか(Quantity)分析してから、流れ分析を行います。

エ SLPでは、最終的なレイアウト案を、スペース相互関連ダイアグラムをもとに作成する。〇SLPでは、最後に各アクティビティに必要な面積の情報を、アクティビティ相互関連ダイアグラムに組込み、スペース相互関係ダイアグラムを作成します。これを基に、実際のレイアウト案を幾つか作成します。

①P-Q 分析

 どのような製品(Product)をどれだけ生産するのか(Quantity)を分析します。

②物の流れ分析

 どのような流れで製品を加工・移動するかを分析します。

③アクティビティ相互関連分析

 各アクティビティ間の近接性の重要度を分析します。

④アクティビティ相互関連ダイアグラムの作成

 物の流れ分析と、アクティビティ相互関連分析の、双方の情報をもとに、最適なアクティビティの配置を検討して図を作成します。

⑤スペース相互関連ダイアグラムの作成

 各アクティビティに必要な面積の情報を、アクティビティ相互関連ダイアグラムに組込みます。

SLP2

 SLPを用いて設備レイアウトを検討する際に、実施する分析や、作成する図の記述として、最も不適切なものはどれか。


ア P-Q分析では、グラフの縦軸に生産量Qをとり、横軸に製品品種Pをとって、生産量が多いものから少ないものに、左から順番に並べる。〇P-Q分析では、グラフの縦軸に生産量Qをとり、横軸に製品品種Pをとって、生産量が多いものから少ないものに左から順番に並べます。製品と生産量を把握することで、各製品別に採用するレイアウトの種類を決定することができます。

イ アクティビティ相互関連ダイアグラムには、加工経路の情報に加え、アクティビティの配置に必要な面積の情報も含まれる。×アクティビティ相互関連ダイアグラムに含まれるのは、アクティビティ間の配置関係と、近接性の重要度を線の太さや本数で表した情報です。これに、面積の情報を含めたものは、スペース相互関連ダイアグラムになります。

ウ アクティビティ相互関連分析をすることで、アクティビティ間の近接性の重要度を一覧で確認することができる。〇アクティビティ相互関連分析では、アクティビティを全てリストアップし、各アクティビティ間の近接性の重要度をランク分けして、一覧で確認できるようします。

エ アクティビティ相互関連ダイアグラムを作成する際は、線が重ならないようにアクティビティの位置関係を検討する×〇アクティビティ相互関連ダイアグラムでは、アクティビティ間の近接性の重要度を、線の太さや線の本数で表します。この線が重なり合うと、物の動きが重なってしまうため、できるだけ線が重ならないように各アクティビティの配置を検討します。

②物の流れ分析

 加工の順番や物の流れを効率的にするために、どのような流れで製品を加工、移動するかを分析します。物の流れ分析では、工程分析やフロムツーチャート(From to Chart)などの分析手法を用います。

③アクティビティ相互関連分析

 アクティビティ間の関連性を分析し、各アクティビティをどれぐらい近づけるかを検討します。アクティビティを全てリストアップし、各アクティビティ間の近接性の重要度を(A:絶対重要 / B:重要 / C:普通 / D:低 などに)ランク分けして、一覧で確認できるようします。

④アクティビティ相互関連ダイアグラム

 物の流れ分析における最適な加工経路の情報と、アクティビティ相互関連分析における近接性の重要度の、2つの情報を基に各アクティビティの最適な配置を検討します。

 アクティビティ相互関連ダイアグラムでは、アクティビティ間の近接性の重要度を、線の太さや線の本数で表しますが、この線の重なりは、物の動きが重なることを意味します。このため、アクティビティの配置は、近接性の重要度に配慮しつつ、できるだけ線が重ならないように検討します。

⑤スペース相互関連ダイアグラム

 アクティビティ相互関連ダイアグラムに、各アクティビティに必要な面積の情報を組み込みます。これを基に工場のレイアウト案を複数作成し、最終的に1つのレイアウトを決定します。

VE 2

 VEの「機能」に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア 使用機能とは、製品の本来の価値を果たす機能のことである。〇機能は、製品が果たす働きのことで、使用機能と、貴重機能の2つに分けることができます。このうち使用機能とは、製品の本来の価値を果たす機能のことです。

イ 携帯電話のカラ―バリエーションは、二次機能に該当する。×色や形などの、顧客の欲求を喚起するための機能は、貴重機能となります。二次機能とは、基本機能を果たすために二次的に付加される機能のことです。携帯電話であれば、紛失防止用のストラップの穴などが該当します。

ウ 使用機能はさらに、基本機能・二次機能・貴重機能に分けることができる。×使用機能は、製品の本来の価値を果たす機能のことで、基本機能と二次機能に分けられます。貴重機能は、顧客の欲求を喚起するためのもので、なくても製品本来の価値は果たします。このため、貴重機能は使用機能の中には含まれません。

エ 携帯電話の基本機能を上げるために、新製品は従来品より軽くした。×基本機能は、これを取り除くと製品の存在意義が無くなるような基本的な機能の事です。携帯電話であれば、文字や数値を入力する、文字や数値を表示する、音声を入力する、音声を出力する、電力を蓄える、電流を流す、などになります。軽量になることは携帯する上では便利になりますが、電話の基本機能ではなく補助的な機能である二次機能を上げることになります。

工場計画と工場レイアウト 【平成21年 第7問】

 工場計画に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

ア 海外立地を検討する際の要因には、国内立地検討要因のほか、カントリーリスクなど、海外立地特有の要因が存在する。〇海外立地の検討にはカントリーリスクの評価が不可欠になってきます。たとえば、隣国との紛争や内紛などが日常化している国への工場建設はリスクが高いため、十分な調査が必要になります。治安が良い国であっても、ストライキが頻発して満足な生産活動ができないなどのトラブルも起こりえます。進出先の選定には、その国の政治・経済・社会など多角的な視点で調査をすることが不可欠です。

イ 工場計画では、サプライチェーンマネジメントが優位性を発揮するための方策を考慮する必要がある。〇既存の工場から離れた地域に新工場の建設を計画する際に、資材や部品の調達ルートは確立できるか、製品を販売ルートにスムーズに供給できるかの両面から検討するのは当然のことです。このようにサプライチェーンマネジメントが優位性を発揮するための方策を考慮することは重要な活動です。

ウ 工場計画は、敷地選定、建屋の設計、職場の設計、設備の設計、治工具の設計などが相互に関連して進められる。×〇SLPでは、生産における物の流れやアクティビティの相互関連性を考慮して、必要スペースや利用可能スペースを踏まえた上で、工場面積やレイアウトを導き出します。

エ 工場レイアウト設計におけるレイアウトのタイプは、製品の種類により、製品別、グループ別、工程別の3 つに分類される。〇×工場レイアウトの基本的な分類は、固定式レイアウト、製品別レイアウト、グループ別レイアウト、機能別(工程別)レイアウトに分けられます。このレイアウトの決定をシステマティックに行う手法がSLPになります。SLPの最初の手順としてP-Q分析があります。P-Q分析とは、どのような製品をどれだけ生産するのかを分析し、レイアウトの分類を決定することです。製品の種類だけでレイアウトを分類するという内容になっていますが、P-Q分析では製品の種類の他に、生産量も把握し判断します。

生産形態とレイアウト 【平成24年 第9問】

 生産される製品の種類と量により、基本的なレイアウトのタイプは、一般に、製品固定型、製品別、グループ別、工程別の4つに分類される。レイアウトのタイプと生産される製品の種類・量との組み合わせにおいて、最も関連性の強いものはどれか。

ア 製品固定型レイアウト-多品種少量生産×製品固定型レイアウトは、重量物などの製品を個別生産する場合に向いているレイアウトです。つまり、少品種少量生産に向いているレイアウト

イ 製品別レイアウト-少品種多量生産〇製品別レイアウトは、少品種多量生産に向いているレイアウトでした。よって、選択肢イは適切

ウ グループ別レイアウト-少品種少量生産×グループ別レイアウトは、中品種中量生産に向いているレイアウトでした。

エ 工程別レイアウト-中品種中量生産×工程別レイアウトは、多品種少量生産に向いているレイアウトでした。

製品別レイアウトは、製品の加工の流れを重視したレイアウトです。製品別レイアウトでは、製品の加工の順番に沿って直線的に設備を配置します。そのため、少ない品種の製品を大量に生産する、少品種多量生産に向いているレイアウトです。

 工程別レイアウトは、機能別レイアウトとも呼ばれ、機能が似ている設備をまとめて配置するレイアウトです。加工経路は、製品によって異なる形になります。工程別レイアウトは、製品ごとに専用のラインを設けなくても良いため、多品種少量生産に向いているレイアウトです。

 グループ別レイアウトは、製品別レイアウトと工程別レイアウトの中間に位置付けられるようなレイアウトです。グループ別レイアウトでは、類似した製品をグループ化して、そのグループごとに、共通のラインで生産するようにするレイアウトです。グループ別レイアウトは、多種少量生産に、量産効果を与えるためのレイアウトであり、中品種中量生産に向いています。

フロムツウチャート【令和元年 第3問】

 ある工場でA~Eの5台の機械間における運搬回数を分析した結果、次のフロムツウチャートが得られた。この表から読み取れる内容に関する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

〔解答群〕

  1. 機械Aから他の全ての機械に品物が移動している。×E
  2. 逆流が一カ所発生している。×2
  3. 他の機械からの機械Bへの運搬回数は12である。〇×12+27
  4. 最も運搬頻度が高いのは機械A・D間である。×EB〇AD25,DA11=36,BE4,EB27=31

SLP【平成25年 第3問】

 X社は、A、B、C の3種類の製品を、切断、穴あけ、プレス、旋盤、検査の5つの職場で加工している。工場レイアウトの検討を行うために、1日当たりの移動回数および移動距離を評価尺度として以下の条件①、②に基づいて分析を行った。

この分析・評価に関する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

【条 件】

① 製品A、B、C の加工順序と1日当たりの生産ロット数は、表1に与えられている。職場間の移動は、生産ロット単位で行われている。

② 各職場間の移動距離は、製品によらず表2に与えられている。

〔解答群〕

ア 職場間の移動回数が0となる職場同士の組は、3個ある。〇

切断穴あけプレス旋盤検査
切断B8C7A6
穴あけC7B8
プレスA6C7
旋盤A6B8
検査


イ 職場間の移動回数が最も多いのは、旋盤と検査の間である。

ウ 職場間の移動距離の合計値が最も大きいのは、切断と穴あけの間である。

エ 製品ごとの移動距離の合計値が最も大きいのは、製品Aである。

製品設計 【平成20年 第14問】

 製品設計に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

ア 機能設計は、期待する製品の性能を発揮するのに必要な機能とそれらの関連を求め、各機能を実現させる構造を求める活動である。〇「機能設計」とは、期待する性能を発揮するのに必要な機能と構造を決定する活動です。

イ コンカレントエンジニアリングは、製品設計と製造、販売などの統合化、同時進行化を行うための方法である。〇「コンカレントエンジニアリング」とは、設計・生産などの製品開発作業を、同時並行的に行う方法です。広義の「コンカレントエンジニアリング」は、これに加えて製品の販売、サポートなどに関わる部門も参加して、製品ライフサイクル全般について同時並行的に決定を行っていきます。

ウ 生産設計は、製品設計で指定した製品品質、生産量、納期を考慮した工程表や工程図を作成し、作業方法および生産設備を選定する活動である。×「生産設計」とは、製品の生産のしやすさ、製品を組み立てる際の作業のしやすさ、すなわち組立容易性を考慮した設計を行う活動です。ちなみに選択肢ウの内容は「工程設計」に関する内容です。

エ 製品設計は、期待する製品の性能を発揮させるために、構成部品の機能・形状とそれらの関連を決める活動である。〇「製品設計」とは、期待する性能を発揮させるために、構成部品の機能や形状と、それらの関連を求める活動です。

製品設計2 【平成29年 第3問】

製品開発・製品設計に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

  1. 下流工程での問題を可能な限り上流で防止し、短い設計納期を実現するために、バリューエンジニアリングを取り入れることが有効である。〇×バリューエンジニアリングとは、製品やサービスの「価値」を、それが果たすべき「機能」とそのためにかける「コスト」との関係で把握し、システム化された手順によって「価値」の向上を図る手法と定義されます。直接、短い設計納期の実現と関係するものではありません。フロントローディングとは、問題解決のタイミングを前半に出すことによって、全体の開発期間を短縮させることです。選択肢のとおり、上流で下流において生じえる問題の防止を行い、短い設計納期を実現しようというものです。
  2. 試作品製作は製品開発プロセスの中でも重要な位置を占めており、試作時の製作方法や加工条件から、量産時の工程編成における重要な情報を得ることが可能である。〇試作品製作により、製品量産時に生じる問題や課題を量産前に実際に把握することができるため、試作品製作は、製品開発プロセスの中でも重要な位置を占めています。
  3. 新製品の設計段階でデザインレビューを採用する際には、設計構造の矛盾や誤りを排除することに重点がおかれるため、設計の熟練者がレビューアとなることが有効である。〇デザインレビューとは「設計の適切な段階において、設計の公式な文書に基づいて審査を計画し、実施すること。各々のデザインレビューに参加するメンバーは、審査される設計段階に関係するすべての部門の代表者だけでなく、必要に応じて、他の部門の専門家を含めること。これらの審査の記録は維持すること」と定義されています。製品開発において、設計構造の矛盾や誤りを排除するためには、設計の熟練者がレビューアとなることが有効です。
  4. モジュール設計の考え方を取り入れると、生産工程の合理化・簡素化が期待できるが、設計に問題が発生した場合にその影響が大きいというデメリットもある。×〇ジュール設計とはモジュールという機能ごとに、設計等を行うもので、生産工程の合理化、簡素化が期待できます。しかし、モジュールの1つの設計に問題があった場合、その影響が全体に及ぶリスクがあります。

VE 【平成22年 第5問】

 VE の「機能」に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

ア 基本機能は、必須機能と貴重機能に分類される。×

「必要機能」と「不必要機能」という分類もあります。

 これは製品やサービスの使用者が必要とする機能を「必要機能」、使用者が必要としない機能を「不必要機能」といいます。

「必須機能(必要機能)」は使用者にとっての必要性から機能を分類するものであり、その対となる機能は「不必要機能」となります。

イ 使用機能は、基本機能と二次機能に分類される。〇

ウ 製品の形や色彩などのデザイン的特徴に関わる機能を、貴重機能という。〇

エ 製品やサービスの使用目的に関わる機能を、使用機能という。〇

 VE2 【平成28年 第4問】

 VEにおける製品の機能に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

ア 貴重機能は製品の使用目的にかかわる機能である。×

イ 製品の機能は基本機能と二次機能に分類され、二次機能は基本機能を補助する。〇

ウ 必要機能はその製品の基本機能になる場合が多いが、貴重機能が基本機能になる場合もある。〇装飾品のように、貴重機能が基本機能となる場合もあります。

エ 不必要機能は製品の二次機能に発生する場合が多い。〇

ブレーンストーミング 【平成23年 第5問】

 VE などにおいて、アイデアを発想する手法の1つとして用いられるブレーン・ストーミングの4つのルールに関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア 制約条件に合致したアイデアを考える。×

イ できるだけ時間をかけてアイデアを考える。×

ウ できるだけ質の高いアイデアを考える。×

エ 人が出したアイデアをもとに、発展したアイデアを考える。〇

生産計画

 生産計画に関する記述として、最も適切なものはどれか。


ア 生産計画の役割として、納期や生産量の保証、製品品質の保証、設備稼働率の維持などがある。〇×製品品質の保証は含まれません。

イ 負荷計画では、生産能力と手持ち材料を比較し、過不足がある場合に調整を図る。〇×負荷計画(工数計画)において生産能力と比較し調整するのは、生産に必要な工数です。手持ち材料ではありません。

ウ 生産計画を業務で分類すると、手順計画、工程設計、負荷計画、日程計画に分類できる。×手順計画を別名で工程設計と呼びます。このため、業務の分類は手順計画(工程設計)、負荷計画、日程計画の3種類となります。

エ 手順計画では、設計情報を基に、加工手順、使用設備、標準作業時間などを検討する。〇×〇手順計画では、設計情報を基に、加工手順、使用設備、標準作業時間などを検討し、製品の効率的な生産方法を決定します

PERT1

 来月から開始するプロジェクトのスケジューリングをPERTで行ったところ、次のようになった。丸は、各作業の開始と終了を示すノードで、矢印を各作業にかかる日数とした場合、最も適切な記述はどれか。

ア ノード7の最早着手日は、16日である。×26日

イ クリティカルパスは、作業B→F→G→Jの経路である。×ADH

ウ ノード6の最遅着手日は、20日である。〇×23日

エ ノード3の最早着手日は4日、最遅着手日6日である。×〇

 

ジョンソン法

 工程1(穴あけ)、工程2(塗装)の2つが連結された生産ラインで、4種類の製品A, B, C, Dを生産している。工程は、必ず1→2の順番で行われ、各工程は一度に一つの製品しか処理できないものとする。製品の生産順序を最適化して、全ての製品の作業を最短で終了させる場合、何時間になるか。最も適切なものを選べ。

ア 50

イ 32

ウ 28〇

エ 37

1=B3+D8+A10+C4=2528
2= +B7+D6 +A5+C2=

トヨタ生産方式

 トヨタ生産方式に関する記述として、最も不適切なものはどれか。


ア かんばんの枚数及びそこに指示される量は、生産量と同時に工程間の仕掛品の数も指示することになる。〇その枚数とそこに指示される量の総和は、ライン上の生産量と仕掛品の量を意味します。

イ かんばんは、作業の指示をする生産指示かんばんと、運搬を表す運搬かんばんの2種類がある。〇×運搬を表す「引取りかんばん」

ウ プルシステムを導入して、効率的な生産を行うためには、最終組み立てラインの生産量の平準化が重要となる。〇

エ JITは、必要なものを、必要な時に、必要な数だけ生産する方式で、これを実現するため、後工程引取り方式を採用している。〇



Share Button